人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の出来事( 299 )


2019年 10月 01日

10月で10%

 今日から10月、今年もあと3か月です。毎年思いますが、早いですね、、、、。そして今日から消費税の税率が10%となります。10月で10%です。

 私も月末に近づくと小売ではにわかな駆け込み需要が身近に感じられました。毎週の食料品の買い出し(こちらで買うものの大半は軽減税率対象ですが)、ガソリンスタンドなどいつもよりだいぶ並んでおりました。

 ネットニュースではこのタイミングで老舗のお店が閉店される記事を見ました。レジなどの税率変更対応に補助金を差し引いても300万円はかかつてしまうことが理由との事でした。変更に伴うビジネスで向こうも必死、こちらも必死という感じでしょうか。継続に向けてもっとアイデアが無かったのかと思いますが、いずれにしても寂しい内容でした。

 私たち工務店のお仕事は一律10%の税率なのでお客様向けの手続きには混乱は少ないのですが、社内の会計処理はなかなか複雑になります、、、。8%でのお客様からの請負と10%での協力業者さんへの支払いもありますので仕分けが大変です。また、金額の分母が大きいのでなかなかの金額になります。お客様の負担感増感覚は否めないので、私たちはより丁寧に仕事を進めて行く配慮が必要ですね。

 いずれにしましても今年もあと3か月、残りラストスパートで頑張っていきます!


by yamato-aoki | 2019-10-01 07:02 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 09月 25日

森さんありがとう

月曜日は青木工務店のOB大工、森貫一さんのお通夜に参列しました。森さんさ多くのお客様に御指名をいただいた青木工務店の大棟梁でした。まだ73歳、少し早いです、、、。
森さんは山形県で中学卒業から大工見習いとしてキャリアをスタート、成人してすぐには独立してご縁があって私の祖父の時代に大和に来て40年以上青木工務店の大工として活躍してくれました。
父の時代には番匠塾(大工育成の広域認定校)の大工見習いを受け入れてくださり、森さんの技術を次世代に引き継いで多くの大工を育ててくれました。
私も青木工務店で仕事を始めてから、私が現場管理をする幾つもの現場を一緒にしました。前から知る人と真剣に現場でやり合うことは自分の成長と共に仕事の醍醐味を知る機会になりました。難しい注文にもしっかりと応えてくれ、特に和室の造作で念入りにカンナを研ぐ姿、15尺の長押の先を水に浸して現場で振り回して納める姿、格天井を刻む姿は今でも目に焼き付いています。
最後の棟梁としての現場は、私の同級生の現場でした。年齢から目が見えにくくなる苛立ちもあって現役を引退し、しばらく嘱託で青木工務店の片付け作業をしてもらっていました。仕事を辞めてからは表情がとても穏やかになり、良いお爺さんになったなと思いながらも現役時代も知る私は少し寂しさも感じていました。
森さん青木3代に渡りお世話になりありがとうございました。また1人、子供の頃から知る方が居なくなる寂しさを感じております、、、。合掌。


by yamato-aoki | 2019-09-25 07:16 | 日々の出来事 | Comments(2)
2019年 09月 20日

素性がバレている?

今日は青木工務店の業務には関係の無い話題です。

普段からお世話になっているクリーニング屋さんがあるのですが、とてもホスピタリティのあるご対応をいただいており私は完全なリピーターとなっております。オーナーもしくは店長と思われる方は私の名前を憶えてくださっていて、来店時には名前でお声がけくださります(私も見習わないと)。

預けたズボンのポケットにハンドタオルを入れたままにしていた時、引き取りに行った時に「クリーニングしておきました」とサービスで綺麗にしてくれました。しかも何度か(何度もやってしまう自分も情けないが)。

休みの日には車に子供たちを待たせてクリーニングに預けたり引き取りに行きますが、その時にサービスで子供たち用に風船などもいただきます。平日で子供たちが車に居ない時にも「持って行きますか?」と風船を勧められます。子供たちは風船遊びが大好きです。

私も出来るだけ省力化・環境性を考えてマイバッグ持参、ハンガーをお返しなどしております。

ところで先日、店じまいギリギリの時間に引き取りに行ったのですが、店員の方(店長ではない方)から名前で呼ばれ、しかも「うちの孫も同じ保育園なんですよ」と話しかけられました!他の店員の方も名前を知っているのだという事と、私がどこの誰で、子供の事も知っているのだと改めて知らされました。地元、恐るべし!
いつも同じように立ち振る舞う事は大事だと改めて思いました!





by yamato-aoki | 2019-09-20 07:31 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 09月 10日

