大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 15日

模型

 昨年建てた自社の建売の残りがやっと売れた。厚木基地の脇に持て余していた土地に建てたものだ。もともとは廃材の木材を処分する大型の焼却炉を置いていたのと、以前子会社で土木の会社を持っていたときの資材置場として利用していた土地で、子会社を廃止にしたことと法律改正で合法的な焼却炉ではなくなったことにより土地の利用がなくなったのだ。
 建物の内容といったら、建てたから言うわけでもないが、かなりお得なものといえる。構造や断熱気密といったスペックはなんら遜色が無いものだ。もちろん、住宅保証機構の保険も入っている。会長の案で会長が中心に行なっていたのだが、ようやく決着がつく。
 週明けの決済に向けて、急遽書類関係の準備で午前中は大慌てで駆けずり回った。見つからなかった書類もようやく見つかり、安堵の息をつく。法務局へ行き、明日のお引き渡しのための登記関係の書類を取りに行く。いつもは妻に行ってもらうのだが、病気の為自分で行く。大和の法務局はレイアウトが変わっていた。ちなみに登記簿謄本や印鑑証明の紙も変わっていた。紙が変わった事を知らなかったので間違っていないか聞いてしまった。新しい紙はA4サイズとなり、ファイリングしやすくなったといえる。
 その後打合せで設計の石井さんの事務所へうかがう。総予算とも関係するので設計の意図や仕様を慎重に伺い、メモを取る。職方との打合せにと、大型サイズの模型を貸していただいた。それを持ち帰り、担当の山田、森大工たちと話をする。早く実際に立ち上がったところを見て見たい。

# by yamato-aoki | 2006-12-15 22:21 | Comments(0)
2006年 12月 14日

来年のカレンダー

 もう、笑うしかないといった状況。なりふり構わず。本当にやることいっぱい。こなすより増える一方。時間で稼ぐしかない。大輔のカゼが妻にもうつってしまったようで、お昼前に妻を医者に連れて行く。帰り道に食べるものを買い出して、気にしながらも仕事へ戻る。実家のお母さんが急遽駆けつけてくれることになった。本当に助かる。
 見積もり、工事と各業者と打合せ連絡が続く。そして再び夜になり電話が減って集中できる時間帯となった。今週、来週と完工、御契約と続いていく。私は病気になんてなっていられない。遅れていた来年のカレンダーが今日やっと届いた。来週からカレンダーの配布にお客様宅へ訪問することになる。今年はちょっと奮発していつもよりも高級タイプとなった。サイズもいつもより少し大きい。お客様宅に行くと、電話の前に青木工務店の名刺が貼ってある事をよく目にする。カレンダーにもしっかりと電話番号とHPアドレスを入れて何時でも見てもらえるようにした。社長の交代で変わったこと、みんなに気付いてもらえるかな。

# by yamato-aoki | 2006-12-14 20:07 | Comments(0)
2006年 12月 13日

生類哀れみの令

 広島のドッグパークの閉園で、ワンちゃんたちは本当にかわいそう。何処だったか忘れてしまったが、カモシカの動物園も閉館になって引き取り先が無いカモシカは処分されてしまうと聞いた。
 テーマパークはリピーターがいなければ成り立たないのだろう。機械などは壊したりすることにさほど心が痛まないが、生身の動物はちょっと抵抗がありますね。全国各地で色々な動物系テーマパークがあるが、経営が厳しい所ばかりなのだろう。それならいっそ全ての動物を集めてメガサイズ動物園を作ったら、、、無理でしょうね。
 観光ガイドの片隅に乗っている単種類の動物系テーマパークで私にとって印象深いのが「熊牧場」と「鮭水族館」。熊牧場は色々な所にあるのだが、私が言った所は確か山形県だったと思う。これが意外にはまって餌を何度も買ってばらまいた。餌でけんかが始まったりと獰猛な熊の様子も見れ、赤ちゃん熊と触れ合ったりとたっぷりと時間を費やした。月の輪熊はあまり大きくないと思っていたが、ものすごい大きな月の輪熊もいて恐怖を覚えた。
 鮭水族館は展示物や説明文にばっちりとはまって、海に行ったタイプと淡水で過ごしたタイプ、海から早めに帰ってきたタイプ(強制的に)と研究している人と話をしてその内容を聞いた。同じ魚でも顔つきが全然違うことがとても興味深かった。
 幼い頃から動物図鑑が大好きで、いろいろな動物に興味があった。人間の勝手で連れてこられて、処分されてしまうのだから、動物たちもたまらないだろう。経営はもっと緻密に、入念に、これ以上の犠牲を出さないようにして欲しいものだ。

