大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 05日

研修会

 今日は朝礼の後、建築社員も引き連れてTOTOテクニカルセンターにて研修会だった。現地にて薮田さんとも合流。研修会では水廻り商品の今後のトレンド、新商品説明、試験研究発表、構造の紹介、他社比較など色々な情報を得ることが出来た。f0070542_0393075.jpg
 基本的に技術屋なので構造やメンテナンスについては特にメーカーの人へ質問がある。その中からまたより良い商品へと進化してもらえればと思う。TOTOは特に清掃性、メンテナンス性について意識しているように感じる。地味な特徴だが、継続して使用することでの満足度は高いのではないだろうか。f0070542_0421867.jpg
 なるべく見識を深めたいという思いから時間が確保で切れは出来る限り脚を運んで実際の商品を見に行くようにしている。近頃は各メーカーとも比較実験が多く見られる。もちろんそれぞれに優位な情報だけが出されるのだが、この部分については多くの対抗メーカーを見てきているので結構楽しめる。結論としてはそれぞれ一長一短があり、ニーズにあったものを選択することに尽きるのだ。f0070542_0451363.jpg
 参加者全員が多くの質問をしていた。メーカーの研修というだけではなく、水周りの知識や今後の動向についてより見識が深まったようである。
 思いのほか時間を取ってしまい、大和に戻ってからは明るいうちに現場を数件廻る。その後歯の詰め物が取れてしまったので歯医者により、帰社後は工事完工会議、着工会議を行なう。会議は21時過ぎに終わり、明日のオープンハウスの準備、打合せ準備の仕上げ、来週の工事の段取りなどなど結局今日も午前様。お疲れ様でした。

# by yamato-aoki | 2006-08-05 00:50 | Comments(0)
2006年 08月 03日

オーラの色

 お盆休みを前にできるだけ現場の様子は見ておきたいもの。今日は近くの現場を中心に廻ってみた。現場では変な不安もなく、気持ちよく見通しが付くように仕事を進められる段取りをするのが現場監督の仕事。そして仕事の後のチェックを行ない、監視をする。そして私はその監視が有効に働いているのかをまた監視する。悪い所はないか、、、よしよしと思って見てはいけないと常日頃気をつけている。
 不具合部分はお客様から指摘されてはだめ。こちらから見つけ、速やかに直すこと(そもそも直さなくて良いように工事が出来ればベスト)が必要。お引き渡し間際のリフォームでもいくつかの指摘部分と課題を頂いた。早速明日の朝礼で発表して見直さなければならない。
 直接の結果の改善はもちろん、何が原因かを考えてそこから直さなければ意味が無い。本を読んでも、特定して吊るし上げるのは愚かな上司のやることとある。
 ところで昨日もオーラの泉というテレビを見ていた。江原さんという最近本屋でよくみるスピチュアル(意味は知らないのですが)な人と、三輪彰宏が出ている番組で、ゲストの宿命やオーラ、前世といったことを言い伝える内容なのだが、見ていていつも自分のオーラや背後霊はなんなのか江原さんに教えて欲しいと思っている。細木数子と違って優しく話しているので番組を見ていても気持ちがいい。そして良くうなずいているのが印象的。そういえば、江原さんは聞き上手でもあるのだと気付いた。

# by yamato-aoki | 2006-08-03 21:55 | Comments(0)
2006年 08月 02日

刺激と尊敬

 今日はみっちりと社内で事務作業。あまり電話が無かったので集中して午前を終える。夕方から野辺さんの所に行って意見交換会がありその後打ち上げの予定であったが、急遽夜にお客様とお打合せになった。
 お昼はいつも妻が仕事を抜けて作って会社へ持ってきてくれるのだが、今日は調子が悪いということで帰宅する。さすがにあともう少しで出産となるので大事にしないと。あまり大事にされたくないといいつつ、気を使うと喜ぶ。とはいえ、子供が出てきたらこっちが優先。
 午後も引き続き社内で執務。夕方から田園調布へ向かう。児玉の小林さんの話を聞くといつも刺激になる。そして自分の甘さに気付く。時間を割いてでも刺激を受けに行くことが大事なのだと改めて思った。
 その後とんぼ返りでお客様宅へ。急ぎのプロジェクトなので打合せも遅くまで続いた。ボリュームについてもようやく見えてきた。あとはどれだけ使いよくまとめられるか。乞うご期待。こちらの御夫妻にも刺激をいつも受けている。とても尊敬するのだ。あと10年後には自分も程よく年輪を重ねているのだろうか。
 お知らせなのですが、今週末5日に構造見学会を行ないます。打合せ時間をじっくりとれ、こだわりや工夫点がつまった建物となっておりますので御興味のある方は御一報ください。

