人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 15日

金の茶室造作工事竣工検査

黄金の茶室工事も大詰め。この日は発注もとの社長様以下担当者の方々の造作工事竣工検査、その後の工程である塗師の社長の検査となった。
f0070542_7523421.jpg

材料の種類、組立方法などを説明。この工程プロセスはNHKにて放送予定だそうです。
f0070542_7533282.jpg

組立式の格天井。大工の村木(息子)が造った。造作材はすべて尾州ヒノキの赤を仕様。
f0070542_7542397.jpg

残りは番匠木工の村木(父)の障子。これも尾州材。仕事となると目つきが変わる。
f0070542_7552381.jpg

建具屋は大工と違って繊細な細工。良質な材料でなければならない。
f0070542_756353.jpg

完成するとこのようになります。
親子での合作と言うドラマもつくれた。これを来週日光へともっていく予定。日光の塗師さんは東照宮の改修を長年一手に引き受けている大御所。漆を下地に12000枚の金箔を張り仕上げて完成。社長の話では、オリジナルの金の茶室を作った豊臣秀吉は金箔ではなく金を薄く叩き伸ばしたもので茶室を造ったそうだ。そりゃ、当時の技術ならそれほど薄くは出来ないだろう。社長はこうも表現していた。タヌキの金○○たたみ8帖。

by yamato-aoki | 2007-12-15 08:01 | Comments(0)


<< 新築祝い      7Mの杉柱 >>