2017年 04月 01日

祝!大和市T邸上棟!

f0070542_20344666.jpg


木曜日は青空の下、大和市T邸が無事に上棟しました!
朝からの作業で順調に進み、夕方には垂木までしっかりと施工が終わっておりました。重機が途中から使えなかったので、最後は手起こし作業となりました。皆さんお疲れ様でした!
f0070542_20344730.jpg


T邸は新しい青木工務店のベンチマークの仕様となっております。UA値もHEAT21 G2レベル(それを付加断熱など耐久性に不安がある納まりとしないで実現していることがポイント)とこれまでと比べて断熱性能を強化しつつ、許容応力度計算で部材をチェックして耐震等級3をクリアしております。もちろん地域材利用の長期優良住宅です。
構造計算、温熱計算も昨年から準備していた新しいソフトを駆使して私が作成しています。この大きな吹き抜けがある中での耐震性確保には実は色々と工夫があるのです(笑)。
f0070542_20344866.jpg


Tさんは私たちの仲間の自宅です。いつもとはまた違って、嬉しいですね。みんなの顔もリラックスしています。棟梁は石倉大工です。今後も安全第一でしっかりと造り上げていきます!

# by yamato-aoki | 2017-04-01 07:33 | 現場 | Comments(0)
2017年 03月 31日

祝!町田市K邸お引き渡し

f0070542_09175825.jpg


昨日は町田市K邸のお引渡しでした。写真は先週土曜日に行われた見学会の時に撮影したものです。
設計監理はi+i設計事務所の飯塚さん。施工を青木工務店で行いました。担当棟梁は狩野大工です。
外壁には焼杉が使われております。
f0070542_09175852.jpg


北面ですが、道路を挟んで向かいに公園があり、そちらに向けても大きく解放されております。2階なので通行車両や通行人の目線が気にならないのです。
f0070542_09175903.jpg


南面も大きく解放されております。迫っている近隣の住宅を感じさせないのはさすがです。
バルコニーレベルと揃えた床収納は座るにも良い高さです。ロフト階までの階段と空間が一体となっております。
f0070542_09175969.jpg


窓からパノラマのように広がった借景です。もうすぐ桜も咲くので最高の花見景色になりますね。上棟したころはイチョウの木が見事な紅葉を見せていたので四季折々の変化を自宅で感じて生活が出来そうです。
f0070542_09180088.jpg


キッチンからの眺めも最高ですね!
K様のご友人で、ご紹介いただいたS様ご夫妻も見学会でお見えになりました。嬉しい繋がりに感謝です。
K様、この度は誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

# by yamato-aoki | 2017-03-31 07:27 | 現場 | Comments(0)
2017年 03月 30日

住まいのコンシェルジュ 第632回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「様々な省エネ住宅④」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は「シロアリ」についてお話しいたします。次回もお楽しみに!

# by yamato-aoki | 2017-03-30 07:42 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 03月 29日

祝!品川区N邸お引き渡し

f0070542_09163104.jpg


先週土曜日は品川区N邸のお引渡しでした。長い期間、近隣の皆様ご協力ありがとうございました。
N邸は都内の住宅密集地らしい、間口寸法が狭く奥行のある敷地となっております。
また敷地は道路から緩やかに傾斜があり、その後ろには建築確認等が不明の擁壁が控えています。
f0070542_09163275.jpg


敷地の形状に素直に、一階は廊下にも階段を設けて敷地のGL高さから基礎は一定以上確保できるようにしています。そして安全の為に擁壁側には基礎の立ち上げを大きくして万が一の対策をとるとともに、断熱の弱点とならないようにしっかりと断熱材も施工しました。ホールの天井高さが高く、変化のある廊下になりました。
f0070542_09163337.jpg


外観から目立っていた腰壁は、バルコニーの腰壁です。
プライバシー性の高い中間領域としてのバルコニー利用となります。お引越し後にはプランターなどで緑化すると見違えるように豊かな場所となりますね。
f0070542_09163359.jpg


