大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 03日

香港マカオ視察③

f0070542_17580144.jpg
2日目は香港から高速船に乗り、マカオへ。違う国になるのでパスポートが必要になります。この日は中国の「中秋節」という休日なので観光客はとても多かったです。マカオはギャンブルのイメージが強いと思いますが、世界遺産の建造物も大きくあります。こちらはマカオ観光ガイドの写真でも多く見かける聖ポール天主堂跡です。
f0070542_17580747.jpg
実は建物のファサードだけ残しているので裏側は鉄骨などで補強されています。舞台のセットみたいです。
f0070542_17581289.jpg
マカオで最も古い教会である聖アントニオ教会です。シンプルな外観は返って時代感を感じないですね。
f0070542_17581817.jpg
厳かな雰囲気はキリスト教徒でなくても心が引き締まります。
f0070542_17582345.jpg
きつい坂を登って少し高台に出るとギア要塞に出ました。他国からの侵略から守る為に作られたそうです。大砲が要塞から見えます。
f0070542_17591958.jpg
ギア要塞からはマカオの街は海まで見渡せました。今は街の高い建物が見えます。ちょっとセンスが悪い建物は次回のブログで触れます。
f0070542_17592500.jpg
マカオ一美しいとされる外観の聖ドミニコ教会です。独特の模様を描く広場のタイルも世界遺産です。
f0070542_17593122.jpg
バロック様式の明るい雰囲気の教会でした。
f0070542_17593695.jpg
教会の中は4階まで登ることができます。中は数多くの教会の備品や装飾品の展示がされておりました。
f0070542_17594023.jpg
最上階は木造の小屋組を見ることができました。
f0070542_18011078.jpg
こちらはマカオで最も重要なカトリック教会である大堂です。シックで重厚な建物でした。
f0070542_18011556.jpg
こちらはマカオ旧街のメインスポットであるセナド広場です。ヨーロッパに来たみたいです。
f0070542_18012090.jpg
セナド広場の真向かいにあるリアル・セナド。こちらは政府機関の建物として建てられました。腰壁のタイルが素敵です。
f0070542_18013591.jpg
コペンハーゲンの茶器のような美しいタイル柄は建物の部位や部屋によって違いますが、色合いはどれもこの青色でした。
f0070542_18024431.jpg
こちらは基本構造が木造の聖オーガスティン教会です。教会は430年前に建てられましたが、今の建物は築145年程度とのこと。とはいえ木造も長期耐用をしっかりと果たすことが証明されますね。
f0070542_18024713.jpg
木造なので温かみを感じるのは私だけではないですよね。
f0070542_18025254.jpg
こちらはとある有名人物に関係する修道院です。ほかの教会と違って門がありました。
f0070542_18025603.jpg
門をくぐると階段があり、登り切って見えてきたのは聖ヨセフ修道院の建物です。
f0070542_18030070.jpg
今回廻った教会の中で1番装飾が凝っている建物でした。
f0070542_18033414.jpg
とある有名人物は、日本の戦国時代にキリスト教を布教したフランシスコ・ザビエルです。彼の右腕が教会に納められています。
f0070542_18033865.jpg
赤い部分の中心にあるのがザビエルの骨です。かなり太いですね。


by yamato-aoki | 2018-10-03 07:04 | イベント | Comments(0)


<< 住まいのコンシェルジュ 第789回目      香港マカオ視察② >>