大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 27日

八ヶ岳秘密基地

f0070542_08493239.jpg
日曜日は午後から八ヶ岳方面でも長野県入り。富士見町にある、桜設計集団さんの「秘密基地」で行われた勉強会に参加いたしました。桜設計集団を主宰している安井さんは防耐火の第一人者で、私もこれまで多くの講演を聴講しました。また、JBN防耐火委員会でも大変お世話になっております。
最近力を入れている、焼杉の板が秘密基地に張られております。
f0070542_08500043.jpg
秘密基地は様々なアイディアの宝庫です。まずは太陽熱給湯。太陽のエネルギー効率は熱として利用することが一番良いのはプロならば良く知るところです。
f0070542_08502047.jpg
また、電気についてはオフグリッド(=電力会社と電気供給契約を結ばず自家発電で賄っている)となっております。
太陽光パネルを野外に設置。
f0070542_08504118.jpg
半地下倉庫には蓄電池を備えております。最大出力は40Aで一般的な使用ならば数日は大丈夫とのことです。
海外の製品を組み合わせているのでシステム総コストも200万円以内で収まっているそうです。

f0070542_08511325.jpg
こちらが焼き杉の外壁です。家事の後みたい、と思う方もいるので好き嫌いはあるでしょう。耐久性や対候性などの研究も進めているようです。

f0070542_08515149.jpg
バーナーで炙れば焼き杉は作れますが、製造工程もエコで考えたいものです。今回は安井さんが焼き杉の制作実演をしてくださいました。

f0070542_08520622.jpg
縄で三角に組みます。
f0070542_08522779.jpg
それをレンガを敷いた上に立てて、荒く丸めた新聞紙を3枚入れます。レンガは下から新鮮空気を供給できるように地上から隙間を取るためです。
ところで、さすが「燃やし系」の安井さん。スニーカーが赤い!

f0070542_08525520.jpg
しばらくするとモクモクと煙が立ち、
f0070542_08532277.jpg
1分ほどで杉板のトンネル内で煙突効果が表れて炎が先から出てきます。

f0070542_08533908.jpg
板が重なる表面部分も焼きムラが出ないように、隙間を少し開けて火を通します。
中では煙突効果で焼かれて高温になっても、外は素手で触れ温度しかならないのが木材の特徴です。輻射熱を遮ぎっているのです。

f0070542_08535501.jpg
3分ほどでこの通りきれいな焼き杉の完成です。板の側面あとでバーナーで炙ることになります。
f0070542_08542669.jpg
防耐火に関する建築の実践と、この秘密基地、木材の特性など幅広い知識が学べました。参加者の皆さんも面識のある方が多かったので、別に色々と情報交換の場にもなりました。安井さん、ありがとうございました!


# by yamato-aoki | 2017-09-27 07:38 | 日々の出来事 | Comments(0)
2017年 09月 26日

日野春アルプ美術館

f0070542_18082918.jpg
土曜日の夜に山梨県に移動しホテルに宿泊、日曜日は朝から八ヶ岳方面に行っておりました。
来年ご自宅の新築工事を行う旭区のN様がこちらで個展を行っているので、見学させていただきました。日野春という場所は私も初めて訪れましたが、自然が豊かでとても良い場所です。天気予報よりも天気が良くなったので、とても清々しい気持ちです。
f0070542_18091323.jpg
枕木を敷き詰めた木道を歩いていくと、美術館の建物が見えてまいります。築20年を超えていますが、外壁の板も良い感じに味わいが出ていて、周囲の雰囲気に溶け込んでおります。素敵な建物ですね。
f0070542_18135589.jpg
水彩画を中心に、山の絵を描かれております。雑誌の挿絵なども多く使われているので自然と目にする機会があったかもしれません。
関東だけでなく関東以北の山を中心に多くの登山経験を有するNさん。山の事を話すと本当に深い知識で圧倒されます。山の恵みの有難さをもっとも良く知っている方です。私たちも木造建築を通じて木を木材として有難く使わせてもらっていることを生業としていますので多くの共通認識を持つことができます。
美術館の建物にも新築工事で採用したい材料やディティールなど見つかりました。しっかりと反映していきたいと思います。



# by yamato-aoki | 2017-09-26 07:07 | プライベート | Comments(0)
2017年 09月 25日

住まいのコンシェルジュ 第683回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「土地選び①」についてお話いたします。遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回も引き続き「土地選び②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!


