大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 23日

体感

 21日土曜日は朝から耐震改修工事の打合せでお客様宅へ。色々なお話をしながらお客様の考えている事を聞くことが出来た。「あんまりいいお客じゃなくてごめんなさいね」と何度も奥様が話されていたのだが、お客様が考えていることにどれだけプロとして内容・費用を詰めて、場合によってはもっと先を見据えて肉付け出来るかが我々工務店の価値と考えるので、ぜんぜん気にならない。ただやたら費用をかけることが良いわけではない。細かく算出してわかり易くまとめたつもりである。あとは、お客様自身がどこまで行なうかを検討していただくことになる。
 その後昨年リフォームを行なったお客様宅へ伺う。いくつかの補修点があるので確認する。お庭もきれいになっていて落ち着いた雰囲気を感じた。長くアメリカに住まわれていた人だが、こっちの家も快適になって良かったととても喜んでいられた。また廊下のフローリングを張り替えたいという要望があった。打合せ当初、こっちも直したほうが良いのではと提案していたが、そのままで良いとなっていた。無垢材にと比べると、合板のフローリングの貧弱さが余計に気になるよう。
 その後10日ぶりに会長のお見舞いに向かう。元気そうにしていた。大輔を抱かせると増えた体重を実感して喜んでいた。せっかくなので色々な薬を試しながら治療をしているよう。年末に向けてまた忙しくなるのだろうから、今月はゆっくりと休んでもらうつもり。色々な人から言われた事をとりあえず伝えておく。
 その後残工事を行なうため、妻の実家の埼玉へ。私が指摘した部分は終わっている様子。ただ、外壁の件がやっと昨日解決したので、その方針で後日補修に入ることを義父へ伝える。最新の青木工務店の家にその晩泊まる事が出来た。神奈川よりも2度ほど気温が低いが、快適。まだ塗料の匂いが残るが、以前の家のようなかび臭い感じは無い。妻も空気が済んでいる気がすると話していた。義父が来るお客様から「いい家になったね」と言われている事を教えてくれた。これからもっと寒くなるので、その効果を年明けに実感できると思う。

# by yamato-aoki | 2006-10-23 15:58 | Comments(0)
2006年 10月 20日

白髪

 今日は午後から外構工事の挨拶回りでお客様と鳶さんといっしょに御近所を廻る。暖かい日差しで気持ちよい。外の工事なのでブロックの加工などの際に粉塵が舞う恐れもあるため、特に奥様にはお断りをしつつ、お願いする。極力迷惑を掛けないように注意するが、養生の程度や工事車両の駐車など全く迷惑を掛けないということも現実不可能。申し訳ございません。
 その後鳶さんと一緒に藤沢の遊行寺に向かう。池に橋をかけるということで御挨拶と現場調査。由緒正しい大きなお寺なので、有名な所。予算もあるので、米ヒバでの作成を提案する。外なので普通のホゾ加工では直ぐに腐ってしまうので、金物や通しホゾなどで水切れの良いつくりも気にしないといけない。
 夕方から夜にかけては防音工事の設計調査の立会い。5室あるのでかなりのボリュームとなる。やっぱり心配なのは工事中のこと。ストレスが出来るだけないように方法を考える必要がある。担当に金子をあてたので、ベテランらしい提案があるはず。
 8時過ぎに美容院へ行き散髪。母の髪の毛を遺伝しているので固めでくせがあり、白髪が多い。だんだん気になってきた。そのうち真っ白になってしまうと思うと、恐ろしい。

# by yamato-aoki | 2006-10-20 22:13 | Comments(0)
2006年 10月 19日

古民家改修中間報告

 今朝は早起きをして津久井の古民家改修現場へ。会長と若い石上とコラボで現場を見ることになっていたが、会長の体調不良で私が代わりに定期現場チェックに向かう。とはいえ、ベテラン大工の森棟梁から定期的に電話があり、様子はわかっていたので、それ以外の細かい部分について方針を固める打合せとなった。
 基本的に構造材や造作材は地松(内地松)を使用しているのだが、以前の工事で大引きなどがほとんどシロアリの被害にあっており、そこから上部の構造材や造作材に被害が広がっているようだった。f0070542_1653526.jpg
今回の工事では特に被害があった浴室には豪州サイプレスの土台を差し替え、束類も厚い鉄筋入りの特製コンクリート平板を重ねてヒノキの束を立て、土と縁を切っているので、大きく改善されているはず。
 外壁には過ぎの厚板を大和張りに張っている。立張りのほうが水切れが良く木の持ちが良い。時間がたって外壁の色が落ち着いたらぐっと雰囲気が良くなるだろう。
f0070542_16524446.jpg


