人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 18日

生活習慣病

先日初めての人間ドックを受診した。毎年の健康診断でも気になるところはあったのだが、何においても体は資本。このところ疲れるといろいろがたが来るし、直りが悪い気がしていた。
待合室でも人間観察。明らかに私よりも年齢が若い人はいなかった。ほとんどが老人。一日に100人ぐらい扱っているようで、次々と呼ばれては検査をしていく。嫌がる人が多いバリウムも飲んだ。あれは、本当にいやだ。まずいし、げっぷは出そうだし、ぐるぐると廻される。来年は内視鏡にしよう。
最後の面談では予想通り生活習慣の見直し。運動不足が一番の原因だと自覚をしている。不規則な時間でもできる有酸素運動を始めよう。祖父は心臓、父は肺の後心臓。めざせ、脱メタボ。ストレスから胃もやられている。負けるな、無神経。
定期的に受診をして、変化をチェックすることが肝要。生活を改めれば、どの数値も良くなりそうだ。

by yamato-aoki | 2008-04-18 07:18 | Comments(0)
2008年 04月 17日

照る照る坊主

来週は連休前の上棟ラッシュとなる。3物件の上棟で大工予定もおおあらわとなっている。4月に入り天候不良が本当に恨めしい。予定よりも押してしまっているものばかりである。今週末も、今日の午後から土曜日にかけて雨模様。来週は今のところよさそうだが、本当に頼みますよ。照る照る坊主を飾るようだ。

by yamato-aoki | 2008-04-17 08:51 | Comments(0)
2008年 04月 16日

言葉にならず

昨晩は30年以上のお付き合いとなるお客様の御通夜だった。祖父の時代から父、そして私。敷地に建っている建物すべて弊社施工のものだ。私が青木工務店に戻ってから、頻繁にお話をする機会があった。仕事以外のことも本当にたくさんお話をしたことを鮮明に覚えている。世間にも個人にも余裕の無い時代。会話の途中でも、その中で育っている私自身が、なんと疚しく見えるのかと思ったことが何度もある。
ご自宅であったため、普段の様子からは想像もできないほど様子が変わっていたことがまた悲しみを誘う。ご冥福をお祈りするばかりである。

by yamato-aoki | 2008-04-16 18:47 | Comments(0)
2008年 04月 15日

消防署へ

昨日の午後から今日にかけては久しぶりにさわやかな青空が広がる。最近の天候不順の中で貴重な日である。全ての現場で、有効利用してほしい。
来月19日は年に一度の安全大会・合同研修会・基本契約書更新調印式である。一年を振り返り評価をし、また今期仕事をお願いできる協力業者と基本契約を結ぶ。評価は現場監督が各現場での評価書をもとに、建築部長と私とで行う。基調講演では、今回大和消防本部から現場応急活動について紹介と実践をお願いすることとなった。昨日はその申し込みと下打ち合わせで消防署へ伺った。
消防署へ来たのは小学校の社会見学以来だった。うろうろしていると、通りすがりの署員さんがやさしく案内してもらえた。窓口で意向を説明。本来は3,4時間の講習となるものだが、時間も限られておりはしよった形でお願いすることとなった。話を伺っていると、やはりとても重要な内容であるので、別の機会にしっかりと時間をとって社員・大工向けにじっくりと講習を受けてみたい。実はこの建物内にもOB施主さんが多くいらっしゃる。昨日は残念ながら姿を見ることができなかった。
打ち合わせをしている中でも、出動指示の放送が流れた。現場での事故が残念ながら起きてしまった場合でも、適切な応急処置で救急車の到着が待つことができればよりよい形で病院へ送り出せる。

by yamato-aoki | 2008-04-15 07:31 | Comments(0)
2008年 04月 14日

おしゃれは足元から

子供のころに黄色の長靴を履いていた。せっかくの長靴も、水溜りの中でそれを脱いでバケツ代わりに長靴の中に水を入れて遊んでいた。今長靴を履く機会は、雨の中での地鎮祭ぐらいかも。現場用のごついもの。
最近の長靴は柄も入って派手みたいだ。女性ものを中心に、子供のものも今のほうがおしゃれ。先日晴れの日にお打ち合わせをしたときも、お子さんは長靴を履いていた。とても気に入っているそう。あまり履き続けると蒸れて臭くなるよ。