# by yamato-aoki | 2017-09-25 07:10 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 09月 24日

石倉棟梁の結婚式

f0070542_09040099.jpg
昨日は石倉棟梁の結婚披露宴にお招きいただきました。結婚どころか彼女を作ることもいつになるのかヤキモキしておりましたが、素敵な女性をしっかりと捕まえられて、私もうれしいです。安心して見ていられる素敵なご夫妻の誕生です。
それにしても、帽子を被る新郎を始めてみました笑。頭の毛を気にしているのかな。
f0070542_09040490.jpg
青木工務店からも会長をはじめ、社員、大工と多くのご招待をいただきました。廻りに仲間の多い石倉くんらしく、友人関係も多方面からお祝いに駆けつけておりました。
私はトップバッター、主賓としての挨拶で真面目にお話をしました。大工という仕事の今の立ち位置と一般的な認識のずれはとても大きいと普段から感じております。今後もますます切望される大工の中でも、工法や材料の扱いなど青木工務店の仕事の中で培ったノウハウはどこに行っても通用するものと私も親方も太鼓判です。
f0070542_09040967.jpg
食べたり飲んだりが大好きな新郎新婦らしい、おもてなし。色々と美味しくいただきました。

f0070542_09041301.jpg
意匠変えのあとも帽子を被っていました笑笑。余興なども楽しく笑顔の披露宴です。
f0070542_09041775.jpg
新婦からご両親への手紙は私もうるっつときました。娘を持つ父親なので私の気持ちはお父さん側にありました。
素敵な披露宴にお招きいただきありがとうございました。これからもお互いに尊敬、尊重しあい、それを言葉に表して良い家庭を築いていって欲しいと思います!



# by yamato-aoki | 2017-09-24 07:28 | イベント | Comments(0)
2017年 09月 23日

第1回関西住宅・都市イノベーション総合展

f0070542_17283545.jpg
昨日は日帰り大阪出張でした。水曜日から3日間行われた住宅都市イノベーション総合展の専門セミナーの講師を担当しました。専門セミナーは全部で30。そのうち6つをJBN全国工務店協会の各委員長などが担当しました。
f0070542_17285877.jpg
私は国産材委員会内の中大規模木造WGの主査としての講演です。参加者はすくなかったのですが、ここは少し笑って欲しいなと思う所で反応があったので私は満足しました!
f0070542_17300981.jpg
天気予報よりも天候が悪化したのですが、最終日という事もあって多くの来場者がありました。住宅業界は今年は関東よりも関西以西の方が景気が良いとききましたがそんな気もしてしまいます。
f0070542_17322337.jpg
建築家との相談コーナーというのもありました。イメージ的にはプライドの高そうな建築家ですが、今はだいぶ変わったのかもしれませんね。占いの様に沢山並んでいるのを見ていると何だかそう感じました。ブースの全体の様子がわからなかったので仕方がないのでしょうが、各建築家の掲示がごちゃごちゃしていて見ながら歩いていても見難かったのは残念です。
f0070542_17344528.jpg
その中でも目を引いたのはこちら。この方はテレビ番組に7回も出演されているそうです。凄い!
こちらの展示会は12月にまた東京ビックサイトで開催されます。大阪が始まる前から既に同じ趣旨での講演オファーがありました汗


# by yamato-aoki | 2017-09-23 07:27 | 業界活動 | Comments(0)
2017年 09月 22日

JBN次世代の会、厚生労働省

f0070542_17064344.jpg
水曜日は月に一回のJBN次世代の会を都内で行いました。JBN全国大会の分科会のテーマの内容であるZEHについて会の皆さんの思いをそれぞれ話していただくなど地域ごとの考えがまとまってきました。そうした深いディスカッションを行なった後、メインの厚生労働省との意見交換を行いました。

f0070542_17240375.jpg

まずはご用意いただいた資料で厚生労働省の方からレクチャー。建設業界を取り巻く状況から働き方改革についてお話しを伺いました。労働人口がますます減る中で、他の業界よりも建設業界の労働力確保はますます厳しさを増しています、、、。先んじて色々と体制を整えれば、同業との受注競争力は低下します。とはいって先送りしても業界全体が沈下していくことになります。
f0070542_17065022.jpg
続いて、意見交換です。厚生労働省さんとは普段接点が無い中で聞きたかったこと、悩んでいることなど色々と意見が出ました。
建てるだけではない、企業としての高い理念が意識させられる本当に有難い、良い機会となりました。坂根部長、吉野室長、お忙しいところありがとうございました!



# by yamato-aoki | 2017-09-22 07:05 | 業界活動 | Comments(0)
2017年 09月 21日

住まいのコンシェルジュ 第682回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「地域型住宅グリーン化事業②」についてお話いたします。遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は新しいテーマ「土地選び①」についてお話いたします。次回もお楽しみに!


