大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

全木協神奈川県協会研修旅行(台湾番外編)

f0070542_2094729.jpg

台湾といえば、グルメです。こちらは日本にも進出している飲茶のお店です。ものすごい人でした。美味しすぎて食べ物の写真を撮り忘れてしまいました。
f0070542_2011828.jpg

こちらはスイーツ。マンゴーが乗ったかき氷らしきものです。皆でシェアしながら食べるのが台湾流です。
f0070542_20162870.jpg

屋台のお店にも行きました。お店ごとに分かれているのですが、席に座って他のお店からも注文ができます。
f0070542_2016454.jpg

目の前で調理をしてくれます。しかし腐豆腐のにおいがきつくて、大変でした。全般的に味は、私は苦手です(笑)。
f0070542_20133951.jpg

こちらはお茶屋さんです。卸しなので良質なお茶がリーズナブルに手に入りました。このお店はお家騒動で分裂した過去があるそうです。隣にもともとのお店の名前のお茶屋さんがありました。分裂した時に職人の多くはこちらのお店に移動したそうです。台湾でも世代交代は難しいのですね。
f0070542_2016082.jpg

癒される香りです。しっかりとお土産に買って帰りました。
f0070542_20184789.jpg

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」で両親が豚になる冒頭の場面の世界のもとになった街ににも訪れました。夕方の方がイメージに近いのですが、混沌とした街の雰囲気が映画の場面を思い出します。

by yamato-aoki | 2014-05-31 07:09 | プライベート | Comments(0)
2014年 05月 30日

全木協神奈川県協会研修旅行(台湾③)

f0070542_19512012.jpg

台湾の建物も色々と見て廻りました。あちらのお寺は装飾が派手です。
f0070542_195223.jpg

日本のお寺よりももっと生活に身近なものなのかもしれません。台湾の人が思い思いの方法で境内で過ごしておりました。
f0070542_1953039.jpg

台北101です。ついこの間まで世界一高いビルでした。その高さは500mを超えます。圧倒的な高さです。
f0070542_1953564.jpg

呆れるくらい遠くまで見渡すことができます。施工は日本の熊谷組です。素晴らしいですね。
f0070542_19544353.jpg

ロープに吊られた大きなこの玉で、風に対して建物の揺れを抑える技術が使われておりました。人間の大きさでこの玉の大きさがわかるでしょうか。
f0070542_19553811.jpg

そしてその玉がこの台北101のキャラクターになっているのです。かわいくは、、、無いですね(汗)。

by yamato-aoki | 2014-05-30 07:50 | 業界活動 | Comments(0)
2014年 05月 29日

住まいのコンシェルジュ 第339回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日にテーマは「かながわ住まいづくりフェア2014」についてお話いたします

遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は「園芸の土と肥料」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

by yamato-aoki | 2014-05-29 07:20 | インフォメーション | Comments(0)
2014年 05月 29日

全木協神奈川県協会研修旅行(台湾③)

f0070542_19403694.jpg

金や銅を掘っていた鉱山のエリアにも訪れました。重金属が混ざった川の水には生き物はおりませんが、雄大な滝が流れておりました。
f0070542_1943861.jpg

ここは日本人が事業を起こして採掘していたのち、戦後は国家事業として継続して発展しました。その時にも日本人が建てた建物が継続して利用されていたそうです。遠くに見える建物がそれです。
f0070542_19434242.jpg

6件長屋の木造住宅です。炭鉱を管理していた幹部の住まいだったそうです。台湾では保護事業としてスケルトン改修がなされました。
ここではビデオでこの改修事業の説明がありましたが、ダメだしがしたくなってしまうものでした。それは、プロジェクトの責任者らしき台湾人の大学教授の言葉にありました。その人曰く、「日本では木造住宅は20年から30年しかもたない」「とても壊れやすい」と言っておりました。おいおい、勉強不足ではないですか。
まだダメだしは続きます。見学の説明に「建物は壊れやすいのでゆっくりと歩くこと」「特にドアや玄関は壊れやすいので静かに開け閉めすること」とありました。何だか悲しくなります。
f0070542_19481471.jpg

昭和天皇が皇太子時代に住まいとして建てられた木造住宅も保存されておりました。
f0070542_19485212.jpg

南京下見の美しい佇まいの建物です。外壁の板張りははやり良いですね。
f0070542_19493248.jpg

上がって中を見たかったのですが、そとだけしか見ることができませんでした。

by yamato-aoki | 2014-05-29 07:14 | 業界活動 | Comments(0)
2014年 05月 28日

全木協神奈川県協会研修旅行(台湾②)

f0070542_19324940.jpg

こちらは日本人が建てたレンガ造の学校です。現在はギャラリーとして利用されております。
f0070542_19332885.jpg

バックヤードは立体的な利用もあって変化に富んだ造形になっておりました。子供たちの遊ぶ声が今にも聞こえてきそうです。
f0070542_19345082.jpg

小屋組みは木造です。表しの桁や垂木は今の建物に通じるものがあります。ここは棟木は一般的に登頂部で組んでおりますが、他のところではわざと頭頂部に設けずにつくるところが多くみられました。施工をした棟梁のこだわりだったのでしょうか。
f0070542_19361220.jpg

2階テラスの一角にトイレがありました。陶器でできているのでおしゃれですね。

by yamato-aoki | 2014-05-28 07:37 | 業界活動 | Comments(0)
2014年 05月 27日

全木協神奈川県協会研修旅行(台湾①)

