大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 06日

住まいのコンシェルジュ 第695回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「アスベスト①」についてお話いたします。遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は引き続き「アスベスト②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!


# by yamato-aoki | 2017-11-06 07:37 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 11月 03日

箱根

f0070542_14441191.jpg
日曜日は台風が来る前に強行スケジュールで箱根に行っておりました。パワースポットとしてこのところより注目が集まる箱根神社を参拝しました。雨の箱根神社はまた幻想的な雰囲気です。
f0070542_14441456.jpg
参道には樹齢数百年の杉の木が立ち並びます。
f0070542_14441729.jpg
木の根が生き物のように石積みを飲み込んでいます。人と共に重ねた年月が感じられます。
f0070542_14441981.jpg
ここまでくると、杉の木が生き物から神仏化しているように感じます。
f0070542_14442251.jpg
久しぶりに海賊船にも乗りました。奮発して別料金を払い特別船室となる先頭側へ。眺めの良い景色に娘も大喜びでした。
f0070542_14445996.jpg
インバウンドに沸く国内でも、都内から近くコンパクトに色々なスポットがある箱根の魅力はまた格別ですね。改めて地元県の良さを体感しました。今度は晴れの日に行こう!


# by yamato-aoki | 2017-11-03 07:43 | プライベート | Comments(0)
2017年 11月 02日

住まいのコンシェルジュ 第694回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「バリアフリーとユニバーサルデザイン②」についてお話いたします。遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は「アスベスト①」についてお話いたします。少し怖いテーマですが、これまでの経緯なども含めて参考にしてください。次回もお楽しみに。


# by yamato-aoki | 2017-11-02 07:03 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 11月 01日

JBN板張り準耐火構造講習会

f0070542_14543869.jpg
お待たせ!となりましたJBN防耐火委員会の成果物、板張準耐火構造の大臣認定講習会が行われました。私は委員長として最初のご挨拶を行いました。
f0070542_14544128.jpg
試験からずっと何から何まですっかりお世話になりました桜設計集団の安井先生に講習の講師もお願いしました。色々な所で話題になっておりましたので、会場は満員御礼!青木工務店からも山田、金子、藤原と3名(➕ワタクシ)が受講しております。
板の厚みが45分の外壁ならば15ミリ以上、室内ならば11ミリ以上で認定を取得しています。60分の外壁では18ミリ以上、室内ならば11ミリとなります。併せて規定の石膏ボードや構造用合板を使用します。
この後はまた全国主要都市で行われます。詳しくはJBNの事務局にお問い合わせください!


# by yamato-aoki | 2017-11-01 07:16 | 業界活動 | Comments(0)
2017年 10月 31日

見方を変えると

f0070542_07593217.jpg
ここ数年前から様変わりしていく日本について書かれた本を色々読み漁りました。表面的に見ればげんなりしてしまいますが、見方を変えるとこれまでの勝組業態が通用しないぐらいの大きな変革を求められていくので青木工務店のような中小企業の素早く変化しやすい業態が有利に思えるのです。
前例にとらわれず、フラット思考で、地域工務店の役割を意識しつつも、私もワクワクしてしまう仕事にしていきたいですね。
ところで改めて本を見直したら、何冊か同じ本を買っていました。子供の頃はドラえもんやキン肉マンといったコミック本を間違ってダブらせて買っていましたが、ここは成長なしでした。


# by yamato-aoki | 2017-10-31 07:49 | 日々の出来事 | Comments(0)
2017年 10月 30日

住まいのコンシェルジュ 第693回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「バリアフリーとユニバーサルデザイン①」についてお話いたします。遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回も引き続き「バリアフリーとユニバーサルデザイン②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!


# by yamato-aoki | 2017-10-30 07:27 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 10月 27日

祝!大田区F邸お引き渡し!

f0070542_10120661.jpg
水曜日は大田区F邸のお引渡しでした。
竣工を迎えるにあたって雨模様が続き、外の工事が残ってしまいましたので内観のみのお写真です。
F邸は内外に国産材を中心とした木材をふんだんに使用した長期優良住宅です。またF様がこれまで温めてきたアイディアが家の中にちりばめられております。こちらはパソコン用に引き出せる台です。左側の収納扉の中にもしかけがあります。

f0070542_10121267.jpg
吊押し入れですが、奥にはコンセントが。お掃除ロボットの待機場所としてこの収納の下が使われることになります。
f0070542_10121978.jpg
戸建て住宅だけの特典で、火気使用室(キッチンのガス調理機)の内装制限を特定不燃材の使用でクリアする手法を今回採用しました。
このようにガスコンロに近い一定距離の化粧梁の一部を石膏ボードで包みます。

f0070542_10122403.jpg
同じく窓枠も普通は木材ですが、石膏ボードでくるみ、窓台はタイルを張り不燃材にします。
f0070542_10122844.jpg
キッチンのカウンターにもタイルです。いつのならば木材ですね。
f0070542_10124743.jpg
こうすることで他の部分のLDKには思う存分木材を使用することができます。化粧梁、壁のアクセントの杉板など。木が見えるとホッとします。もちろん省令準耐火構造、耐震等級3(許容応力度計算)です!
F様、工事期間が延びてしまい申し訳ございませんでした。また近隣の皆様のご協力も誠にありがとうございました。
この先もより安心して暮らせる、暖かい家になりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