by yamato-aoki | 2008-04-14 08:27 | Comments(0)
2008年 04月 12日

土筆

若い社員が増えたことで、社内は明るくなった。先輩社員からの指摘、指示、ヤジやいじりだとしても、社内に会話があふれることはとてもいいことだ。そして仕事とは別に、今年も木造建築士資格を社員、大工といっしょに受験をすることで同じ目標を持っている時間があることもとても大切なプロセスであると考えている。
土筆のようにたくさん吸収して伸びていくだろう。私も追いつかれないように見識を広げ、深めていかなければ。

by yamato-aoki | 2008-04-12 07:44 | Comments(0)
2008年 04月 12日

頼むよ

この仕事をしていて、突然の訃報に驚かされることがある。数ヶ月まではあれほど元気に過ごしていたのに。私自身もショックが大きい。振り返ってみて、自分なりの物差になるがしっかりとした工事ができていただろうか、自問する。いつも心にあるのは、一期一会だ。
日常業務に埋没すると、そういった感覚が鈍くなる。ハレとケ。関係者皆がそういう感覚を持てるだけ、せめて気持ちには余裕を持たせて仕事ができるようになりたい(今日は少し暗め)。

by yamato-aoki | 2008-04-12 07:37 | Comments(0)
2008年 04月 11日

刻みは佳境

長尺のタイコ梁をたくさん使った住宅を手刻みで加工をしている。だんだんと先が見え、その後の材料も次々と手配をし、納品されている。青木工務店の作業場は、この辺りでは相当広いほうであるが、やはり入りきらない。
棟梁の新井も頭をかっかとさせて仕事に没頭している。彼らのペースを崩さないようにすることも現場監督の仕事だ。下加工から墨付け、刻みまで2ヶ月。建方後に全て材料が出てしまったら、相当がらんどうになるだろう。

by yamato-aoki | 2008-04-11 07:38 | Comments(0)
2008年 04月 10日

爆弾低気圧

一昨日の天気は台風並みの影響といえる。台風はだんだんと近づくものだが、今回の低気圧は突然発生したようで準備ができない分たちが悪い。
強風で屋根の棟が飛んでしまった、大雨で排水の容量が超え、逆流したなど信じられないようなこともありその対応の追われてしまった。とにかくこの頃の雨の降り方は、職人が過去から経験している雨に対する施工経験を超えているようだ。
温暖地域から亜熱帯地域に入ったような日本。雨仕舞い、排水容量など施工仕様書は存在するが、見直さなければならない。

by yamato-aoki | 2008-04-10 07:43 | Comments(0)
2008年 04月 09日

鬼太鼓に乗せられ

午後は富士のマルダイの売出し会へ行く。午後から大工工務店向けセミナーの講師を依頼されていた。講師とは名ばかりで、全建連のロードマップを元に、今後住宅業界の環境を取り巻く様々な変化を、難しい解説書はなしに、かみ砕いて話をするというもの。私は話し屋さんでもないし、お金を取って何かしようとする者でもない。ボランティアなので気楽に引き受けていた。順調に集まっていると聞いていたが、結局150名が集まったと会場で聞き、深沢社長からもプレッシャーをかけられた。
f0070542_7413723.jpg

会場の様子。椅子がずらり。階段も、ガラスも社員さんがピカピカに磨いてくれていた。みんな気持ちよくすごせたと思う。

業界ではわけもわからず断定的に話を進める人が、変な囲い込みをしようと目論んでいる。誰かのまねをするにも、各会社で業態は違いすぎる。自分たちが作りたいものに一番合う方法を選ばなければならない。その為には自分の足で確認しなければならない。幸い、材料については集まった大工工務店はマルダイにおんぶに抱っこでいける。
2時間近くのセミナーとなったが、最後の質疑でもいくつか質問をもらった。でも、皆さん本当はもっとわからないことが多いはず。顔を見て聞くに聞き辛い様子の人も何人かいらっしゃった。後は気心の知れたマルダイの営業担当に投げかけ、実対応がなされればいいと思う。

講習前には、事務所前で鬼太鼓の公演を聞いていた。御殿場から世界中で講演をしている。太鼓のお腹に響く音と、囃子の音色は日本人の心に染み渡る。なんだか力がわいてくるようでとてもよかった。
f0070542_7524749.jpg


by yamato-aoki | 2008-04-09 07:53 | Comments(0)