人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 04日

2日目 重川材木店見学

2日目は重川材木店さんの見学です。新潟市内の本社ではなく、加茂川のモデルハウス・分譲地、昨年購入した県産材用の製材工場に行ってまいりました。
賀茂の駅前は、正直寂れてました。でも賀茂といえば建具や家具で有名ですよね。
f0070542_9194270.jpg

青海の杜 むすびのタウンと称して全15区画を建築条件付で分譲販売するそうです。2件の特徴的なモデルハウスが最近完成しておりました。
f0070542_9245089.jpg

一件目は和風住宅です。既にお客様が付いているそうです。傷つけないように丁寧に見ないと。
f0070542_9243686.jpg

本格的な和室です。全て越後杉だそうです。化粧は柱は秋田の様に芯去りで柾目に使用しておりました。
f0070542_9264028.jpg

重川さんの建物で特徴的なディティールがこれでした。障子戸用の戸袋です。
f0070542_9272226.jpg

重川社長の自宅で使っていたディティールが社内のディティールになったそうです。面白いですね。
f0070542_92892.jpg

浴室の石は十和田石です。水に濡れると綺麗な緑になりそうです。蛇口をひねりたかったのですが止めておきました。
f0070542_9291080.jpg

すっきりとした1階と比較して、小屋組みが見える2階寝室です。
f0070542_929458.jpg

もう一棟はやや若者向けだそうです。白い壁、灰色の木外壁。かながわ200年の家と同じだ。
f0070542_9305025.jpg

木のぬくもりの中にあくまですっきりとしたディティールでまとめてます。
f0070542_9313326.jpg

2階の低い勾配屋根は寝そべったら気持ちよいだろうな。本当に参考になりました。ありがとうございます。
f0070542_9323018.jpg

場所を変えて、県産材の製材工場へ。原木の加工から製材、乾燥、仕上げまで一貫して行っております。理想的ですね。羨ましい。
f0070542_9334982.jpg

昼間は端材を燃料にして乾燥炉を動かしているそうです。木は無駄なところが有りません。
f0070542_9345066.jpg

右が構造材用の高温乾燥炉、左が造作材用の中低温乾燥炉。フル回転で動いていました。
f0070542_9353074.jpg

立地が農村地帯ということもあり、田植え教室も始められたそうです。おにぎりはガラスの向こうにある田んぼの昨年の収穫物だそうです。おいしかったことは言うまでもありません。

by yamato-aoki | 2009-08-04 09:36 | イベント | Comments(0)


<< 「頭の中での」竣工      次世代委員会in新潟 >>