人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 12日

会社の廻り

今日もシコシコと書類作成です。こういった振り返る機会というのは自ら作り出さなければなかなか取れるものではありません。今日の進捗予定まで終わらせましょう。
青木工務店の建物の隣、コカコーラの工事も順調に進んでいるようです。新しい建物が完成し、引越しが終わり、古い建物の解体に入りました。明日からお盆休みとなるようです。
f0070542_9114323.jpg

工事着工の際にご挨拶に来られたときに、私はいくつか注意した方が良いことをお話しました。敷地の間の道と藤沢街道と通勤、通学の学生が乗る自転車が多く、見通しが悪いことでこのT字部分の事故が多いこと。私はこの角に向かってPC操作をすることが多いので事故の様子を目撃する機会が多いのです。
f0070542_9115593.jpg

奥の駐車場から国道へ出ようとするときに自転車が突っ込んできます。青木でカーブミラーも付け、社内でも特に気をつけるように指示をしています。
今回の工事中もこの角を掘削中に(何故か)高校生の女の子が自転車ごと転落しておりました。大笑いをしていたので怪我は無かったようですが、向かってくる自転車を避けようとして落っこちたようです。元気で何よりです。
道路向かいの積水ハウス施工のアパートも完成。入居者を募っております。当初住宅だと想い、道路向かいでけんかを売られたなーなんて思っておりましたが、アパートでした。これも窓から様子が良く見れたのでとても興味深く見ておりました。足場の解体時期、工事工程の違いが良く分かります。調度4室。青木工務店の若手4名が入れば通勤時間は数秒の好立地です(強制はしませんが)。
f0070542_9121080.jpg


by yamato-aoki | 2009-08-12 09:13 | 日常業務 | Comments(0)
2009年 08月 11日

リアル本屋にて

日曜の夜と今朝の早朝と地震に見舞われております。特に今朝の地震は静岡では震度6弱とかなりの揺れだったそうで、東名高速も道路の地割れや隆起などで通行止めになるなど影響が出ているようです。
常日頃どこに避難をすればよいかなど家族で話し合っておいた方がよいですね。家の中でもそうです。私は大輔を抱いてロフトの無い部屋に逃げ込みましたが、妻はなぜか食器棚が倒れないように支えておりました。そんなものほって置けばいいのに。
お盆休みですが、一部の社員は出勤をして書類仕事など行っております。私もこの時期にISO更新審査の書類チェックと見直しなど社内整理を行っております。ISO:2000から2008への移行、ゆくゆくは14000と統合されるのかもしれません。
休みということもあり仕事を早めに切り上げ、買い物へ。本屋さんに寄りました。本屋さんは楽しいですね。本を指名買いする場合はアマゾンなどネット販売が便利です。わざわざ出向かなくても良いですね。あとは定期購読をよく利用します。でもリアル本屋さんの良いところはとっかえひっかえ見れること。陳列状況から今の傾向が見れることではないでしょうか。住宅系の書籍もそうです。でもだいたい一つのエリアに固まっていないことが多いですね。私はいつもこのエリアをハシゴして見廻ります。
f0070542_962750.jpg

このエリアは住宅系の本です。これを手にとって見る人は家作りを本格的に考えている方ですね。建築の探索から工法の説明、家作りの考え方などの本が並びます。かなり過激なタイトルは、出版社のセンスなのでしょう(中が意外と普通だったりしますが)。
f0070542_973833.jpg

こちらはガーデニング系です。これを手にとって見る人はすでに工事中の方が多いのではないでしょうか。家はお庭や樹木を配置することでぐっと良くなる事はいうまでもありません。予算計画でもしっかりと残したいところです。私ももっともっと勉強したいですね。
f0070542_985922.jpg

こちらは主婦雑誌エリアの住宅系雑誌エリアです。大きめのサイズの本に写真がたくさん載っております。インテリア中心から実際の建設会社探し、予算計画のHOWTOまでビジュアル的に分かりやすく掲載されております。今の家作りは女性の意見がとても参考になるのは、このような雑誌でとても勉強されているからなのでしょう。ただし私のような男性が立つには少々居辛いエリアです。この間掲載してもらった雑誌も見えますね。
言論の自由から色々な主張を書いた本がありますが、とても偏った考えの人も多いのも現実です。あっちを立てればこっちが立たず。自分の好みに一番近い考えのものを上手に選択したいものです。

