人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 26日

職人としての第一歩

2年間続けておりました、横浜日建工科専門学校の大工希望学科「建築ものづくり学科」の実技の授業が昨日で最後となりました。
f0070542_13365964.jpg

4月からコツコツと造ってきた実習用の建物を前に、記念撮影です。
どんな仕事でもそうなのかもしれませんが、特に大工は好きでなければできないと思います。この2年間の実習では、木に触れる楽しさを通じて、刃物や電動工具を扱う危険、作業環境の危険も一通り体感できたのではないでしょうか。そして背景にある木材流通の現実についても触れることが出来ました。仕事の本質や背景にある事情の厚みを知ることで、さらに大工仕事に興味を持ってもらえたならば、最大の目的は果たせたのだと思います。
f0070542_1342239.jpg

残念ながら彼ら1期が最初で最後の学科となってしまいましたが、4月以降本格的に職人の道に入っていく彼らに影ながらエールを送ります。
実はかつて教員にも憧れた時期もあり、疑似体験もさせてもらいました。思いかけず彼らから最後にお礼ということでプレゼントをもらったことも、また良い思い出になりました。どうか世の中の役に立つ大工さんになってくださいね。

by yamato-aoki | 2012-01-26 13:46 | 業界活動 | Comments(0)


<< 木造が熱い!      住まいのコンシェルジュ 第99回目 >>