大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の出来事( 260 )


2018年 11月 21日

アレルギー反応

f0070542_14143596.jpg
病院で私のアレルギー反応の検査をしてもらいました。その結果が上の写真です。
ダニ、ハウスダストの反応が出ておりますが、妻がいつも家の掃除をこまめにしておりますので自宅はきれいです(いつもありがとう)。

スギ、ヒノキの反応があるのは国産材利用を推進している青木工務店の代表として残念な事ですね(泣)。医者に質問したところ、暴露時間が長いと反応も出やすいとの事。それは仕方ないですね。自宅も現場も作業場もスギ・ヒノキだらけですから。
しかし自然素材が健康住宅と簡単に決めつけられない所がこのような所なのです。

いずれにしても、陽性反応がでているアレルゲンも低レベルなのであまり気にする事は無いようです。これからもどんどんと国産材を利用していきます!



by yamato-aoki | 2018-11-21 07:27 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 11月 06日

縁起を担ぐ

f0070542_16032383.jpg
 先日、旭区N邸のお引渡しのさいに、ご近所の方がN様にプレゼントされていたのが、「おもと(万年青)」という植物です。この仕事をしていて恥ずかしながら初めて知りました。
 漢字の通り、いつも青々としていて長寿や健康に良い縁起物です。そしてお引越しの際に荷物よりも先に運び入れると運が開かれるといわれているそうです。また、縁起の良い日に実際のお引越しができない場合でも、代わりにこの「おもと」を運び入れることで良し、とされているそうですよ。
 と、いうわけで我が家もさっそく万年青を玄関前に飾りました。モデルハウスでもある我が家の玄関は、実はわざと鬼門にして設計しています。万年青がバッチリとブロックしてくれるでしょう。

f0070542_16032922.jpg
玄関前にはもともと南天を植えております。「難を転ずる」で南天と、こちらも良く言われる縁起ものです。
土があっているのか成長が良く広がってしまうのでいつも刈り込んでいます。

f0070542_16033456.jpg
 また、家相から家の平面形状で「欠き」は良くないといわれていますが、自宅兼モデルハウスはわざと「欠き」も造りました。欠きとなる部分は坪庭なのですが、そこには外壁線に沿って梁を掛けて繋ぎ、また目隠しとなる塀(外壁と同じ木板塀)を設置することで「欠きを無くす」ようにして対応する実例としています。
 私自身、あまり縁起を担ぐことに意識をしておりませんが、色々な対応策で緩和することができることをもっともっとお知らせしたいと思います。


by yamato-aoki | 2018-11-06 07:03 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 10月 20日

再生可能エネルギーの未来

先週の土曜日のブログ記事でご紹介していた九州電力の太陽光発電出力制限ですが、結局13日土曜日、14日日曜日と実施されました。

九州電力では優先給電ルールというものがあり、調整される順番は以下の通りという事です。
①火力発電
②揚水稼働
③広域連携(保管管内の電力会社に送電)
④バイオマス発電(木材などの燃焼エネルギー)
⑤産業用太陽光(10kw/h以上の出力)・風力発電
⑥住宅用太陽光(10kw/h以下の出力)

⑦原子力・水力・地熱

オレンジ色の所が、いわゆる「再生可能エネルギー」となります。
ZEHを進めている会社などは、住宅用太陽光発電は優先順位が後だから心配ないといいますが、私はモヤモヤが消えません。産業用だろうが何だろうが、せっかく作られた再生可能エネルギーを無駄にしている事実は変わりません。環境意識で設置をしているPVパネルで住宅用のものは出力制限がされていないから良い、と考える事はおかしいと思います。そして(これは従来から問題が指摘されている事ですが)そもそも住宅用で造られた電力も送電のロスや実際の送電先で本当に使われているか(送電網の渋滞で熱と変化してしまっている)どうかさえはっきりしていませんので実際に「ゼロエネルギー」なのか、、、。

私は太陽光発電においては③の広域連携のインフラの整備⑥の住宅用太陽光の自家使用のための蓄電池等の普及(コストの低減と技術の安定など)が普及までの最優先課題であると思います。青木工務店の考えるゼロエネルギー住宅はこの方向にあります。



by yamato-aoki | 2018-10-20 07:03 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 10月 13日

