人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 20日

一つの山の木の家

先行していたお客様の山の木の家が完成!前の日の夜は私を含め社員3名、クリーニング屋さん、塗装屋さんと遅くまで仕上げ工事をしていた。ご近所の皆さん、大変ご迷惑をおかけしました。建物各所を見ながら、作動点検、仕上がり点検をしていき、納得がいくまで手を入れる。出来る限りのことはしたい。やっぱりこの仕事は楽しいのだ。ほんとうは完成現場見学会を行いたかったのだが、皆さんに案内できなくて本当に残念!!
f0070542_14452276.jpg

玄関前。ネヅコのポーチ柱。束石は筑波石。磨くと黒くなる?まだ外構工事は続きます。
f0070542_14454678.jpg

玄関前は広い廊下と階段。家に帰ってきたーという感じ。階段の段板は樫の木。手前に見える玄関収納のカウンターも樫の木。樫の木はとても重く硬い木。刀の柄にも使われる。プーン。奥からは青森ヒバの香りが。
f0070542_1447318.jpg

先ずは風呂だー!毎日温泉気分。気持ちが良さそう。ただし、ここだけは青森の木。
f0070542_14475182.jpg

床の間のある客間。床の間には根木と那智石。日本の那智石です。あちらではおばちゃんが拾って多さを揃えて磨いているそう。とことん国産。
f0070542_144993.jpg

リビングからキッチンを見る。大きく曲がったヒノキの梁がとても良い雰囲気。構造材はもちろん、床も天井も全て同じ山の木。
f0070542_14495122.jpg

2階ホール。この角度で見ると、田舎の家という感じで落ち着きませんか。白い壁はやっぱり漆喰!
f0070542_1450228.jpg

大工作りの机とベッド。クローゼットの建具まで同じ山の木。
全く雰囲気が違う二つの現場。家の形が違うことは現場管理や施工で大変なスキルを要します。同じような家を作ることはコストの面でも管理でも有利。でも同じものばかりでは作っていて楽しくなくなってくる。青木工務店は基本をしっかりと作っておき、様々な意匠の木造住宅をつくってしまいます(それが自慢)。

by yamato-aoki | 2008-10-20 14:55 | Comments(1)
Commented by 石黒 哲朗 at 2008-10-22 09:48 x
さすがです。これぞ、本格的な木造住宅! 私もこんな家に住んでみたいです。


<< 感性を磨く      平行線が無い家 >>