人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の出来事( 290 )


2019年 07月 05日

小児科医 真弓定夫さんのドキュメント映画

f0070542_20152488.jpg
30日日曜日は家族でシリウスへ映画鑑賞に行きました。かねてから交流のあるとこちゃん保育園の「よしこ園長先生」のお誘いで青木工務店として協賛をしておりましたドキュメンタリー映画「甦れ 生命の力」の上映会です。主催はYamato子育てママ応援プロジェクト(通称:ママプロ)さんです。開催にあたり皆さまご準備等お疲れ様でした。

f0070542_20152539.jpg
映画は薬や注射を使わない小児科医「真弓定夫さん」、出産前まで家事などで働きながら自然分娩の進める「吉村正さん」などが出演されるドキュメンタリー映画です。冒頭には映画でもご出演されておりました真弓先生のお嬢さんと真弓先生に感化された歯科医の先生(名前を失念)、座間の麦っこ畑保育園の大島園長が登壇されました。
映画では(すごくおおざっぱですが)真弓先生が推奨する「自然治癒力」を「水、空気、食べ物」、下がりつつある「子供の体温」といったものから「野生動物にならって」取り戻そうというものです。特に体温は昔の子供に比べて平均体温が1度以上下がっているそうで、体温が下がるほど免疫力が30%は下がるという事でした。
座間の麦っこ畑保育園では前の園舎では焚火をしたり、一年中窓が開けっぱなしで過ごしたりと野性味あふれる保育園でしたが、諸事情で認可保育園に移行するにあたり新しく園舎を建て替えることが必要となったことも触れられておりました。新しい園舎が木造だったことは私も喜んでしまいました(笑)。
出演されている子供たちの輝く笑顔が何より印象的な映画でした。私が持ち帰った課題は「部屋の室温」でした。基礎代謝を上げて体温を自然に高めに保ち免疫力を上げるには部屋の温度は一定でない方が良いわけです。一方で国の省エネ基準や医療的な視点では必ずしもそういう事ではありません。HEAT21でもレベルに従って部屋の最低室温を決めております。
建物が立地する場所と利用する中心の年代に応じた、建物の耐久性と省エネ性の適度な断熱レベル感と、開口部を開けた時・閉めた時と建物の室内環境を「利用者が」コントロールできることが大事だな、と帰りながら考えておりました。



by yamato-aoki | 2019-07-05 07:15 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 06月 29日

ポンセ!

f0070542_13514822.jpg
横浜DENAベイスターズになって久しいですが、私が小学生の頃は大洋ホエールズでした。スポンサーが変わっていく中でチーム名も変わりましたが特にDENAになってからは運営が大きく変わって今はチケットを取るのも難しいほど横浜スタジアムは賑わいを戻しております。街の看板や広告なども見ていて足を止めてしまうものも多くあります。
先日、とある組織の総会で関内に行った時に日本大通り駅にはかつての大洋ホエールズ時代の名プレイヤーが。ポンセがあったのは私も嬉しかった!そんなベイスターズは今年で創団70年年と言うことです。おめでとうございます!
長く同じ業態でもアイディアでまだまだ変われる良い事例です。


by yamato-aoki | 2019-06-29 07:51 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 06月 22日

東京オリンピックチケット抽選結果(残念)

f0070542_16230592.jpg
東京オリンピック2020の観戦チケットを申し込んでおりましたが、20日の発表では上記の通り、見事に惨敗、、、。
チケット代が思いのほか高額だったこと、当選した場合は必ず買わなければらない事など全部当選したらかなり高額になるなとドキドキしていましたが杞憂に終わりました。
観戦したい協議や、オリンピック期間の仕事の予定など考えて申し込んでいたのですが、一方で私はつくづく遊びが下手なのだと気づきました。折角の機会に、と奮発したり仕事を忘れたりをやり切れないからです、、、。
まだまだチャンスはある様なので、家族の思い出に、私にとって一生に一度となるであろう日本でのオリンピック&パラリンピックをしっかりとゲットしたいと思います。



by yamato-aoki | 2019-06-22 07:23 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 06月 21日

第10回一般社団法人富士山木造住宅協会定期総会

f0070542_16545053.jpg
一昨日はJBNの静岡県の連携団体である一般社団法人富士山木造住宅協会(ふじきょう)の定期総会に出席致しました。JBNの連携団体の中でも工務店会員の数が多いのがふじきょうさん。事務局は取引先でもあるマルダイさんなので青木工務店はこちらの会員でもあります。今期で10年、マルダイさんが黒子となって工務店支援をしてきた形はしっかりと形になって根付いております。ありがたいことです。ほとんどの流通会社は工務店を利用したり、今や下請けの様にしているところが多いのです。
会場には地元の国会議員から県議会議員まで来賓にお見えになっておりました。こちらの地元の候補者についてはちょっと話題になっていた事を思い出しました。
f0070542_16551764.jpg
定期総会は滞りなく終了し、貴重講演の弁護士の秋野先生のお話を聞きました。先日のかなきょうの総会にも秋野先生をお招きしてお話いただきましたが、今回は全く違うお話で、建築紛争の豊富な事例はまたしっかり勉強になりました。


by yamato-aoki | 2019-06-21 07:30 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 06月 15日