ブラックアウトと再生可能エネルギー

f0070542_08054372.jpg
 今週11日木曜日の読売新聞朝刊の記事です。季節が中間期となり電力需要が減る今月にも再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電の出力制限を要請するという事です。
 需給バランスが崩れると電気の周波数が乱れ、発電機が故障するなどして大規模停電「ブラックアウト」が発生する恐れがある為に行うそうです。当面は10KW/h以上の事業者に限定して行うため、それ以下の一般家庭は対象外という事ですのでとりあえずは安心ですね。
 とはいえ、現在のこの様な状況を考えていくといずれ一般家庭の太陽光発電の出力制限も要請されていきそうです。私たち工務店の中でも、戸建ての屋根などで造られる太陽光発電の電気は自家使用目的を優先的に考えることが大事だよね、と話しています。
事業者は投資目的ですので、この様な出力制限で「損」をしたとしてもそれは事業ですので織り込んでいなければならなかった事。一般家庭では安易にZEHなどに乗せられてこの様な「損」をさせられては、、、ねぇ。
  出力制限など経済産業省も電力会社も現在の電力インフラ等の状況から再生可能エネルギー普及の際にもともと織り込んでいた制度と言います。しかし、多くの一般国民には届いていませんでした。電気代を支払う時に幅広く徴収されている「再生可能エネルギー発電促進賦課金」もこうやって出力制限をさせられるのであれば何のためのお金なのか。私はちょっと腑に落ちない気持ちでいます。
 そもそも太陽光発電といった設備を一般企業や国民に求めず、電力会社など発電する企業が進めて自らコントロールするべきであったと思うのです。一般企業や個人宅に普及させておいて、出力制御をし、経年し老朽化した発電設備は「お宅のものでしょ」とそれぞれが撤去・廃棄費用を負担する、という事が今後おきるのでしょう、、、悲。



by yamato-aoki | 2018-10-13 07:05 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 09月 11日

大坂なおみ選手おめでとうございます!

 日曜日は朝からうれしいニュースでした。大坂なおみ選手が全米オープンテニスで優勝したニュースです。
 私はテニスをしていた両親の嗜好で子供の頃からテニスの試合のテレビ放送を良く見ておりました(夜中の中継など)。中学生の頃はテニス部に所属しておりました(バスケばかりしていましたが)。そしてその当時活躍する日本人は、本戦出場がやっとでしたのでまさか世界4大大会のシングル戦で日本人選手の優勝が起こるなんて夢にも思っていませんでした。
 可能性が広がることを妨げるのは、努力の上で最後に邪魔をするのが既成概念だよなぁ、と改めて思いました。願えば叶う!努力は必ず報われる!いや必然だったのでしょうか?!それこそ大坂なおみ選手のこれまでの努力は詳しくはわかりませんが、素晴らしい結果にただただお祝いの気持ちをここにも記してしまいました!そして、試合中の相手選手の立ち振る舞いにも気持ちを切らさず試合に集中したメンタル、表彰式でのスピーチなど素晴らしい選手だなぁと感心しきりでした。今後も大活躍を期待し、応援したいと思います!



by yamato-aoki | 2018-09-11 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 09月 05日

平成30年座間神社例大祭

f0070542_13455514.jpg
先週の30日木曜日は座間神社さんの例大祭に参列しました。
座間神社さんは神社施設の工事などもご依頼いただいており、お客様でもあります。また、年明けの安全祈願祭、現場ごとの地鎮祭などでもお世話になっております。
そんなご縁もあって大和市の工務店ながらご案内いただいており、昇殿し、榊をあげさせていただいております。神社本庁からの使者を招き厳粛に行われる儀式は私の気持ちを落ち着かせる良い機会にもなっております。
外では中の様子はわかりませんが、本殿中では生演奏の笙の音色にあわせて儀式が進み、御扉をギギギと音を立てて開け、お供物をささげ、祝詞、巫女さんのお神楽、榊を上げていきます。住宅では扉の開閉に音がしてはクレームですが、神社では皆さん低頭姿勢でおりますので音がしなければ神様が下りてくる様子はわかりません。神楽の舞などもちょっとした異次元体験です。


f0070542_13460334.jpg
 例大祭後の直会では、今回事前に山本宮司からの依頼で来賓あいさつをさせていただきました。周囲の方よりだいぶ年少者ですのでちょっと場違いではと恐縮しましたが、普段の座間神社さんとの関係や業界活動への支援の御礼など申し上げました。
 そして、いつも読み上げるのがこの「敬神生活の綱領」です。私自身は特段宗教的な思想はないのですが、これを読むとやはり気が引き締まる思いです。来年代替わりとなる天皇陛下の日々の行動原則がそのまま記されていると思います。年に一度の心のあらわれる日でした。



by yamato-aoki | 2018-09-05 07:45 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 09月 01日

