人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 09日

適合認定資格者

 息子の出産で祝杯でも、、と思うが酒が飲めないのでひとり自宅でジンジャーエールを開ける。今は静かな部屋がやがて賑やかになるのかと思わず笑ってしまった。
 余韻に浸りたいが仕事の量は増えている。日曜から妻が入院し、昨日から総務の斉藤が休みになり、経理仕事もある程度しなければならない。なれない作業もあり朝から時間がかかってしまった。
 午後から住宅金融公庫主催の適合認定技術者講習に参加。内容は、中古住宅にフラット35(長期固定型住宅ローン)の融資に適合した建物であるかを判定する資格である。来年に住宅金融公庫は独立行政法人となり、今年からこの資格も適合認定資格者と名称が変わった。今回で私は2回目の更新となる。
 今までの講習とは違い、説明した公庫職員の気合が入っていた。寝ている人には帰ってくれ等注意をしていた(そもそも学校とは違うのでこの注意の仕方もどうかとは思ったが)。テキストに沿って全て説明をしていたので、駆け足でわかりにくいものであったが、何度か認定依頼があり実務をしていたので言いたいことはわかる。今公庫職員は危機意識があってその気迫が伝わってきた。参加者に何度も独立行政法人になること(少し女々しい)、この制度の利用を促進するようお願いの言葉が何度も発せられていた。
 帰社後仕事を済ませ、母を乗せ夜病院へ。子供の顔を眺めて安心し、妻の顔をのぞいて帰る。携帯の待ち受けの画面を大輔に換え、昨日撮った写真を皆に配りとやっぱり少し高揚している。

by yamato-aoki | 2006-08-09 08:52 | Comments(0)


<< 台風の影響は      大輔生誕 >>