# by yamato-aoki | 2017-10-27 07:10 | 現場 | Comments(0)
2017年 10月 26日

住まいのコンシェルジュ 第692回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「省エネ住宅の住まい方②」についてお話いたします。遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は「バリアフリーとユニバーサルデザイン①」についてお話いたします。次回もお楽しみに!


# by yamato-aoki | 2017-10-26 07:42 | インフォメーション | Comments(0)
2017年 10月 25日

熊野の歴史文化

f0070542_16221484.jpg
野地モクツアー2日目は熊野エリアの歴史や文化に触れました。ユネスコの世界遺産登録をされているのがこのエリアです。
f0070542_16232024.jpg
世界遺産の登録範囲はこのように広域になります。まあ、それよりも私たち日本人にとっては伊勢神宮を始め神話にまつわる神聖な場所という認識が強いですね。
f0070542_16221915.jpg
鬼ヶ城と呼ばれる場所です。坂上田村麻呂が鬼を退治した場所と言われています。波と雨と風が作り出した荒々しく不思議な光景です。
木や岩など、自然のものを祀るのは八百万の神を信仰する日本人の源流です。
f0070542_16222652.jpg
こちらは獅子岩。獅子の横顔に見えますね。
この岩があるのでこの辺りの神社には狛犬を置かないと聞きました。
f0070542_16223640.jpg
こちらは花の窟(はなのいわや)神社です。日本を作り様々な神を生み出したイザナギとイザナミ。イザナミはここで最後に火の神であるカグツチノミコトを誕生させた時に大火傷を負い亡くなったとされています。
f0070542_16224232.jpg
日本書紀にも出てくる1800年続く日本最古と言われるこの神社には境内はなく、この大きな岩を御神体として祀られております。
f0070542_16230544.jpg
上空の縄飾りは毎年専用の田んぼで育てられた稲の藁で結われ、岩の上から海岸まで引っ張り、張り直す地域の一大行事になっています。
熊野地域は高齢者ばかりの過疎化が進んでいても、こうして長年続けられてきた行事や文化があり、継承されています。野地木材工業さんのように産業で得た収入で人々の暮らしが支えられて、ずっと続いていって欲しいですね。


# by yamato-aoki | 2017-10-25 07:20 | 業界活動 | Comments(0)
2017年 10月 24日

野地モクツアー

f0070542_16013681.jpg

先週の火曜日水曜日は三重県熊野市の野地木材工業さんをJBN次世代の会で訪れました。
紀伊半島は日本三大人口美林の一つ、尾鷲を始め、吉野材、紀州材、そして熊野材と国内でも有数の優良な木材産地となっております。霧がかかっている山々は神々しく見えます。
f0070542_16014010.jpg

アテンドしてくれたのは次世代の会のメンバーでもある野地木材の野地専務です。
着ているノジTシャツは会社の正式なユニフォームです。かわいいトレードマークですね!
時代の変化に対応できず廃業していく同業者を吸収する方で野地木材工業さんは業態を変化しながら地元で頑張っています。家族を含めると熊野市の人口の2パーセント近くの人が関係しているので文字通り地域貢献です。
f0070542_16014670.jpg

地元の原木市場も立ち寄りました。素晴らしい木材がたくさんです。
見ているだけでワクワクしてしまいますね!
f0070542_16015422.jpg

製品へのこだわりは丁寧な下処理から。
スギはヒノキと比べて価格では安く取引されがちでも、製品によっては下処理にコストと手間がかかるのですが、しっかりと行っていました。
f0070542_16015846.jpg

1番難しく重要な製材はカスタムカットでノコを入れる位置を決めます。ここで利益が大きく変わるのです。
f0070542_16023757.jpg

作業場にはポップな絵柄と説明文が掲示されています。
f0070542_16024382.jpg

ノウハウや注意事項を皆で共有化する事にとても気をつけている体制が随所に見られました。ハイテクの前に出来るローテクはたくさんありますね。
f0070542_16024623.jpg

品質管理の小屋の中では、継続的な計測で見直し改善がなされていました。
f0070542_16025081.jpg

こちらは野地社長です。見学へのご協力誠にありがとうございました!
野地木材工業さんの魅力は品質管理された製品だけでなく、社内の皆さんのチームワークであるなととても感じました。


# by yamato-aoki | 2017-10-24 07:00 | 業界活動 | Comments(0)