大和天満宮例大祭

f0070542_15571293.jpg
 先週末は土曜日日曜日で恒例の大和天満宮の例大祭が行われました。例大祭にあわせて周辺自治会もお神輿が担がれます。 青木工務店でも毎年ご祝儀をもって天満宮さんや各自治会に訪れております。例大祭の催事には山本宮司の執行で、氏子会、近隣小学校校長、国会議員の甘利さん、県議会の藤代さん、地元市議の青木さんなど多くの方と参列いたしました。
 今年は台風の影響があって風が強く吹く中、また夏の日差しもぶり返すなかで皆さん大汗をかきながら準備や運営をされる姿に頭の下がる思いです。天満宮もシリウスに入って2年が経過し、徐々に運営が慣れてきているのでしょう。
 私個人としては、かつての境内や周辺道路の歩道に多く出ていた夜店での思い出が多いのでその風景が無いのは少し寂しいのですが、時代の流れですものね。
 ともかく、大和天満宮の益々の繁栄と弥栄を祈念して榊をあげました。



by yamato-aoki | 2018-09-01 07:23 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 08月 25日

フリット

f0070542_15495261.jpg
皆さん、食べると幸せになるものはありますか?または食べ出すと止まらないものはありますか?
女性ならば何かしらのスイーツとこたえるかもしれませんね。お酒が好きな人ならばお酒とこたえるかもしれません。
私にとってはその一つがフライドポテトです。皆さんバカにしますが、注文するとついつい手にとって食べてしまう方が多いですよね。
フライドポテトはサブメニューだったり付け合わせである事が多いですが、最近は色々な所にフライドポテト専門店というものもできています。その一つでハシリだったのが広尾にあるフリット&フリット。広尾に用事があった時に幾度となく前を通っていましたがいつも混雑していて断念していました。そもそも広尾に用事は少ないし、六本木以降の日比谷線の電車のアクセスも良くないですので。
そんな時に横浜に支店が出来ていたのでようやく念願のフリットを食べる事ができました。横浜の店舗は並ばずに入れました。
f0070542_15495890.jpg
ベルギータイプのノーマルのものと、マッシュして整形したものを2種類、バジルのディップソースでいただきました。一緒に行った友達とシェアして他のものも食べられました。
ポテトの種類はまだまだありますし、ディップソースもたくさん種類があります。まだまだ楽しめそうですのでまた訪れたいと思います。
以前、加熱したジャガイモにはアクリルアミドという身体に悪い成分が生成されるというネット記事を見た事がありますが、私は間違いなく食べ続けるでしょう◎


by yamato-aoki | 2018-08-25 07:49 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 08月 21日

新盆で思ったこと

f0070542_18404385.jpg
今年は新盆だったので遠出をせずにおりました。色々な方から弔問や戴きものなどありがとうございました。
こちらは「青木公子」さん。母と同姓同名で同じ漢字の方です。
実はこの方のご主人も「青木宏之」さんで同姓同名の同じ漢字なので、夫婦揃って全く同じ名前の漢字を持つご夫婦なのでした。しかも同じ歳という。
あちらの青木宏之さんは名古屋選出の国会議員だった方です。当時父が社会資本整備審議会の委員を務めており、議員の青木さんが「自分と同じ漢字の人がいる」と連絡があったようです。それから奥さんも同じ漢字。偶然に驚き、その後交流をしていたのでした。
残念ながらあちらの青木宏之さんは他界されており、我が家も母が先に亡くなりました。父はJBN会長職を6月におりて、秋口にはあちらの青木公子さんとお会いする約束をしていたそうです。3月に今度は父が亡くなり、その約束が果たせなかったのですがこうしてご丁寧にお花を送っていただいたのでした。あちらの青木公子さんには、この先も元気に暮らしていって欲しいと思います。
私も送る人が多くなっているので、しみじみと「自分は生かされているのだな」と感じています。実家も空き家となり、このお盆で役割を終え、年内には仏壇などは私の自宅に移動させます。送り火をした後は本当に寂しい気持ちになりました。一方で、妻や子供達がいることで心の支えになりました。そうです、まだまだこれから頑張らないといけません。



by yamato-aoki | 2018-08-21 07:14 | 日々の出来事 | Comments(0)
2018年 08月 15日

ようやく読み終えました

f0070542_23062924.jpg
今年は何だかんだと時間が取れず、読書が少ない年になっておりますがようやく読み終えたのが司馬遼太郎さんの「項羽と劉邦」
三国志より前の中国大陸を舞台にした物語なのですが、読み応えありました!
圧倒的な戦力を持ち自ら先頭に立って戦う項羽と、連戦連敗で戦下手でもなぜか周囲に助けられる劉邦、最後のワンチャンスをものにした劉邦がいずれ中国全土を制圧するわけですがそこまでのストーリーは私自身もとても勉強になりました(私は全く器ではないですが笑笑)。
また先に読んでいた地政学の本も、物語の背景を想像するのに大いに役立ちました。自然災害を除けば日本は恵まれている事も多いのですが、その中に居ると気付きにくいものです。
私の読書は作家で選ぶ傾向がありますが、比較的ジャンルを問わず読み漁ります。皆さんのオススメがありましたら教えてください!


by yamato-aoki | 2018-08-15 07:06 | 日々の出来事 | Comments(0)