青木工務店での最初の現場

私は学校を卒業して2社の勤務経験がありますが、2000年に家業である青木工務店に入り最初に現場担当となったのが大和市内のM様の住宅でした。

そのM様の親御さんであるT様は昭和40年代に横浜の母の実家を青木工務店で建て替えた時に、たまたま仕事の関係で大和の青木工務店を知り、その後ご自宅をご用命いただき、そこから約30年の年月を経てお子様であるA様の家をご用命いただいたのでした。当時の私もOBのお客様と青木工務店との圧倒的な繋がりに驚いたものでした。
現場の棟梁は祖父の時代からの大工2名でしたが、当時でそれなりに高齢になっていたのでこれまでの経験を活かしながら現場を進めておりました。

月日が経ちT様も担当棟梁も亡くなってしまいましたが、A様からはその後もメンテナンス工事などお声がけ戴き私も何度もご自宅へ伺っております。竣工から20年近く経ったいまもA様の普段の手入れが行き届いていることもあって内装はとても良好な状態で、外装も一昨年に塗り替えたので素晴らしい健全性を保っております。これまでの仕事の歴史の中で良かれた思ったことが思わぬ不具合を生じさせることがありますが、A様邸のような事例が次の私たちの仕事の自信に繋がります。

家族の変化や生活環境の変化に合わせた家守りとしての地域工務店の役割が私たちの基本であることを忘れてはならないと改めて思いました。


by yamato-aoki | 2019-06-15 07:01 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 06月 14日

仕様の決定はお早めに

建設業界では「人不足」を言われて久しいのですが、お陰様でご契約いただいたお客様にはご協力いただきながら順次工事着工させていただいております。

ところで、最近はまた別の問題も感じております。「モノ不足」です。
業界では鉄骨のボルトがここ1年以上、慢性的に不足しており話題になっております。オリンピック需要で、など一般的には言われますが需給のバランスで生産計画を立てているのではい、そうですかと思いませんね。別の思惑があるのでしょう。
それはそれで、もっと身近なものまで「ない」と言われることが増えております。私が携わっている現場だけでも、引出のレール金物が「ない」。ドアの丁番が「ない」。といった具合です。普段のルートで手に入らず、それでは色々な店舗を廻って必要数確保しようにも足りず、少し割高でもネットで探そうとしてもやはりなく、、、、。特殊なものならばわかるのですが、ごく一般的なものが「メーカー欠品」で「ない」となりますと、お手上げです。
在庫は無駄と考えられ在庫の回転率が業績好転につながると一般的には言われますが、直ぐに在庫切れでメーカー欠品となってしまうのは私たちも困ってしまいます。人もモノも調整代が限りなく小さくなっていると痛感させられます。

仕様の決定になやみ、これまでの一般的な納品までの時間を考えながら現場進行とともに打ち合わせを進めていきましたが、これまでよりももっと前倒しで物事を決めていかなければなりません。何がどれだけ在庫あって、何がどれだけ時間がかかるのかすべてを把握することは困難です。仕様の決定はお早めに、それに尽きます。


by yamato-aoki | 2019-06-14 07:17 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 06月 12日

応急修理災害対応の意見交換

f0070542_11533863.jpg
昨日は朝の執務を終えた後に神奈川県庁へ。木協神奈川県協会の理事として災害時応急修理の件で意見交換に行っておりました。全木協では建設型仮設住宅と応急修理、障害物除去と協定を締結しております。
毎回一歩一歩ですが課題が見えてそれをクリアしていく過程です。取り組みの今後の方針(予定)などは素晴らしい訓練になるので是非実現したい事だと思いました。写真は日本大通り駅を出てすぐの開港記念館です。
f0070542_11532611.jpg
県庁第二庁舎の隣に最近建てられた建物には、いつも横田めぐみさんの横断幕があります。子供の頃には母の実家のある鶴ヶ峰駅で拉致被害救済の訴えをしていた横田夫妻や支援者の姿を見かけたことがありました。長い年月を思うと、ただひたすら再会の日が訪れる事を願うばかりです。
自らの無力さを感じながら、でもやれる事から進んでやって行こうと思います。


by yamato-aoki | 2019-06-12 07:53 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 06月 11日