# by yamato-aoki | 2006-12-13 20:50 | Comments(0)
2006年 12月 12日

お掃除ロボット

 朝目覚めると晴れ間が見える。天気はよくなったのかしら。と思っている間に見る見るうちに雲が広がっていった。気温も上がらず。寒い。
 今朝は予定していた加治屋さんと手摺やら作り物の打合せ。この方は職人らしいとても熱っこい方で大好き。やっぱり職人は粘着質でなければと思う。内容は多岐に渡ったのだが、予想通り時間をかなり費やした。まもなくお昼になる。
 午後はお見積もり中の設計事務所の方とお打合せで目黒へ。電車での移動を選択。移動中は読みたかった本を読みながら充実してすごす。電車の中は以外に集中できるのだ。駅に着くとすっかり雨脚が速くなり、珍しくタクシーを使う。打合せは実になるものとなり、他の話にも展開する。
 近頃気になること。お掃除機能がついた電化製品。流行のエアコンから始まり、トイレの便座、トイレの便器、洗濯機、レンジフードなどラインナップが急に増えてきている。当然単価も上がり、付加機能製品は割引も渋い。ひどいものになると、そのものの基本性能が劣るものもある。それと、メンテナンスを自分で行なわないことで機械そのものの原理や仕組みがよりブラックボックス化され、素人は触らないでというようになってしまう。そして、機械物なので寿命も短くなるのだろう。結局「高くて値引かない」「素人取り扱い不可」「壊れやすい」「買い替え」という連鎖で喜びそうな所はどこか。メーカーですね。やっぱり出来るだけ単純な単機能商品が良いのではと思います。おっと、そういえば愛車の「プリウス」も自分でメンテナンスが出来ない車だった。

# by yamato-aoki | 2006-12-12 20:18 | Comments(0)
2006年 12月 11日

ロケット

 年内通常業務も残す所あと14日。23日の祝日もあり、28日の仕事納めは大掃除となるので本当に少ない。社員全員、無駄にしないように効率よく動いて欲しい。私自身は今週は見積もり業務の為、基本的には社内に缶詰となる。移動時間が無いということほど効率がよいものはない。打合せ、連絡、調べ物、入力と進める。
 お昼に妻から大輔の病状を聞く。結局カゼのようである。誰からうつされたのか、、、、私だ。昨日に比べて大分良さそうだが、早く良くなって元気に遊んでいる姿が見たい。
 今日の新聞に今週土曜日に種子島から打ち上げ予定のロケットの記事があった。今お打合せをしているお客様が、このプロジェクトに参加している。国家プロジェクトに参加するということは本当にすごいことだ。思わずその記事に見入ってしまう。予定通り打ち上げが行なわれ、打ち上げ成功となったら日曜日の午後にこちらに戻って打合せとなる。
 今回打ち上げる衛星「きく8号」は衛星アンテナで、大きさは世界最大規模となる。目的は地上通信網が途絶えた災害時での通信確保、携帯電話の衛星通信に変わる基礎技術の開発だそうだ。大きさが大きいので当然重さも最大。打ち上げロケット「H2Aロケット」も大型補助ロケット4本を付けた最大推力タイプで初打ち上げとなる。是非成功させて頂きたいと思います。

# by yamato-aoki | 2006-12-11 18:03 | Comments(0)
2006年 12月 11日

名古屋は晴れ

 昨日の日曜日は名古屋にて友人ノボルの結婚式に出席。大学時代の同級生私を含めて6人集まり、同窓会の雰囲気で談話。卒業して10年、半分は結婚して子供もいるが、もう半分は独身生活を楽しんでいる様子。
 花嫁になる奥さんとはこの日初めてお会いしたのだが、背が高くて顔の小さいとてもスタイルの良い人であった。ウェディングドレス姿は人形のようにすらっとして綺麗であった。東京から名古屋に転勤になって、うまくやっていたのだなと想像する。一部上場企業の出世の要件は、一つに国家資格の取得もあるようだ。ノボルは建築一級施工管理技師、一級建築士と二つしっかりと取得済み。勤め先の名古屋支店長も幹部候補の太鼓判を押しているようで何とも順風満帆な未来といえる。友達とも、するするっと世渡り上手だなと話をしていた。二人の幸せを願わずにいられない。
 家に戻ると、大輔がぐったりとしている様子。今日は特に調子が悪いようだ。心配なので直ぐに抱きかかえて声を掛ける。目にもあまり力が無い。しゃべることが出来ないので不憫でしょうがない。明日また病院に連れて行くことになった。

# by yamato-aoki | 2006-12-11 08:58 | Comments(0)
2006年 12月 09日

来週はじめ、大工は休みとなります

 天気予報通り、今日は雨。予定していたいくつかの工事も雨で中止。年末の実働日数が減ってしまう。もったいない。
 来週の11日、12日は青木工務店の大工棟梁会「ジョイントクラブ」の忘年会旅行で大工は全員仕事は休み。本来10日日曜と11日にかけての予定であったが、宿の手当てが出来なかったようだ。13日からまた雨模様で一体どうしたことなのか。大工たちには申し訳ないが、11,12が雨降りなら良かったのに。
 とはいえ、全員ほとんど仲が良いのがうちの大工のよいところ。より親睦を深める意味でも気持ちよく見送ってあげたい。そして、旅行先であまり迷惑を掛けないように・・・。
 社内はその分段取りを進めてばっちりと工事がはかどるように準備をしておく。世間ではノロウイルスが大分流行っているようで、職方も何人かダウンしている。食事前にはうがいと手洗いがいいようだ。私も気をつけよう。