# by yamato-aoki | 2017-09-21 07:22 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 09月 20日

チョコレートケーキ

f0070542_17511872.jpg
今日はコーヒーブレイク的な内容です。季節の変わり目なのか、それとも歳なのか、最近は疲れが取れにくく甘いもので回復しようと週末は考えておりました。私はお酒が呑めないのですっかりと甘党なのですが、スイーツの王様といえばケーキですよね。ケーキの中でもチョコレートケーキは王道です。
このチョコレートケーキは私の中で長らくランキング1位だった、緑園都市にあるラ・ベルデュールの「ベルデュール」というケーキです。この辺りでは有名店でとても大きなケーキ屋さんです。そしてこのケーキはお店の名前を冠するだけあって、とっても美味しいケーキです。何層にも重なった手の込んだ仕事、甘すぎずちょうどよい味、どこまでも滑らかな食感、隠れていい仕事をするオレンジピール。一番下の「ザクッ」とするフレークの食感も素晴らしいの一言。家に帰った後に冷蔵庫でしっかりと冷やした方がおすすめです。

f0070542_17515660.jpg
予約注文でホールも用意してくれます。これはかつてお誕生日に依頼したものです。ああ、贅沢です。
意外にも形は四角から丸になりましたが、もちろん中は「ベルデュール」でした!
f0070542_17515997.jpg
「ベルデュール」を抜いてランキング1位となったのが、リッツカールトン東京の「リッツカールトンケーキ」です。
カット品は1カット1000円という価格。この写真はネットから拝借したのですが、これで1本いくらなのでしょう?
友人の誕生日で、別の友人がプレゼントをしたのものを食べさせていただきました(本人や廻りはお酒に酔っていたので甘いものを食べる状況でなく、私がしっかりといただきました)。
週末に久しぶりにプチ贅沢をしたくて、先日都内の打ち合わせで六本木足を延ばしリッツカールトン東京まで行ったのですが、残念ながら売り切れていました、、、。
f0070542_17520367.jpg
番外編で、これはグラマシーニューヨークのホールのチョコレートケーキです。見た目は華やかでしたが、食べづらかったです。
確かにおいしいのですが、先の2つのケーキと比較すると大分落ちるかな、、、。でも不思議なのですが、買った当日食べた時よりも、翌日の方がおいしかったのです!味が馴染んだというか、洋酒の風味が邪魔していたのがうまく溶け込んだというか、、、。カレーのようですね。


# by yamato-aoki | 2017-09-20 07:47 | プライベート | Comments(0)
2017年 09月 18日

住まいのコンシェルジュ 第681回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「H29年度地域型住宅グリーン化事業①」についてお話いたします。遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回も引き続き「H29年度地域型住宅グリーン化事業②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!


# by yamato-aoki | 2017-09-18 07:21 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 09月 16日

緑区T邸耐震改修基礎補強

f0070542_14423921.jpg
緑区T邸耐震改修基礎補強工事は解体業者さんが手壊しによるスケルトン解体(構造躯体飲み残す解体)が終了し、基礎補強工事と外壁等の雨仕舞工事を進めております。
f0070542_14432170.jpg
在来工法で造られていた浴室は土台と柱の腐食が激しく全て撤去となりました。残った土台の小口の痛みが長年の年月を物語ります。幸いにシロアリの被害はなかったので良かったです。
ちなみにT邸の土台はもともと青森ヒバが使われておりました。青森ヒバは日本の木材では一番土台に適した材料といえます。それでも常時湿潤となってしまう環境ではダメなのです。

f0070542_14433482.jpg
今回初めて採用したのが炭素繊維による基礎補強です。ジャパンホームショーで見てから採用したいと思っておりました。鉄筋の入っていない基礎に、鉄筋代わりに引っ張り力を負担することになります。抱かせ基礎と違って出っ張りが少ないことも色々と都合がよいです。炭素繊維は高速道路の橋脚の補強などでも多くの実績があり、炭素繊維自体も対候性が高く安定しており、また炭素繊維の品質は日本が一番進んでいるので安心して採用しています。もちろん、国の外郭団体である建築防災協会の認定工法です。
f0070542_14434269.jpg
新たに追加した耐力壁の下にがっちりと基礎補強をしております。これで地震力を確実に地面に伝えてくれます。基礎のクラックはエポキシ樹脂の充填で挙動の遊び代を無くします。それ以上に大きなクラックは抱かせ基礎で補強を行います。
生まれ変わるT邸が楽しみです。



# by yamato-aoki | 2017-09-16 07:41 | 現場 | Comments(0)