人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 08日

環境タイヤ

工務店の車は、実にパンクが多い。故意ではないのだが、現場に転がっている金物を駐車する際に踏んでしまうのだ。現場の整理整頓、掃除の励行をしていてもいつどこでかはわからないが気付くとタイヤの空気が減っていることに気付く。
私の車もこの間パンクをして、つい最近新しいタイヤに替えた。間が空いていた理由は、希望するタイヤが品切れになっていたため(その間はスタッドレスタイヤでしのいでしまった)。横浜タイヤのDNAデシベルスーパーイースペックという長い名前のタイヤである。燃費性能を最優先したまさにプリウスの為に作られたタイヤ。その効果を試してみたかったのだ。
今までのDNAデシベルユーロでは、平均20から21キロ程度。今回このタイヤでは23キロほど走った。とても静かでスムーズ。オレンジオイルが発熱を抑え、転がり抵抗を減らすという(良くわからないが)。
何かにつけて実験したくなるのが貧乏性なのか凝り性なのか、生まれ持ったDNA。実は建築屋には大事だったりすると我ながら考えている。

by yamato-aoki | 2008-10-08 08:09 | Comments(0)


<< 日本人の快挙      情報のバトンタッチ >>