人気ブログランキング |

大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 13日

ハクビシン

12日月曜日は船橋の光明寺さんに行ってきました。暮れの挨拶に行くことができなかったので、明けの御挨拶です。庫裡の建物の材料も3年もの間にだいぶ色づいて落ち着いておりました。
本堂では再びハクビシンが入り込んでいるようでした。昨年罠を仕掛け、また糞尿で傷んだ部分の天井張替えを行いましたが、同じところがまた痛んでしまっておりました。お気に入りの場所というわけでしょうか。大きな隙間は既に塞いでます。わずかな隙間でも入ってしまうということでしょう。ハクビシンは繁殖力の強い動物なので、街中でもかまわず増え続け被害は増え続けているようです。
そのほか針葉樹を好んで食べるキクイムシなどの被害も進んでおり、新たに天井を作り直すことも検討されております。本堂はもう直ぐ築300年。200年を超えるとこうなるのだとこれまたリアルに感じました。幸い、真壁工法は目視で構造の様子がわかります。
住職夫妻からありがたいお話をうかがうことができ、また仕事をいただいてしまうという私にとって本当に都合の良い日となってしまいました。ところで余計は事を言っていた板金屋さんには注意をしておかないと。本当に年寄は若い人の気持ちをわかっていない。

by yamato-aoki | 2009-01-13 08:07 | Comments(0)


<< 介護保険の住宅改修      礼拝を通じて >>