by yamato-aoki | 2009-08-11 09:14 | 日々の出来事 | Comments(1)
2009年 08月 10日

江ノ電に揺られて

今朝も強く雨が降っております。南から吹き付けるので窓が開けられず部屋は蒸してしまいます。季節はずれともいえるこんな天気。子供たちは夏休みらしい過ごし方が出来ていないのではと考えてしまいます。
先日打ち合わせでお客様宅へ向かうのに、久しぶりに江ノ電に乗りました。会社の前の藤沢街道(国道467号)を海に向かえば直ぐなのですが、特に週末は渋滞で動きません。電車の方が確実です。電車のなかは観光客らしき人ばかりでみな楽しそうにしておりました。この日は天気も良く、暑い日だったので海水浴には最高だったかもしれません。これから花火大会、お盆休み、盆踊り、夏祭り。夏休みもクライマックスです。

by yamato-aoki | 2009-08-10 09:22 | 日々の出来事 | Comments(1)
2009年 08月 08日

お盆休みに入ります

明日から一週間、青木工務店はお盆休みとなります。会社が休みの間も作業を続ける現場もあります。
社員向け。とにかく休み中の事故が起きないように現場の整理整頓、敷地養生、立ち入り禁止看板の設置と整然とした現場の雰囲気作りをしておいてください。
昨日の夜に友人から嬉しい連絡がありました。待望の赤ちゃんの誕生です。我が家と同じ男の子。今度いっしょに合同誕生会をやりましょう。健やかに明るく育ちますように。

by yamato-aoki | 2009-08-08 08:18 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 08月 07日

忘れてはならない日

やっと夏らしい気温となりました。暑いですが、夏は夏らしく暑くないとだめですね。
8月6日は広島原爆投下の日。日本人にとっては風化してはならない特別な日です。時間が経つにつれ都合の良い様々な解釈が出ますが、その時、その後、現在も起こった事は事実としてしっかりと記録・記憶していかなければなりません。
ところで、社内では連休に入るまでのバタバタガ続いております。お盆休みは職人が休みに入るだけではなく、物流もストップしてしまいます。早め早めの段取りは欠かせません。休み明けにスムーズなスタートダッシュを切る為にもしっかりと準備をしましょう。
しかし、今朝は住宅街の現場で朝5時に荷物を下ろした物流の大馬鹿者がおりました。全く信じられない非常識です。自分の都合だけを押し付けて行動しているのでしょう。絶対に許せません。抜本的な再発防止を確実にお願いします。
話は変わり、今日は息子の3歳の誕生日です。知ってか知らずか、今朝も元気です。

by yamato-aoki | 2009-08-07 08:09 | 日常業務 | Comments(1)
2009年 08月 06日

「頭の中での」竣工

モデルハウス計画、ちゃくちゃくと進んでおります。あれもやりたい、これもやりたいと色々と考えた末、ようやく頭の中がまとまり、「頭の中での」竣工を迎えました。
f0070542_7535195.jpg

これまで培った青木工務店の技術で住宅本来の持つ住宅力(耐震、省エネ、耐久性、メンテナンス性、環境性)に加え、見せ方も工夫して快適性(見せ方、通風、光、空気環境、照明計画、しつらい、緑)も色々な方に御協力をいただいてこれからの青木工務店の家を具現化します。ご期待ください。
f0070542_758363.jpg


by yamato-aoki | 2009-08-06 07:59 | かながわ200年の家 | Comments(1)
2009年 08月 04日

2日目 重川材木店見学

2日目は重川材木店さんの見学です。新潟市内の本社ではなく、加茂川のモデルハウス・分譲地、昨年購入した県産材用の製材工場に行ってまいりました。
賀茂の駅前は、正直寂れてました。でも賀茂といえば建具や家具で有名ですよね。
f0070542_9194270.jpg

青海の杜 むすびのタウンと称して全15区画を建築条件付で分譲販売するそうです。2件の特徴的なモデルハウスが最近完成しておりました。
f0070542_9245089.jpg