壁・天井もすっきりとした白基調なので、奥行きのある敷地でも日中は照明電気なしで十分に明るさが確保できております。
キッチンや造作家具等の位置などN様のこだわりがちりばめられております。
f0070542_09163423.jpg


ご夫妻でお料理をされるので、広さとレイアウトが造作キッチンにしっかりと反映されました。
基本設計はいつもお世話になっているi+i設計事務所、実施設計から施工管理まで青木工務店が行ったコラボプロジェクトです。
敷地の購入から、地中埋設物の件、地盤改良工事などなど様々な課題を一つ一つクリアしてようやく竣工となりました。N様の想いを思い返すと、私も感慨深い気持ちです。幸せな新居の生活でのお声が私も楽しみです。N様、おめでとうございます!今後ともよろしくお願いいたします!

# by yamato-aoki | 2017-03-29 07:15 | 現場 | Comments(0)
2017年 03月 28日

鶴岡市木造建築視察③

f0070542_16402371.jpg
2日目午後からは、鶴岡市の村上建築課長、伊藤主査から鶴岡市の事業や鶴岡市主導の地域事業者とのネットワークについてご紹介いただきました。
木造公共建築で日本で一番進んでいる鶴岡市の取り組みにたくさん質問をさせていただきました。
ネットワークでは市内事業者の住宅建築シェアがV字回復するなど重要な実績があったとの事です。

f0070542_16402411.jpg
最後は鶴岡市の隣町、三川町の東郷小学校を視察しました。築12年で、広い敷地に木造平屋建ての贅沢な学校です。この校舎で子供を学ばせたいと、わざわざ三川町に引っ越して来る家族もいるとか。木造の魅力がわかるエピソードも教えてもらえました。
f0070542_16402424.jpg
昇降口はタイコ梁が巧妙に組まれた吹き抜け空間です。木造の小屋組はダイナミックで美しいです。棟梁は田川建労の方との事です。素晴らしい技術です!
f0070542_16402584.jpg
廊下ホールも方杖のある小屋組と、サイドトップライトからの明かりが気持ち良い場所でした。それにしてもとことん杉材を使用して、立派な柱がたくさん採れる林産県は羨ましいです!
f0070542_16402577.jpg
こちらは全学年が一斉に利用する食堂です。ランチタイムの子供達のワイワイ騒ぐ音が聞こえてきそうです。教室で食べるよりもきっと美味しく感じるでしょう。
梁の上の埃をきらってか、こちらはあまり梁を出さない設計配慮がありました。
f0070542_16402636.jpg
体育館は鉄骨造ですが、充分に木質化がなされていました。私見ですが、体育館のような用途はこれで良いと思います。ここまでの大空間は鉄骨にまかせましょ!
f0070542_16402779.jpg
この辺りの小学校の特徴の一つが、相撲の土俵がある事です。授業に取り入れられているとの事でした。もちろん、廻しも着けるそうですわら
f0070542_16402773.jpg
天井は格天井でした。
今回は全建総連さんからのお誘いで、山形県の田川建労さんの案内で大変有意義な視察旅行となりました。2日間ありがとうございました!


# by yamato-aoki | 2017-03-28 07:28 | 業界活動 | Comments(0)
2017年 03月 27日

住まいのコンシェルジュ 第631回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「様々な省エネ住宅③」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は「シロアリ」についてお話しいたします。次回もお楽しみに!

