人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 24日

鍵を預かっているということ

青木工務店では新築工事以外にも多くのリフォーム工事を手がけております。新築工事では最新の技術やデザインを計画的に設計して実施できますが、リフォームではそうは行きません。経験に基づいた想定と、実際に手がけてから判明する部分を上手に軌道修正して確実な施工へもって行きます。
一方でそういった管理レベルの難易度が突発的に変わるという傾向に対し、工事規模から専属に管理者を置く事が出来ないということが難しいところです。
青木工務店としての優位点があります。身内である大工が管理者に変わってしっかりと見ていること。取り付け大工ではない、手加工に慣れた大工が現場の状況にあわせて対応が出来ること。作業場があり、下加工にしっかりと対応できること。状況によっては応援の仲間の大工が直ぐに集まること。在庫をしている無垢の建材が材料不足に直ぐに対応できること。取引の長い専門業者が密な連絡で対応すること。
リフォーム工事には、場合によって鍵をお預かりする状況もあります。他人に鍵を託すということを、私たちは重く受け止め、誠実に対応することを忘れてはいけません。「この方がお互い楽ですよね」という考え方では絶対にいけません。

by yamato-aoki | 2009-07-24 07:55 | 現場 | Comments(0)


<< 住宅履歴情報      なぜ晴れぬ >>