# by yamato-aoki | 2006-10-19 16:53 | Comments(0)
2006年 10月 19日

実物を見て

 昨日は東京でのお打合せの後、川崎の現場へ向かう。昨年からのお打合せでいよいよ完成が近い。打合せ内容どおりに実際が出来上がってくる様子はお客様と同じで私も嬉しい。もっと改良されている部分もあるのはその後のお打合せの結果なのだろう。
 家にいると落ち着くような雰囲気。おのずとそんな感じがした。普段の生活の場所なのだから、緊張からは開放されたい。キズなどいくつかチェック事項があったので現場担当に伝える。お引渡しにはすっかりきれいになっていることだろう。完成が楽しみ。f0070542_16423685.jpg
 夕方は父の友人からの御紹介のお客様宅へ初めて御挨拶に向かう。こちらの息子さんは私の小・中学校の先輩にあたるそう。古い建物で、数度の増改築を重ねてきたとのこと。そしてやはりもともと手掛けていた大工さんが仕事を辞められているようだった。引き継いでしっかりとメンテナンスを行なっていきたい。

# by yamato-aoki | 2006-10-19 16:43 | Comments(0)
2006年 10月 17日

健康診断

 今日は健康診断のため社員・大工一同参加する。年に一回だが、自分の体の状態を見直す普段あまり無い機会なのでおのおのがその感想を皆に話していた。電話番なので私と妻は他のものが帰ってきた後に検査場所に移動した。
 普段は一時間足らずで帰ってこれるのだが、今日の予定参加者が多かったらしく、大変混雑していた。受付も時間がかかり各測定場所も込んでいて、結局かなりの時間がかかってしまう。身長・体重は去年並み(ということはもっと痩せなければならない)、疲れやすく、気持ちにムラがあるのは関係ないか。健康のありがたみは病気になってからでなければ気付かない。私は今まで大病を患ったり入院をしたことが無いので実は自分の体に無頓着だったりする。今年は是非スポーツの秋と行きたい所だ。

# by yamato-aoki | 2006-10-17 20:53 | Comments(1)
2006年 10月 17日

いじめ問題

 報道ステーションの冒頭でのニュースで驚いた。文部科学省のレポートによる小・中学校生の自殺者がここ十年間で110人から150人/年いることと、その原因が「いじめ」であるとするものがたった一人しかいないこと。これだけいじめが問題となっているのにそれは無いだろう。レポートを作成した人もおかしいとは思わなかったのか。
 福岡の中学生自殺とその後の学校などの対応の様子がドキュメントで報道されていた。学校の規模がどのぐらいかはわからないが、校長が全て把握することは困難といえる。ましてや数年で転勤になるのだから、学校の環境整備など間に合わないと思う。実情を知るのはやはり現場担当とも言える担任にほかならない。仕事の責務と保身。比重がおかしい。
 これは課題だなとつくづく感じた。現場の状況を知る為でもある現場作業日報、そして相談しやすい環境づくり、問題は対策が早いほど被害が少ない。現場監督や打合せ担当が実際にお客様にお話していることや現場で見聞きしたことに問題はないか。会社は社員にある程度下駄を預けなければ当然にまわらない。当然その力量を認め、若いものには期待を込めて現場へ送り出す。
 自殺した子は家では明るく優しかったという。現場の教師の力量が疑われるのなら、親が子どもをもっともっとしっかりと見つめてあげなければならないのに、当の子どもは親を心配させたくないからか明るく振舞っていたのかと思うと本当に切ない。以前教師のOBの方が言っていた「最近教師が職業のようになってきた」という言葉が思い出された。

# by yamato-aoki | 2006-10-17 08:41 | Comments(0)
2006年 10月 16日

頭の中が

 今日は天気の良い日であったが、ほとんど外出せずに見積もり作業のほか事務作業を行なう。久しぶりにじっくりと会社にいることが出来たので、気になっていた部分を中心に進めるが、やっぱり電話が多くてはかどらなかった。
 常に平行していくつもの事をこなしていると、次々に頭の中が切り替わってしまう。話を聞いている相手もわかり辛いかもしれないと思いつつ、止まらない。妻にも話をしていながら、頭では次の事を考え始めて口から発する内容がくっついてしまう。なにをやっているのやら。後にまわすと万が一忘れてしまうと思い、出来るだけ早く処理できるものは処理してしまうように心がけている。
 スケジュールを見ると、もう10月もあまり無い。本当に一日一日が大切だ。そして一年が過ぎるのが早い。

