人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:現場( 505 )


2009年 02月 17日

よみがえる家

昨日の午前中は都内の再生リフォーム現場に行ってまいりました。屋根と軸組みを残し、全て解体をしてから耐震・断熱リフォームを行います。図面が全く無い現場だったので想定に継ぐ想定で工事をスタートをしております。
小屋裏から除いただけでは見えない状況が次々と明るみになっております。築20年で、在来式の浴室の痛みやシロアリ被害など懸念されておりました。
f0070542_732469.jpg

特に痛みやすい土台から柱1M付近には、防水対策の鉄板が張られておりました。これがとても有効に働いていたようで、鉄板には水が廻って腐食をした後がありますが、土台や柱には被害が及ばずに済んでおりました。
f0070542_734265.jpg

この建物の構造の中心となる部分には鉄骨で梁が組まれておりました。
f0070542_736813.jpg

床下の乾燥状態も良く、じめじめした様子は全くありません。基礎の様子も良好でした。鉛直方向も下げ振りでも狂いはほとんど見られませんでした。
f0070542_736545.jpg

この建物の横揺れに対する耐力は筋交いに期待されております。しかしその設置状況が適切ではないところが多く見受けられました。筋交いは考慮せず、予定を変更して面材による補強へとシフトします。
この建物がまたよみがえると思うとわくわくします。ハリボテで表面だけを直した中古建物リフォームと差別化です。

by yamato-aoki | 2009-02-17 07:40 | 現場 | Comments(1)
2009年 02月 14日

暖かい日の地鎮祭

今日の天気は一体なんだったのでしょうか。最高気温は20度を軽く超えたようです。おかげで今日の午前中の地鎮祭はとても温かな陽気の中で行われました。
f0070542_17381153.jpg

御契約の時には私が所用で不在でしたので、お客様にお会いするのは今回初めてでした。現場には既にお客様御一家、お兄様御夫妻が式の準備をなされておりました。
ほどなく式典が開始。家の寿命に比べて、建築はほんのわずかな期間。そこに魂を入れて良い建物になっていく。工事中事故なく竣工を迎えられますように。作られる家が幸せの箱となり、また家も愛されますように。と願いながら榊をあげました。
f0070542_1742839.jpg

その後はお昼まで皆さんとゆっくりとお話しすることが出来ました。お弁当も御馳走になりありがとうございます。一生懸命頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします!

by yamato-aoki | 2009-02-14 17:43 | 現場 | Comments(3)
2009年 02月 12日

よろず

今週も多くの引き合いを頂いてありがとうございます。
家守りの外装・雨漏りメンテナンス工事から、高齢者返済特例を使用した耐震補強制度までどれも青木工務店でバッチリと対応ができます。家についてはよろず、何でも御相談ください。
今日の午前中は雨漏りをしている現場に行ってまいりました。これも他社さんで当時建築をされたもので、最近になって雨漏りをしていることに気付かれたようです。雨漏り発見の専門業者もわからなかったそうで(その間にその会社は無くなってしまったそうです)、縁があって青木工務店に問い合わせがありました。
散水試験を実施。プリント合板に水が浸みてくる様子が触感でわずかながら感じられます。やっぱりここだ!壊すぞ。
f0070542_17441951.jpg

手を突っ込めば指先に水が感じられる。その部分以上に水道は見られない。思いのほか被害は少なくてよかった。
f0070542_17452346.jpg

グラスウールをどかせたらご覧の通り。浸水部分も特定。
f0070542_1746622.jpg

原因が特定できたことに先ずは満足。家作りはきれいごとだけではなくて、汚れ仕事も含めて行うのです。早く直して安心してまた住めるようにしたいですね。

by yamato-aoki | 2009-02-12 17:48 | 現場 | Comments(0)
2009年 02月 09日

シーリングメンテナンス

土曜日は午後の上棟式参加前にはリフォーム現場の調査と新築工事現場廻りに行ってまいりました。
リフォーム現場は石井さんの設計で、別の工務店さんが建築した現場でした。とてもしっかりと作られておりますが、築13年目ということで外装のメンテナンス工事を中心とした工事になります。
サイディングは二種類使われておりました。たて張りのものに比べて、横張りのもののシーリング目地が激しく劣化をしておりました。
f0070542_8252538.jpg

一度きれいに除去した上で、3角シーリングとなっていないかも含めて点検する必要があります。
その後は大船方面に移動をして新築現場に行ってまいりました。今日は基礎コンクリートの打設です。90坪のとても大きな建物で、また基礎は1回のコンクリート打設となりますので合計30㎥以上になりました。
f0070542_830535.jpg

現場では設計者のKさんと現場担当の金子が打設に立ち会っておりました。とても良く打ち合わせが出来ているようで、とても良い雰囲気で安心です。
久しぶりに大型生コン車でしたので迫力がありました。

by yamato-aoki | 2009-02-09 08:33 | 現場 | Comments(0)
2009年 02月 08日

地域一番の建物に

昨日は都内の現場の上棟でした。とても順調に進んでいて私が現場に着いた三時過ぎには垂木もほぼ打ち終え、破風・野地の段取りをしている状態でした。
f0070542_9575393.jpg

今回の建物には梁に信州赤松、土台には富士ひのき、柱には農林水産大臣賞を取っている秋田スギを使いました。
f0070542_9593645.jpg

そういえば、どの材料も樹種の前に産地名がありますよね。
f0070542_9595334.jpg

しばらくして謎の男性が現れました。
f0070542_1022355.jpg

藤澤先生です。青木工務店がきちんと造っているのか査察に訪れました。
f0070542_102529.jpg

国の補助事業としての200年住宅です。広告宣伝をしなければなりません。
f0070542_1033489.jpg

新しく区画整理された地域でたくさんの住宅が建設中ですが、200年住宅を掲げているのはこの建物だけです。日本の家です。
大屋根の野地まで無事完了。自分で言うのもなんですが、青木工務店の大工は皆仲良く、チームワークは抜群です。
f0070542_8222296.jpg

こちらが施主様御夫妻です。大切に住んでまいりますという言葉は私たちにとっても本当にありがたいことです。家は買うのではなく、作るものです。改めてこの仕事は本当にいい仕事だなとしみじみ思いました。
リビングとなる2階にみんなで上がって乾杯をしました。お客様からお弁当などたくさんいただいて帰りました。ありがとうございます。仕上げにはお客様の手で拭きうるしで仕上げられます。これは本当に楽しみです。

by yamato-aoki | 2009-02-08 10:10 | 現場 | Comments(0)