人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 12日

イチョウの木

昨日は終日外出。イチョウの木の落葉がすごい。もうすっかり冬なのだな。イチョウの葉は燃えにくい。昔から社寺の境内にイチョウが植えられていたのは延焼を逃れるためだったという。落ち葉バンクという落ち葉を集めて腐葉土にして返すという試みをしている自治体もあるが、イチョウの葉っぱは入れないようにと注意書きがあった。
相模原市の新築工事に伴う擁壁工事の打合せで現場へ。お客様がしっかりと境界を示していただいたので話が早い。高さ、工事内容を職方と打ち合わせ。こちらが気づかない部分はないかも聞き出す。
その後青葉台の新築に伴う解体の打合せで現場へ。御近所の方も見えられたのでご挨拶。前面道路が広く、環境の良い住宅街。多くの家が建替えになっていた。この現場では長い梁をたくさん使うので、道路付きも良く振り回すには全く問題ない。解体屋さんの営業は新人さんらしい。ポイントを絞って要望説明。
その後外装工事中の現場へ。浸水による腐食、白蟻の被害がひどい。青木工務店での工事ではなかったが、廻りまわってお話があったのだ。長い期間雨漏りをしているとこうなってしまう。原因は比較的わかりやすいところであったので二度とこうならないように、そして今後も安心して住まえるようにしっかりと直そう。改修方針、予算を現場でお客様へ説明。その後直ぐに外の大工に指示。
午後からは保証機構でのPC上での現場管理ソフト開発の打合せ。パイロット版をもとに多くの工務店経営者から意見を聞く形だ。それぞれが全国のプロフェッショナル。様々な意見が飛び交った。現場監督に使いやすく、それでいて形骸化しないように、漏れがないようにチェックできるもの。私たちの手で本当に使えるものを作るのだ。

by yamato-aoki | 2007-12-12 08:06 | Comments(0)


<< 夜のミーティング      綾瀬市内で完成見学会 >>