# by yamato-aoki | 2006-10-16 19:26 | Comments(0)
2006年 10月 16日

精米

 日曜日は打合せがあり、出勤。湿度が低く、晴れた空が気持ちよい。こんな日は多くの人が外で過ごしたくなるのだろう。大和の道は渋滞。裏道を駆使してお客様宅へ向かう。
 沿道に厚木基地がある。9.11から厳戒態勢が続いていたが、近頃は市民開放ということで月に数日は一般市民も入れ、中のお店で買い物ができるようになった。しかし路上駐車がひどくなり、近隣からの反対で開放日の頻度がまた少なくなったとのこと。今日みたいに晴れた日には家族でのんびりと基地内散策なんてよかったのだが、今日は入れない。
 打合せはお父様の体調が芳しくなく、御家族と現地にて内容を一通り確認するにとどまった。まだ既存の建物があるので想像しにくいだろうが、かなりのボリューム感がある建物となることは間違いない。立地条件からも車で走っていても目立ちそうだ。
 帰りに玄米を精米する為にコイン精米所に行く。やっぱり新米の精米したてはおいしい。健康ブーム、こだわりブームで我々一般の人もよく利用するようになったからなのか、コイン精米所はよく見かけるようになった。もっとこだわると精米の仕方なんて話になるのだろう。お客様には農家の方も多くいらっしゃるのでその辺りの話は良くうかがう機会が多い。お茶に出てくるお茶受けのお菓子や漬物などは本当においしい。以前頂いた自家製の醤油はキッコーマンのそれとは全く違う。余分に出さないように大事に家で使わせてもらっている。
 私にとってはやっぱり食欲の秋になるのだろうか。明日は健康診断なのでセーブしないと。

# by yamato-aoki | 2006-10-16 08:39 | Comments(0)
2006年 10月 14日

お祝い

 朝から夜の打合せと明日の打合せの準備で忙しい。10時過ぎには防音工事のお客様宅へ顔を出した後、プレカットの打合せのために富士へ。連絡が遅れていた物件他合計3件をまとめて打合せを行う。いつも同じ担当で青木工務店の内容を良く理解されているので話が早い。決定事項、保留事項を書きとめて持ち帰る。
 行く途中に妻と大輔を御殿場の下ろしていたので、帰りにひろって大和へ戻る。夕方は富士ヒノキの藤田さんとマルダイの佐野部長が来社され、大輔のお祝いを頂いた。本当に多くの方からお祝いを頂いてありがとうございます。息子は幸せ者です。

# by yamato-aoki | 2006-10-14 18:38 | Comments(0)
2006年 10月 13日

いい材料なのに

 今日は定例の会議の後、クロスの不具合で日本の代理店が来社。現段階での経過報告を受けることになった。結果としては変わらず、ドイツからの返答を待っている状態とのこと。そしてこの不具合が製品自体の変更によるものなのか、ロットによる今回限りのものなのかも解らないまま。いずれにしても製品管理の体制と品質基準に今回の不具合事象に関わることがどのように規定されているのかされていないのかをはっきりとすることと、日本での製品の荷受の体制について今一度見直しを要求する。せっかく良い材料なのに残念。代替になるような製品も無い。
 その後所用で横浜へ行く。目的地周辺は何故か沿道に警察官がならび、物々しい雰囲気。立っている警官に話を聞くと、北朝鮮の今回の行動で抗議運動の列が来るということ。右翼の歌も流れ始め、異様な状況に非日常的な感覚を覚える。
 夕方は防音工事の調査の立会いでお客様宅へ。お宅はきれいに片付いていていた。現場担当の金子に顔つなぎ。工事は来年になるのでまだ時間はあるが、来年早々は本当に忙しくなりそうだ。
 台風はうまくそれてくれそうで一安心。適当に晴れて、適当に雨が降ってくれることが一番。来週も秋晴れが続きそうで、工事も順調に進んでくれることだろう。

# by yamato-aoki | 2006-10-13 20:06 | Comments(0)