大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 24日

浜松のサン工房さんへ

22日の日は浜松のサン工房さんにてJBN次世代委員会で行ってまいりました。サン工房さんは設計者としてキャリアをスタート。それから実際の施工までを手がけ、「設計事務所の作る家」として地域では抜群の認知度を誇る会社です。また、社長の松井さんはデータが大好きであらゆる手法で研究を続けている人です。青木工務店としても今後はより設計力を磨きたいと思い私も食い入るように見てまいりました。
と、その前に静岡に言ったら「さわやか」でハンバーグでしょう。一緒に車で来た山田さんと鈴木さんを有無も言わさず連れて行ってしまいました。
f0070542_12101027.jpg

サン工房さんの拠点は二つ。「ギャラリー」と「アトリエ」。先ずはギャラリーにて座学。
f0070542_12111737.jpg

あえて松井さんは話さないように(とはいえ黙ってはいられない)、社員さんの中でもリーダー格の方がそれぞれ設計や折衝、施工、その他会社の仕組みまで教えていただきました。次世代委員会では単なる現場見学ではなく、それぞれの会社の持つノウハウも同じ立場の持つ者達として赤裸々に話し合います。
f0070542_1212243.jpg

その後現場へ。これは火打ち部分の納め方。あえてボルトを使わない。化粧で見えるのかと思ったら隠れてしまうそうです。見えないところにも気遣いがちりばめられています。
f0070542_12153419.jpg

これをモデルで上から見るとこうなってます。
f0070542_12162658.jpg

その他数件竣工後経年を経た建物も見て廻りました。そして最後に「アトリエ」へ。見せ方見られ方について徹底的に鍛え上げていることがわかります。そして社員の方々が皆自信を持って業務にあたっている様子が印象的でした。
その後は打ち上げ。もう、ぐでんぐでんにメタメタになる会にしようね。
f0070542_12172967.jpg

本当に強い刺激を受けました。青木工務店ではまだまだやることいっぱいです。

by yamato-aoki | 2009-01-24 12:20 | Comments(0)


<< トラックの壁      震災建築物応急危険度判定士  >>