人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 21日

光を求めて

昨日は大和市内の新築現場のお引渡しでした。御家族の表情がとても明るく、私も担当の山田・斉藤もとても嬉しい気持ちです。自信を持ってお渡しすることが出来ました。
建て替えでしたので、お打ち合わせは今までの御自宅で行っておりました。南面に建物が迫っており、昼間でも必ず電気が必要なリビング。台所も薄暗く、やはり電気が必要でした。北側は広い道路に面しており、洗面は明るかったのですが、和室は樹木にさえぎられておりました。
「明るくしたい」ということが一番の御希望で、さらに将来の二世帯化、省エネなどなどを盛り込んで行きました。当初「出来たように住むからいいわよ」とおっしゃっていた奥様もだんだんと意見をおっしゃっていただけるようになって、「東面を向きながら炊事がしたい」。なるほど、東面には公園の緑が借景として広がります。桜の季節はそれは見事な景色でした。
f0070542_7592288.jpg

従来の建物より4尺(約1.2M)奥行きを縮め、少しでも日の光が入る範囲を広げました。その分建物が小さくなるので廊下を廃して隅々まで光が行き届くようにしました。また、あまりやらないのですが、直射日光が入らないこともあり南面にもトップライトを設置しました。
f0070542_80527.jpg

リビングから直接上がる階段吹き抜けには北面に大きな窓とトップライト。北側からリビングへのライトボックスです。以上の相乗効果で日中は照明が無くても明るさが確保できました。
吹き抜けさせると心配なのは暖房・冷房効果です。それを補うのは断熱気密技術だと考えます。
f0070542_832632.jpg

2階には大きく屋根の被ったバルコニー。雨も安心物干しですが、室内が暗くならないように、
f0070542_84523.jpg

ガラス瓦を使ってみました。もちろん瓦はガイドライン工法で震度7にも耐えます。
f0070542_845739.jpg

開放的な洗面です。周辺の木部はグラノールを施工しました。水はねに効果あり。
f0070542_854598.jpg

とても節約上手な奥様は二層式洗濯機を愛用。実は最新の全自動より節水で、汚れ落ちも良いのだとか。しかし水栓がオートストップのものでは取り付けることが出来ないので、今までの水栓を再利用。洗濯機が壊れたらさすがに全自動しか売っていないのでその時に水栓を変えることにしました。

by yamato-aoki | 2009-05-21 08:08 | 現場 | Comments(1)
Commented by 石黒 哲朗 at 2009-05-21 15:57 x
工夫のあとが随所に見られます。シンプルでよくまとまった感じですね。


<< 感染予防      外回り >>