自宅の紫陽花

f0070542_20001126.jpg
建築屋にとって梅雨時期らしい天気が続き気分も少し落ち込みますが、この時期は紫陽花が綺麗なことが救いですね。
自宅に植えている紫陽花は今年も綺麗に咲いています。モデルハウスとして建てた後に、両親が(仲良く?)建物の廻りに色々と植えておりました。季節ごとに順番に咲く様にと考えていたようです。
私は園芸関係については全くの素人なので、家の中の植物も良く枯らしてしまいます、、、。
f0070542_20001380.jpg
毎日の生活に追われていて、また休みがほとんどないので普段からほとんど何もしていませんが、植物は大したものです。ガクアジサイも可憐に咲いてます。この間、長谷川さんに剪定をしてもらっておりました。

f0070542_20002469.jpg
水の雫が似合うのは紫陽花の特徴ですね。
f0070542_20002607.jpg
この紫陽花は昨年よりも紫色になっていました。去年はもっと青い色だったと思います。
土壌のPHにより花の色が変わることはよく知られていますね。何か土に影響があることをしたかな?これまでペレットストーブの灰を土壌改良のつもりで少し撒いていたのを、仏壇置き場の確保の為泣く泣くペレットストーブを撤去して灰をまかなくなったからなのでしょうか。
f0070542_20004029.jpg
こちらはブルーベリー。よく見るとしっかりと果実ができておりました。友人のアドバイスでブルーベリーは2種類を植えたほうが豊作になるといわれましたが、どうなのでしょう。植物の世界も不思議がいっぱいです。



by yamato-aoki | 2019-06-11 07:59 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 05月 25日

祖父の軍隊手帳

f0070542_08044836.jpg
実家の片付けをしていたところ、祖父の軍隊手帳が出てきました。「戦争」という言葉が日本人だけでなく世界で頻繁に起こっていた時代です。

f0070542_08045616.jpg
保存状態がとても良いのに驚きました。名前の所にあるシミは恐らく血液でないでしょうか。
f0070542_08050510.jpg
戦線に参加した後はこのようなバッジが配布されたのだと思います。従軍したのが大東亜戦争初期だったので、日本軍もまだこの様な配慮ができたときだったのかもしれません。
f0070542_08051199.jpg
祖父は二男です。長男の勉作さんも軍に招聘されていたので曽祖父の梅太郎はどの様な気持ちだったのでしょうか。この後、勉作さんは戦死しております。

f0070542_08051504.jpg
軍隊手帳には皇軍としての言葉が記載されております。状態から見ても祖父はあまり見ていた様子がないですね。
f0070542_08053393.jpg
手書きで従軍の期間の配属先など書いておりました。字が綺麗なことにちょっと驚きです。歴史に出てくる場所やマラリヤでの入院など生々しく様子が浮き上がってきます。兄弟の中でも私は比較的祖父とコミュニケーションを取っていたので断片的ですが戦争の話を聞かされておりました。今思えば、もっともっと色々と質問してみたかったです。



by yamato-aoki | 2019-05-25 07:04 | 日々の出来事 | Comments(0)
2019年 05月 15日

バランス

おかげさまで仕事を含む生活をしながら、日々多くの方と知り合えてたくさんの学びがあります。
一度や二度だけで無く何度もお会いするとその方の人柄や考え方、仕事ならばその会社の強みや弱み、スタンスなどもよくわかってきます。
業界活動では私も地域や全国など規模も様々な組織や団体に所属していて、団体によっては肩書きもあるので発言をするときには団体の目的や利害関係を考えながら話をします。青木工務店の代表として話す時は気楽ですが笑
業界活動では外部の団体や大企業などからも様々な接触があるのですが、たまに「??」な出来事があります。何でなのだろうと思いますが、だんだんとわかって参りました。

1.その組織の論理だけで動いている
代表者などは様々な情報を元に判断されてお話しされますが、その組織の窓口となる方にその力量がないため、その組織の論理だけが前のめりになって行動や言動になってしまっている。見え方見られ方は大事ですね。

2.単に、バカにされている
私も40歳半ばになりましたが、まだまだひよっこ扱い。工務店組織も所詮は小規模企業の集まり。バカにしてされていることぐらい気付いてますよ。

有り難い事に私も実務を多くしているので色々な事を直接見聞きします。一方で実際に起きている出来事や耳にする風評は大きな組織のトップには耳に入りにくいようです。判断せずありのままを報告する事は訓練が必要です。部門責任者サラリーマンならば尚更マイナスの事は自分の立場も危うくなるので言いにくいかも。トップは責任者裸の王様です。

私自身もバランスを保った言動が出来るように、ますます色々な方と会いつつ足元を固めながら前に進んでいきたいと思います!


by yamato-aoki | 2019-05-15 07:32 | 日々の出来事 | Comments(0)