# by yamato-aoki | 2006-08-02 22:47 | Comments(0)
2006年 08月 02日

プールの事故で思うこと

 埼玉のプールでの死亡事故は、夏休みに入った子供たちにも大きな衝撃が走っている。事故の報道の中にも事後原因に多くの指摘があるが、この仕事のなかでも見直さなければならないことが多い。
 私も流れるプールには何度も入っているが、水圧で漂うように身を任せる感じは何ともいえず気持ちが良く、また逆走すると重い不可が掛かり運動に良さそうだと勝手に思っていた。排水口にも潜りながら何度も格子に手をかけて吸い寄せられる感覚を楽しんでいた記憶がある。子供は変わった所に興味を示すものだ。
 一方格子が外れたことを別の子供に指摘された監視員は、責任者に連絡をするなどして指示を待つ。どうして良いのかわからない監視員が3人集まった中での事故だった。冷静に考えれば、どうして機械を止めなかったのか、全員をプールから上げさせなかったのか、監視員がプールの中に入り格子の前に自ら立って安全が確保できるまで監視できなかったのか。とっさの出来事には応急対処の判断が重要であると思う。それはマニュアルや訓練などではなく、反射的な行動でとれなければ、実際の出来事には対応できない。
 以前の記事にも書いたことがあるが、川が流れていてどちらが川上で川下なのか、ダムの放流など治水の仕組み、町を歩いていてどちらが北でどちらが南なのか、家に帰って変わった様子があるかなど当たり前のことが無頓着である。戦後の政策で平和ボケをしてしまっているのか。
 管理会社の実態も反省点が多い。予想は出来るが。事故が起きて無くなったお子様、遺族にはただ御冥福を祈るばかりだが、せめて同じような事故が起きないようにどれだけのことを考えられるか、対応していくかがせめてもの教訓である。現場で事故が起きたとき、携帯電話で連絡が来るだろうが、繋がるまでのタイムラグ、頭が切り替わり状況を伝え、受け取り、状況判断して指示するまでの時間はあるのだろうか。どの範囲まで現場担当ごとに権限を持たせるか。場を作って改めて話し合う必要がある。安全第一は関係者全員の願い。

# by yamato-aoki | 2006-08-02 08:21 | Comments(0)
2006年 08月 01日

今日は涼しい

 今朝は朝から現場へ。工事中の現場に行きお客様と打合せ、その後川崎へ移動して今日から着工する現場の確認、打合せ。既成のアルミサンルームだが絡む部分が多く、作業する人も頭を悩ませていた。という私も頭で考えていて出来るのか不安でメーカーに見に来させた経緯もあり、大丈夫である事を確認したわけだから、うまく納めてもらうしかない。畑岡大工も床補修でいっている。昔はやった市松柄の合板フローリングがへたって部分張替え。いまこの要望が本当に多い。当時ののりはあまりよくなかったので、合板の基材がはがれて分離して合成がなくなって根太間がぶかぶかと沈むのだ。同じ柄どころかこれ系のフローリングはもはや皆無。全くちがうもので張り替える。
 午後は眼科のお客様の病院へうかがう。新築計画で事前の仕事内容と機械の確認を行なう。所変わればなんとやらというが、専門的なことは聞かなければわからないものだ。設計の石井さんに頼るほかは無い。資料もいただいたので、お盆休みにしっかりと勉強しよう。

# by yamato-aoki | 2006-08-01 17:05 | Comments(0)
2006年 07月 31日

現場で起こっているんだ

 日曜の午前中は防音工事予定のお客様宅へ伺い、概要の説明と青木工務店の自己紹介・説明を行う。会長と同世代のお客様ということで、ご主人は息子と話しているような錯覚があるかもしれない(息子さんも同じ名前)。機会があれば会長にも会わせてくれとお話があった。会社の広告塔にはフル回転して頂かないと。
 今日は工事着工が多い月曜日。お盆休み前に出来るだけ終らすつもりで手配をしていた。お得意様のお宅もトイレの改修工事。念密に内容を練っていたので、進捗も想定内。リフォームは短期なだけ事前の準備が必要。工事中はご不便をおかけするが、仕上がりを楽しみにしてください。それ以外も数件の着工があり、本当に社長の仕事かとおもいつつ、やっぱり現場には活気があり、アイディアがあり、楽しみがある。家がよくなることはお客様はもちろん、作っている職人、私達も楽しくてしょうがないのだ。
 今週は夜が打ち合わせやら会議やら全ての日が入っている。またしばらく睡眠不足が続きそうなので心積もりをしておこう。