# by yamato-aoki | 2006-12-09 17:14 | Comments(0)
2006年 12月 08日

おしゃべり

 夜になり、電話が減ったのでやっと落ち着いて仕事が出来る。今日は一日中電話と来客と対応の一日となった。本当に一日が短い。充実している証拠であるのだが。
 午前中は他の社員のフォローで終わる。裏方もいいのだが、自分のことが進まない。どうやら今日はそんな宿命といえる一日のようだ。午後は見積もり準備、図面の準備と事務仕事を進めながら、現場からの連絡・指示、来週の現場の段取り、不足した在庫品の手当て、資金繰り検討と脳みそをフル回転。15:00から3件の来客でトリプルブッキングになる。微妙にずれてもらえたのでうまくいった。夕方に弊社銀行担当と打合せ。例のごとく、会長の悪口を言ってストレスを発散する。無駄口が過ぎて、銀行から会社に担当宛で電話が入った。しゃべりすぎてしまった。
 その後連絡が付かず気になっていたお客様からメールが入り、明日のお打合せとなる。急いで準備の途中だった資料の整理とまとめを始める。自信を持って勧められる内容となったと自負している。お客様がどのように感じられるか楽しみである。
 途中戻ってきた末次との談話で嬉しい報告がある。リフォーム中の現場の隣家の人がまたリフォームを考えていると声を掛けてくれたとのこと。実は今工事している現場も、夏に直ぐ近くを工事をしていた現場を見て声を掛けてもらったのだ。紹介が紹介を呼ぶ。もちろんその途中のプロセスと工事後の仕上がりを見ての結果なのだろう。こんなに光栄なことは無い。決して簡単な水周りリフォームやきれいになりましたというリフォームではなく、耐震診断に基く耐震化リフォームなのだ。管理をしている末次を良く褒めた。ますますやる気が出てきた。

# by yamato-aoki | 2006-12-08 21:41 | Comments(0)
2006年 12月 07日

マーライオン

 今朝は朝から照明器具工事の立会いでお客様宅へ。先が見えた所で会社に戻り、午後の打合せ準備を行なう。コピー機の調子が悪く、連続して送紙されないでまとまってしまうのでイライラしながら図面を用意。OA機器は予定通り動いてなんぼのもの。
 お昼に妻からはなしがあり、息子を医者に連れて行った結果、軽い胃炎になっていると診断され薬を処方されたとのこと。毎日ミルクを大量に吐いていたのだが、ご機嫌な時は笑っているので気にしていなかった。泣くことでしか表現できない子供を不憫に思う。わかってあげられなくてごめんなさい。
 午後は折衝中の現場に行き、各専門職方と打合せ。図面を読込んだ上でこちらで噛み砕きながら方針を定めての説明、意見を聞く。特別問題なし。見積もり依頼をかける。その後もう一件一緒に移動して打合せ。こちらも急ぎでの工事着工なのでその旨をしっかりと伝える。おおらかな時代なら、「急ぎなら工事をしながら金額を決めましょうか」なんてことになっているかもしれないが、それは絶対に良くない。とはいえ、急ぎたい。
 会社に戻ると、来週お寺にかける木製橋の橋桁が入っていた。米ヒバ特有の香りが前庭に広がっている。大節がでないように芯去で6M材をカスタムカットで依頼した。含水率計で念のため何箇所も計測する。15%から20%ぐらいの数値がでている。思いのほか乾燥しているようだ。外に使うにはKDが必ずしも良いとは言えない。油気が抜けているので耐久性が落ちているからだ。とはいえズブ生もいけない。適度といえるだろう。
 その後も職方4社と次々と打合せ。来てもらうほうがこちらとしても効率がよい。たまたま皆さん近くにいたので直ぐに来てくれた。青木工務店のスクラムの良さを感じることが出来て嬉しい。さあ、これからは再び事務作業に入る。

# by yamato-aoki | 2006-12-07 19:15 | Comments(0)
2006年 12月 07日

猫はいない

 6日水曜日。朝から東京電力・NTTの電柱移動の打合せで現場へ。新築計画に伴い、玄関正面など何箇所か不具合となるので事前協議。お客様を含む各当事者一同に介して方針を決める。思えば道路には本当に色々なものが立っているのだとお客様も話していた。今回は支線など無いようにするためにもっと太く長いものになる。せめて、気にならないようなところへ移動してもらうこととなった。
 午後からはずっと事務作業。私自身、いよいよ業務がたまり切羽詰ってきている。占いでは、仕事ははかどると出ている。たまには信じて(他の占いは見ないで)やるだけやってみよう。猫の手も借りたいというが、猫はいない。

# by yamato-aoki | 2006-12-07 10:19 | Comments(0)