人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 25日

A邸基本プラン

先週お打ち合わせをしたA邸の模型を紹介します。
下見に行ったときに、隣地・真南の建物が存在感を感じました。しかし西側は下屋になっているので視線が抜けると感じました。東側隣地のお庭はよい借景になると思いました。
敷地の中では南西の場所が一番気持ちの良さそうな場所になると思いました。
f0070542_817052.jpg

そこで、車を東側に並べて建物から意識をさせなくし、南西に向けて開くプランを展開しました。飛び出した下屋は東側の借景も取り入れつつ、親世帯のプライバシーを確保することも狙っております。
バルコニーの袖壁は深い軒の出を確保しつつ、積極的な自然風を取り入れるウィンドキャッチ効果も狙います。
f0070542_817946.jpg

いやな西日は庇からのすだれで夏期は対応します。規則正しく並んだ窓は、西面が周囲から目立つことも意識しました。北面のサイドトップライトはウィンドキャッチで室内に入った自然風を階段吹き抜けから上部へ抜けるような意識をしております。正に自立循環型住宅のパッシブ要素満載です。

by yamato-aoki | 2012-07-25 08:14 | 現場 | Comments(0)


<< 住まいのコンシェルジュ第151回目      電通さんにJBNも応援 >>