# by yamato-aoki | 2006-07-31 19:55 | Comments(0)
2006年 07月 31日

週末

 雨予想だった週間天気予報がすべてかわり、梅雨は明けてしまったようだ。土曜日は打合せが続き忙しい週末となり嬉しい悲鳴である。天気のように今後も晴ればれといきたいものだ。
 防音庁から防音工事の連絡がお客様の所へだんだんと届くようになってきた。土曜日、日曜日と書類が届いたお客様へ打合せを行なった。近頃は資材の値上げが激しいなか、防音工事の予算だけはデフレ傾向。問題になっている。今後どうなっていくのか懸念。
 午後はお盆明け工事着工予定のお客様と材料の確認に御来社頂いた。せっかくのストックなのでこの中から選んでいただければよりよく安く使うことが出来る。感触ではチークのフローリングが気に入られた様子。チーク、いいです。
 夕方は契約のためお客様宅へ。解体工事が別途での打合せで解体を行なう業者も同席したが、予定通りに工事に入ることが出来ないことが判明。工程は一ヶ月スライド。予定は未定。設計の先生を介してなのでお客様とは初対面であったが、別の関係で共通の知り合いがいることが判明する。これだから人の繋がりはわからない。一期一会。

# by yamato-aoki | 2006-07-31 12:04 | Comments(1)
2006年 07月 28日

時間をかけて撮りたい

 昨日撮影した鵠沼の現場の写真を取り込みました。新しい一眼レフデジカメの写真です。コンパクトデジカメに比べ広角がバッチリと利いています。まだしばらくストックがあるので急には変わりませんが、今後の自慢レターの写真の画質が良くなるはずです。お楽しみに!!
f0070542_22401116.jpg
f0070542_22402391.jpg
f0070542_2240304.jpg

 明日のお引渡しを控え今日は社内検査を兼ねて現場へ。夕方折衝中のお客様と合流して現場の仕上がりの様子などを確認をしていただく。あいにくの雨でバタバタしてしまっていたが、なんとかここまでこぎつけられた。正に、みんなの協力のおかけだ。現場担当の石上が一生懸命にこまごまとした作業を行なっていた。明日自信を持ってお引渡しが出来るように出来る限りの事をして欲しい。

# by yamato-aoki | 2006-07-28 22:46 | Comments(0)
2006年 07月 27日

サンストーン

 今朝は早く起きて出社。早々に事務仕事を片付け、定時前に鵠沼へ。竣工現場の写真撮影に向かう。青木工務店らしい重厚な木をふんだんに使った現場だ。特に和室周りの差鴨居が印象に残る。ごつい和室に極太の天然絞り丸太の床柱も負けていない。杉の一枚板の建具は古い母屋のものを再利用した。いいものはいつまでも使えるのだ。
 帰り道にお客様宅へ見積もりを提出。お彼岸明け着工予定の古民家改築工事。大工の腕の見せ所だ。着工が楽しみである。その後買出しに市場へより、お昼に帰社。今日は妻が検診の日で、計画出産の予定日が決まった。いよいよ出産までカウントダウン。どうなることやら。
 お昼過ぎ仏導寺に伺い、防犯・常夜灯の工事のお打合せ。電気屋さんがとても忙しいので工事着工が遅れている。電気屋の軸屋専務にもいっしょに誤りにきてもらった。来週から着工。1日のお施餓鬼に間に合わず。すいません。
 夜は彫金屋の伯父さんに頼んでいたネクタイピンを受け取りにお店へ。サンストーンという石を埋め込んでもらった。あまり装飾物を身に付けないが、お守り代わりの意味と、ネクタイをすぐ汚すので実用的な意味で製作を依頼した。新しい家族を迎える青木家に幸あれ。

# by yamato-aoki | 2006-07-27 22:29 | Comments(0)
2006年 07月 26日

来週梅雨明けかな

 今日は久しぶりに青空も広がり、思わず気分も高揚してしまう。暑いのは仕方が無いが、梅雨の間の晴れ間はとても貴重。今日は出来るだけ外工事を進めてもらいたい。
 午前中は設計の石井先生といっしょにお客様宅へ。新築の医療施設の計画で1回目のお打合せ。計画はいそがれている事を伺い、急ピッチで手をつけなければならない。今後より密に連絡をとる必要がある。燃えてきたぞ。
 午後はひたすら事務仕事。見積もり、手配、段取り。お盆前に片付けなければならない。忙しくも充実。夕方は書類を手に各社へ依頼ごと、打合せに廻る。長嶺工業所のせがれと打合せ。彼も専務になりましたと名刺をもらった。うれしいものだ。若い世代で次をがんばっていこうと誓い合う。

# by yamato-aoki | 2006-07-26 20:33 | Comments(0)