一件目は和風住宅です。既にお客様が付いているそうです。傷つけないように丁寧に見ないと。
f0070542_9243686.jpg

本格的な和室です。全て越後杉だそうです。化粧は柱は秋田の様に芯去りで柾目に使用しておりました。
f0070542_9264028.jpg

重川さんの建物で特徴的なディティールがこれでした。障子戸用の戸袋です。
f0070542_9272226.jpg

重川社長の自宅で使っていたディティールが社内のディティールになったそうです。面白いですね。
f0070542_92892.jpg

浴室の石は十和田石です。水に濡れると綺麗な緑になりそうです。蛇口をひねりたかったのですが止めておきました。
f0070542_9291080.jpg

すっきりとした1階と比較して、小屋組みが見える2階寝室です。
f0070542_929458.jpg

もう一棟はやや若者向けだそうです。白い壁、灰色の木外壁。かながわ200年の家と同じだ。
f0070542_9305025.jpg

木のぬくもりの中にあくまですっきりとしたディティールでまとめてます。
f0070542_9313326.jpg

2階の低い勾配屋根は寝そべったら気持ちよいだろうな。本当に参考になりました。ありがとうございます。
f0070542_9323018.jpg

場所を変えて、県産材の製材工場へ。原木の加工から製材、乾燥、仕上げまで一貫して行っております。理想的ですね。羨ましい。
f0070542_9334982.jpg

昼間は端材を燃料にして乾燥炉を動かしているそうです。木は無駄なところが有りません。
f0070542_9345066.jpg

右が構造材用の高温乾燥炉、左が造作材用の中低温乾燥炉。フル回転で動いていました。
f0070542_9353074.jpg

立地が農村地帯ということもあり、田植え教室も始められたそうです。おにぎりはガラスの向こうにある田んぼの昨年の収穫物だそうです。おいしかったことは言うまでもありません。

by yamato-aoki | 2009-08-04 09:36 | イベント | Comments(0)
2009年 08月 04日

次世代委員会in新潟

2日、3日と泊まりで次世代委員会に参加をしてまいりました。
最初に訪れたのが長岡市にある藤川建設さんです。
f0070542_911417.jpg

藤川さんは独自で伝統工法を学び、実践しております。一番すごいのが、墨付けを自分でしてしまうこと。大工には任せられないと自ら材料を転ばして行っているそうです。
f0070542_925098.jpg

歩いて数分の藤川さんの現場を見せていただくことが出来ました。
お客様ととても密な関係で工事をされていた様子がお話の中でうかがい知れます。
f0070542_932663.jpg

玄関ホールからは豪快に骨太の材料が目に入ります。
f0070542_96194.jpg

藤川社長と比べても、この通りです。
f0070542_962649.jpg

コテコテの伝統工法ではなく、現在のアレンジも加えた次世代の伝統工法といえます。
f0070542_974363.jpg

社屋に戻り、まとめのあとは打ち上げです。藤川さんのお父さん(会長)がお酒を差し入れてくれました。酒好きたちの目が変わる様子がわかりますね。
f0070542_985244.jpg

全て有名な銘柄です。おいしいんだろうな。飲めないので羨ましいです。
f0070542_9114311.jpg

宴の始まりです。もっと他の委員のことを知ってもらう為にスピーチをお願いしました。深澤さんは今後の方針について熱く熱く語ってくれました。
f0070542_9144111.jpg

この日は長岡の花火大会です。雨で散々濡れてしまいましたが、とても良い思いでとなりました。関東の花火大会とくらべて迫力があります。今回は風向きから雲に覆われてしまいましたが、次回は3尺玉が花開く全体が見たいですね。

by yamato-aoki | 2009-08-04 09:16 | イベント | Comments(0)
2009年 08月 03日

伝統木造の建物

熊谷市内の白根工務店さんでつくられた建物の見学会に行ってまいりました。白根さんも修業時代にお世話になったとっても熱い大工さんです。
f0070542_014542.jpg

白根さんは今は何かに取りつかれてしまったかのように伝統工法にまっしぐらです。今では伝統木構造の会の理事にまでなってしまいました。
f0070542_025256.jpg

在来工法は芯から寸法を追う工法です。資源に乏しかった時代、曲った材料、寸法がばらばらなものしか手に入らなかった先人が編み出しました。継いで、天秤にして、斜めに掛けて、渡りに掛けてと複雑な架構を間違いなく作り上げてます。
f0070542_032688.jpg

こちらら工事中の現場です。雰囲気はさながら昔の家そのものです。
f0070542_041328.jpg

大黒柱のけやき。材料はすべて秩父の材料だそうです。
f0070542_05785.jpg

この現場も土壁が塗られておりました。

by yamato-aoki | 2009-08-03 17:28 | 現場 | Comments(0)
2009年 08月 03日

名物

熊谷名物といえば、フライ。
f0070542_2359438.jpg

フライといっても油で揚げているわけではありません。鉄板で焼いてソースで食べる。お好み焼きのような食べ物です。
f0070542_23594434.jpg

最近売り出しているのが雪くま。
f0070542_002477.jpg

元同僚の林君と元社員の岡田君と食べました。
かき氷なのですが、氷の削り方に特徴があるようです。写真では伝わりにくいのですが、フワフワなのです。食べてみてくださいね。

by yamato-aoki | 2009-08-03 17:22 | 日々の出来事 | Comments(0)