人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 26日

泉区の長期優良住宅上棟

昨日は前日までの雨がおさまって晴れ間も除き、無事上棟することが出来ました。こちらの現場は長期優良住宅の先導モデルとなりますので、国からの補助金を付ける事が出来ました。また横浜市より長期優良住宅の適合認定もあるため、各種減税を受けることが出来ます。
f0070542_2238249.jpg

現場にはしっかりと看板を掲げ、長期優良住宅であることをアピールします。
そういうことも大事ですが、何よりもお客様の笑顔が本当に嬉しい日となりました。思い描いていたような家が出来そうと期待を膨らませていらっしゃいました。ご期待にこたえるべく、しっかりと作り上げていきましょう。
f0070542_22404093.jpg

今回は梁に地松を使用しております。これはリビング上の吹き抜けに架かる化粧梁となります。とても綺麗ですね。
f0070542_22424739.jpg

先週の上棟現場と同じで、今回もZマークの梁受け金物を使用しました。そして初めてプレカットで対応してもらいました。マルダイさんは今後バンバン対応してくれますよ。
f0070542_2244567.jpg

通し柱部分は断面欠損を抑えるために使用、化粧梁は見た目のすっきりさも重要視します。
f0070542_2246257.jpg

上から見るとこういった感じです。何度も書きますが、Zマークの梁受け金物はまだこれしかありません。多くの無垢の木材に対応します。
f0070542_22471226.jpg

剛床に使用する構造用合板も国産材です。今はこういった判子をつけているのですね。野地の構造用合板も同じようになっておりました。
来月中には現場見学会を行なう予定です。是非ご参加ください!

by yamato-aoki | 2009-07-26 22:49 | 現場 | Comments(1)
Commented by 石黒 哲朗 at 2009-07-27 10:11 x
お金を掛けてしっかりした家を作るか、安いコストで30年確実に住める家を作るか、難しい選択だと思います。

ところで今、ローンを払うのも大変みたいですね。
事実、私の友人は会社の給料が減らされ、その結果ローンが払えなくなりました。
今も、新築間もないその家は売りに出されていますが、売れません。
このままでは銀行に取られてしまうでしょう。

国はエコカーで補助金を出すみたいに、『良い家』には補助金を出すといいと思います。
そうすれば、今の建設不況も少しましになるかもしれません。

家のコストを下げ、構造的にも丈夫にし、環境にも優しい家は作れます。
その為には科学的知識を持った大工から養成しなければいけません。


<< 平成21年度木造建築士学科試験      住宅履歴情報 >>