人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 04日

外部配管

昨日は台風はそれたが、お昼までは大雨。その中で外部の排水調査を行っていた。築100年の古い建物。施工は青木工務店ではないので外部配管がいつどのような形で行われていたのかは不明。
設備屋さんといっしょに外部のマスのふたを全部開けて一つ一つチェックをしていた。都内なので雨水と汚水が合流して排水されている。雨の中なのでちょろちょろと水は流れているが、内部の水道を空けると水量は増える。空けた後にきちんと流れているのかを確認する。
f0070542_7542994.jpg

心配していた建物周りについては問題はなさそうだ。そもそも配管が塩ビパイプになっているので当然新築当時のものではないのだ。ただ本下水まで続く部分は昔の陶器管のままなので心配である。実際に(汚い話だが)下のマスの辺りでトイレットペーパーらしきものが滞留しているのが確認された。ここ1年ほとんど使われていなかったので途中で固まってしまっていることも考えられるが、最悪は破損していることも考えられる。
またインバートマスと塩ビパイプの接続部にも陥没した後がいくつも見つかっている。排水が流れ込み、侵食してしまっていた。早く直さないと。

by yamato-aoki | 2008-06-04 07:56 | Comments(0)


<< 長森委員会 二回目      22時までの勉強会 >>