# by yamato-aoki | 2017-03-27 07:05 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 03月 25日

鶴岡市の木造建築視察②

f0070542_12020143.jpg
木曜日は視察2日目でした。午前は先ず、羽黒高校の新校舎の現場見学です。間も無く竣工というタイミングで御協力いただきました。構成は5つの構造のサンドイッチです。3つの木造部分のそれぞれの間に鉄筋コンクリート造が挟まっていて、1000平米の面積要件をクリアしています。
f0070542_12024144.jpg
法律が改正され、国内初の木造3階建の学校となります。基本構造は木造ですがラーメン構造なので鉄筋コンクリートと同じ様でした。天井の一部には床版といったいとしたCLTが使われておりました。鹿児島県の山佐木材さんのCLTとの事でした。
f0070542_12030203.jpg
CLTの厚さは15センチとの事です。検査中で2階に上がれなかったのですが、この構造での歩行感も体験してみたいですね。
f0070542_12034080.jpg
続いて鶴岡市羽黒庁舎の視察です。現地に行って気づきましたが、どこかの資料で見た建物でした!昨年11月に竣工したばかりです。
庁舎を中心に左に木造平屋建ての図書館、右に鉄筋コンクリートの消防署という構成です。
f0070542_12040137.jpg
木材は地元材の間伐材を5寸角柱にして多用しています。役所特有の堅苦しさが木造のおかげで何だか雰囲気が変わって見えました。2階は特に鉄筋コンクリート部分と木造部分と大きく違って、独特のたわみが膝に良さそうな反面、音のことを指摘する職員さんもいるようです。
f0070542_12042237.jpg
内装の木質化と、シンボルとなる大黒柱が階段吹き抜けにありました。学校建築や高齢者施設だけではなく、庁舎の木造も素敵でした。


# by yamato-aoki | 2017-03-25 07:55 | 業界活動 | Comments(0)
2017年 03月 24日

鶴岡市の木造建築視察①

f0070542_17170453.jpg

前日は深夜までの仕事で眠い目を擦りながら羽田へ。飛行機で山形県鶴岡市にきました。全木協のパートナー、全建総連さんのお誘いで地元の田川建労さんのアテンドで木造建築視察にきました。
先ずは地元の木材の生産を支え続けている、製材所・材木屋の大和さんへ。
f0070542_17170531.jpg

バンドソー2機がフル回転で製材を進めていました。共同組合では乾燥施設もあるので高品質な山形県産木材を生産する体制ができていました。
f0070542_17170544.jpg

地域事情を説明してくださった大和さんの栗本社長です。右手に座っているのは先代の栗本会長。地域で代々大工工務店と連携しながら、栗本社長は新たな取り組みを色々と試行錯誤しながらなされているお話も聴けました。
f0070542_17170668.jpg

こちらは3年前に竣工した朝日中学校です。地元材を葉枯らし乾燥をして、大工の墨付け手刻みで在来工法で作られました。
f0070542_17170676.jpg

エントランス、昇降口の吹き抜けはシンボリックな格子組の壁や通し貫で組まれた小屋組が木の香りと共に出迎えてくれました。
f0070542_17170774.jpg

こちらは教室です。こんな校舎で学びたいですね。うちの子供にも通わせてあげたい!
f0070542_17170875.jpg

廊下は吹き抜けていて、立体トラスが屋根面を支えておりました。
f0070542_00131930.jpg

暖房は木質ペレットでボイラーを動かし、比較的低温で循環させた複射式ラジエーターでした。外気温が低いので、室内の適温にすると空気は過乾燥となってしまいます。その分だけ木材の割れも大きくなってしまいますが、鶴岡市は市長や副市長をはじめ木材の性質の理解があり、また市の職員さんも木材の造詣が深い技術者が多くいらっしゃるので大きなクレームとならないそうです。木は製材のままが歩留まりも良いことは言うまでもありません。
f0070542_17170985.jpg

体育館の屋根だけはシェルターさんの大断面集成材をつかった工法でした。


# by yamato-aoki | 2017-03-24 07:15 | 業界活動 | Comments(2)
2017年 03月 23日

住まいのコンシェルジュ 第630回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「様々な省エネ住宅②」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もhttps://youtu.be/uyXXQn4a2uoいたしました。
次回も引き続き「様々な省エネ住宅③」についてお話しいたします。次回もお楽しみに。

# by yamato-aoki | 2017-03-23 07:16 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 03月 20日

住まいのコンシェルジュ 第629回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「様々な省エネ住宅①」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回も引き続き「様々な省エネ住宅②」についてお話しいたします。次回もお楽しみに!

# by yamato-aoki | 2017-03-20 07:39 | インフォメーション | Comments(0)