先週の23日(金)から25日(日)まで、全木協神奈川県協会のメンバー有志で台湾へ研修旅行に出かけました。国土交通省事業に「地域型住宅ブランド化事業」というものがありますが、これは木造住宅の木材生産から製材、加工、販売、建設に至るまでの構成グループで生産する住宅をブランド化する事業です。今年度までは中小の大工・工務店がつくる長期優良住宅に一定の補助金が交付されてます。
昨年度まで「かながわ200年の家をつくる会」として活動をしておりましたが、昨年度神奈川県と木造応急仮設住宅の災害協定が締結されたので今年度からは「全木協神奈川県協会」としてブランド化された「かながわ200年の家」を皆でつくっていくことになりました。今期も採択されるといいのですが、、、。
f0070542_19135271.jpg

前置きが長くなってしまいましたが、リアルな長期優良住宅の研修を想定して初めて台湾に訪れました。台湾は鉄筋コンクリートの建物が一般的ですが、日本が統治していた時代には木造の住宅などが多く建てられました。今でも使われているものも多くあります。日本人が建てた木造住宅が集中しているエリアに向かいました。しかし残念なことにメンテナンスやメンテナンス方法が適切ではなく保存状態は悪いものでした。
f0070542_19175158.jpg

しっかりとメンテナンスがなされたものは、現役バリバリで良好な状態を保っておりました。こうなっていると嬉しくなります。
f0070542_19263323.jpg

一方で、ひどい状態のものも多く残っておりました。もちろん使われていない建物です。こちらは瓦屋根で棟の漆喰が取れてしまったのでしょう。その後放置したために棟から屋根が崩れてしまっていました。とても危険な状態で放置されておりました。
f0070542_19184525.jpg

こちらは道の沿道の建物がしっかりと保存されておりました。おそらく保存地域に認定されているのでしょう。
f0070542_19192091.jpg

建物の前には看板が立てられ、歴史が書かれていると思います。中国語だけでしたのでよくわかりませんでした。
f0070542_1920786.jpg

私の持った結論は、メンテナンスをする方法とそれを行う職人が居て初めて長期優良状態に住宅が保建てるのだという事でした。いいかげんな補修がなされた木造住宅の傷み方は、適切なそれと全く異なるものでした。そして建物のオーナーにも維持していくためのそれなりのしっかりとした意味づけがなければなりません。台湾のリアル長期優良住宅が教えてくれました。

by yamato-aoki | 2014-05-27 07:07 | 業界活動 | Comments(0)
2014年 05月 26日

かながわ住まいづくりフェア2014開催!

今週末31日土曜日は、毎年恒例のかながわ住まいづくりフェア2014が行われます。
参加は無料、それどころか事前申し込みをするともれなくクオカードがもらえるそうです。
当日はスタンプラリーのほか、ミニセミナーや相談会なども行われます。
青木工務店では、「全木協神奈川県協会」としてこのイベントに参加をしております。私と藤原君はブース内におりますので、是非お声掛けください!!

by yamato-aoki | 2014-05-26 19:06 | イベント | Comments(0)
2014年 05月 26日

住まいのコンシェルジュ 第338回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日にテーマは「かながわ住まいづくりフェア2014」についてお話いたします

遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は今週末土曜日に行われる神奈川県の住まいのイベント「かながわ住まいづくりフェア2014」をお話しいたします。次回もお楽しみに!

by yamato-aoki | 2014-05-26 07:35 | インフォメーション | Comments(0)
2014年 05月 22日

JBN中古住宅流通シンポジウム

f0070542_024221.jpg

今日は飯田橋の住宅金融支援機構本店にあるすまいるホールをお借りして、一年間参加活動をしていたJBN中古流通WGの成果報告を兼ねたシンポジウムが行われました。私は第2部のパネルディスカッションのパネラーとして参加しました。ワーキングの主査は坂下工務店の坂下社長、コーディネーターには日経BP社の安達さんとクオリアの阿久津さん、工務店は他に岡庭建設の池田専務、小林創建の小林社長、不動産屋さん代表として武蔵野不動産の畑中社長というメンバーでした。
f0070542_024460.jpg

住宅の流通は工務店だけでは当然できません。国土交通省からは土地建設産業局不動産業課から矢吹さんがお越しになりご挨拶いただきました。
f0070542_024425.jpg

そのあと国土交通省住宅局住宅生産課の松野さんに国交省の取組みと、JBNの活動に対する大きなエールをいただきました。国交省から2つの部署の方がお見えになることもこれまであまりなかったことなので画期的なシンポジウムなのです。
参加者は工務店の他、全宅連やアットホームなどの不動産関係者にも御参加いただきました。
パネルディスカッションは時間配分が上手くいかずお伝えしきれなかったことがおおいのですが、このワーキングは形を変えて継続されますので別の機会にお話がしたいと皆で話しております。工務店と不動産屋さんとの取組みは加速していきます。

by yamato-aoki | 2014-05-22 23:34 | 業界活動 | Comments(0)
2014年 05月 22日

住まいのコンシェルジュ 第337回目

本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日も前回に引き続きゲストをお招きしております。「長嶺工業所②」の長嶺専務です。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。
本日放送分もアップロードいたしました。
次回は「芝生の植え方」についてお話しいたします。次回もお楽しみに。

by yamato-aoki | 2014-05-22 07:14 | インフォメーション | Comments(0)