人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 07日

忘れてはならない日

やっと夏らしい気温となりました。暑いですが、夏は夏らしく暑くないとだめですね。
8月6日は広島原爆投下の日。日本人にとっては風化してはならない特別な日です。時間が経つにつれ都合の良い様々な解釈が出ますが、その時、その後、現在も起こった事は事実としてしっかりと記録・記憶していかなければなりません。
ところで、社内では連休に入るまでのバタバタガ続いております。お盆休みは職人が休みに入るだけではなく、物流もストップしてしまいます。早め早めの段取りは欠かせません。休み明けにスムーズなスタートダッシュを切る為にもしっかりと準備をしましょう。
しかし、今朝は住宅街の現場で朝5時に荷物を下ろした物流の大馬鹿者がおりました。全く信じられない非常識です。自分の都合だけを押し付けて行動しているのでしょう。絶対に許せません。抜本的な再発防止を確実にお願いします。
話は変わり、今日は息子の3歳の誕生日です。知ってか知らずか、今朝も元気です。

by yamato-aoki | 2009-08-07 08:09 | 日常業務 | Comments(1)
Commented by 石黒 哲朗 at 2009-08-07 10:32 x
ご長男(?)のお誕生日おめでとうございます。
今が一番可愛いかもしれませんね。

広島の原爆資料館には行った事があります。
あれはオバマさんにも是非見て頂きたいと思います。
いくら戦争でもやってはいけない事がある事を知ってもらいたいです。

ところで、広島の原爆はドイツ製だったのをご存知でしょうか?
もともとアメリカで開発していたのは、長崎に投下したプルトニューム爆弾です。
アメリカは広島型原爆を開発していなかったし、作っても居なかったのです。

どうやら、ナチスが完成したウラン型原爆をアメリカが手に入れ、自分たちが作ったプルとニューム型原爆とどちらが優秀かを実験したらしいのです。

原爆を投下しなければ戦争が終わらないから投下したのではなく、戦争が終わりそうだから投下したのです。
もっと、日本人は怒らねばなりません。


<< お盆休みに入ります      「頭の中での」竣工 >>