台風15号の被害

日曜日から月曜日にかけて関東地方に上陸した台風15号、報道でも各地で大きな被害が出ており大変でした。
木曜日に急に発生して、直ぐに関東へ近づくという予報でしたので急遽台風養生を各現場で行い備えておりました。海洋から神奈川県に直に上陸なので勢力は大きなまま接近したので被害は大きくなるだろうと予想はしておりました。結局進路は台風の目の西側に大和があったことがせめてもの救いでした。お客様宅などの被害状況は様々でしたが、順次御対応に参りますのでしばらくお待ちください。

ところで台風はなぜ夜中や休みの日に来ることが多いのでしょう、、、。我が家の子供達はこれだけの台風は初めての体験でしたので外の異常な雰囲気に眠りが浅く可哀想でした。おかげさまで我が家自体は被害無しでした。

朝はいつも通り子供を保育園に預け、早めの出勤でした。会社に到着するとセコムが異常状態のままになっている事に気付いたので連絡。セコムでは夜中の3時半に異常感知をしていたが、台風でセコムが駆けつけていなかったとの事。私が気付いて3時間近く経過していましたがそんなものなのかな、、、。結局は自分で確認して異常なし。風でドアがガタガタしてセンサーが感知した模様です。

電車が至る所で断線していたのでガタガタでしたね。出勤できない社員もいました。道路も酷い渋滞でした。当初の予定も今週は優先順位をつけキャンセルなど大幅に見直し。街中も別の意味で、災害には全く弱い事を思い知らさせれます。


by yamato-aoki | 2019-09-10 07:20 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 08月 27日

令和元年大和天満宮例大祭

f0070542_13404578.jpg
先週の土曜日は毎年恒例の大和天満宮例大祭に参列いたしました。
シリウスの建物内に天満宮が入っており、2階フロアレベルの外庭にあるので普通の神社よりも空に近いという事になります。
シリウスの建物自体の決まりが多いので、登りが建てられなかったりお飾りが付けられなかったりとお祭り雰囲気があまりないのが残念ですが、当初の予報よりも天候の恵まれたのは氏子をはじめ多くの方の日頃の行いが良いからですね。
f0070542_13405094.jpg
建て替えの際に預かっていたお社もしっかりと納められております。
神殿の中にはこの時ぐらいしか入ることはありませんが、造作材のヒバの香りがまだまだしっかりと香ります。
周辺の自治会もあわせてお神輿が出ます。この先も良い文化を続けられるように、新たなルール作りも必要な時期に来ていると多くの方が考えられているようです。



by yamato-aoki | 2019-08-27 07:40 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 08月 16日

気概のある記事

青木工務店では様々な業界誌や新聞を定期購読し、私が目を通した後に大事なもの、重要なものにマーキングをして回覧しております。
私も業界活動の中(JBNの委員会活動など)で知りえた専門分野の事を取材される立場も多いので、その分野では見返したりどう捉えられているかなど確認する機会でもあります。とはいえ、建築の分野は幅広いので拾い読みをしながら気になる事をやはり専門分野の方に会った時に質問したりして理解を深めるようにしております。

マスコミといえども民間企業なのでどうしてもスポンサーの意向を忖度せざるを得ないのは理解できるので、私もそう思いながら記事を見ているのですが、それでも「なんだかなぁ」と思う事がまちまちあります。その中で、最近の業界新聞内で連続特集されている記事が読みごたえがあります。緻密な取材で裏付けられた生々しい内容は気概溢れるもので久しぶりに記者魂を感じるものです。事実を伝え批判をするだけでなく、どこか憤りと応援する気持ちも感じられるというか。新聞の編集長は良く知っている方なので、先日直接記事についてお話しさせていただきました。

人の仕事をみて、私もまた気を引き締め直したいと思います。


by yamato-aoki | 2019-08-16 07:54 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 08月 02日

暑中お見舞いのお便り

青木工務店では毎年2回、年賀はがきと暑中見舞いのはがきをOB施主の皆様をはじめ関係各社の皆様等にお送りしております。ワンパターンとなっておりますが、年賀はがきには初夏に行う安全大会の集合写真、暑中見舞いのはがきには賀詞交歓会の集合写真を付けております。OBのお客様からは工事を行った時の担当者の顔、現場に来た大工の顔などを見て「まだ元気に働いているのですね!」といったお声をいただいておりますので過去を並べれば人の入れ替わりもわかるかもしれません。

昨年の暑中見舞いのはがきは昨年の賀詞交換会の写真でしたので、会長であった父の写った最後のものとなっておりました。今年の暑中見舞いのお葉書は先週から皆様に届いていると思います。

毎回なのですが、年に2回のハガキが数枚「宛先不明」で戻って来ております。売却されたのか、転居されたのか、空き家となってしまったのか、事情はそれぞれですが時代の流れを強く感じる出来事と思っております。

さて今年の暑中見舞いの写真には、私の家族(妻と娘と息子)も写っております。この4月から妻も職場復帰(青木工務店ではなく全く別の職種の仕事です)もあり、下の息子も春から保育園になるので一緒に写れるのは休まない限り今年しかないなと。その写真をみて、わざわざお電話をくださったお客様がおりました。お打合せの時に余談で私が子供に恵まれずぼやいていた事を覚えていてくださり、写真を見て思わず電話をしてしまったという事です。有難い気持ちで心の温まるお電話でした!


by yamato-aoki | 2019-08-02 07:42 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 07月 30日

2019年関東梅雨明け!

f0070542_06030700.jpg
中休みもなくダラダラと雨の多かった今年の梅雨。いつも以上に長く感じておりましたが、昨日関東もようやく梅雨明けとなりました!
暑さは本番です。現場の皆さんも睡眠と栄養をしっかりととって、普段以上に体調管理に気をつけながら毎日頑張りましょう!


by yamato-aoki | 2019-07-30 07:03 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 07月 27日

ネット社会の危険

f0070542_16505459.jpg
皆さん、ネットリテラシーについて自信がありますか?
良い本が紹介されていたので早速購入してみました。私自身、大学生の時に「ウィンドウズ95」が販売されてからパソコンを扱うようになり、見よう見まねでインターネットに繋ぎ(最初は良くわからず復習のプロバイダー契約をしていたことを後で気づいた)、今日に至ります。今のスマホもそうですが、最初からすべての機能は使いこなせないと思っていたので使う範囲でしか作業をしないというスタンスです。メールは仕事メール以外に迷惑メールを含めて毎日200から300は捌いている毎日です。

この本では私の所にも毎日来る「詐欺メール」のことや「フェイクウェブ」「ダークウェブ」「PC乗っ取り」「出会い系詐欺」「アンケート詐欺」「仮想通貨」「ネット広告(詐欺広告)」「SNS被害」など扱っておりとても参考になりました。犯罪など日々進化しているとはいえ、その背景を少しでも知る事は防衛対策にとても役に立ちます。青木工務店のネット管理者から以前「社長も自宅で会社のPCと同じように作業が出来たほうが便利では」とご提案戴いたことがありましたが、やめておいて良かったです。そもそも会社から直ぐなので断っていたのですが。
また「利益」を得る為にモラルが低い運営をしている組織が多い事に、読んでいてムカムカする内容も多かったです、、、。

いずれ子供達にも利便性とリスクの事、しっかりと教えて、それから便利に使ってもらいたいとな思いました。


by yamato-aoki | 2019-07-27 07:03 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 07月 05日

小児科医 真弓定夫さんのドキュメント映画

f0070542_20152488.jpg
30日日曜日は家族でシリウスへ映画鑑賞に行きました。かねてから交流のあるとこちゃん保育園の「よしこ園長先生」のお誘いで青木工務店として協賛をしておりましたドキュメンタリー映画「甦れ 生命の力」の上映会です。主催はYamato子育てママ応援プロジェクト(通称:ママプロ)さんです。開催にあたり皆さまご準備等お疲れ様でした。

f0070542_20152539.jpg
映画は薬や注射を使わない小児科医「真弓定夫さん」、出産前まで家事などで働きながら自然分娩の進める「吉村正さん」などが出演されるドキュメンタリー映画です。冒頭には映画でもご出演されておりました真弓先生のお嬢さんと真弓先生に感化された歯科医の先生(名前を失念)、座間の麦っこ畑保育園の大島園長が登壇されました。
映画では(すごくおおざっぱですが)真弓先生が推奨する「自然治癒力」を「水、空気、食べ物」、下がりつつある「子供の体温」といったものから「野生動物にならって」取り戻そうというものです。特に体温は昔の子供に比べて平均体温が1度以上下がっているそうで、体温が下がるほど免疫力が30%は下がるという事でした。
座間の麦っこ畑保育園では前の園舎では焚火をしたり、一年中窓が開けっぱなしで過ごしたりと野性味あふれる保育園でしたが、諸事情で認可保育園に移行するにあたり新しく園舎を建て替えることが必要となったことも触れられておりました。新しい園舎が木造だったことは私も喜んでしまいました(笑)。
出演されている子供たちの輝く笑顔が何より印象的な映画でした。私が持ち帰った課題は「部屋の室温」でした。基礎代謝を上げて体温を自然に高めに保ち免疫力を上げるには部屋の温度は一定でない方が良いわけです。一方で国の省エネ基準や医療的な視点では必ずしもそういう事ではありません。HEAT21でもレベルに従って部屋の最低室温を決めております。
建物が立地する場所と利用する中心の年代に応じた、建物の耐久性と省エネ性の適度な断熱レベル感と、開口部を開けた時・閉めた時と建物の室内環境を「利用者が」コントロールできることが大事だな、と帰りながら考えておりました。



by yamato-aoki | 2019-07-05 07:15 | 日々の出来事 | Comments(0)