大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

ガスはリフォームに不向き

頭にきたのでブログにアップします。
先日近所のお得意様であるお客様から連絡があり、キッチンのお湯から毎朝サビがでるようになったということで給湯配管を交換する工事となりました。工事のためには一度キッチンを外し、配管が露出するようにしなければなりません。キッチンを外す為には様々な絡みがあるのですが、調理器具に接続されているガス栓も一度は外さなければならないのです。
ところで私たちの施工エリアの都市ガスはほとんどが東京ガス管轄です。施工に関しては有資格者を要件としており、ガス工事に関してはほぼ独占業務となっております。従来は新築などある程度大きな工事は「キャプティ」というガス工事会社、今回のようなちょこっとお願いという工事は町にある「エネスタ」が行なっておりました。ところが最近は「ライフバル」という名称で管轄エリアを再構築。町のエネスタは消え、エリアごとの総合受付が設置されました。
さて、工事の段取りの話に戻りますが、一週間後に工事予定日を設定。ライフバルに電話をして女性のオペレーターが対応します。この方に工事の云々を説明しても伝わらないだろうなと思いつつ、5W1Hでこちらの用件を伝えます。案の定、確認しますということで電話を一度切りました。折り返しに電話が来たので、また同じ内容を5W1Hで伝えます。
その後のやりとり
「あいにくその日は午後しか空いていません」
「朝から来てもらえないと作業が始められず、お客様がその日の夕食を作れなくなってしまうのです。朝から来てください」
「それではお時間は約束できないので午前中ということで宜しいでしょうか」
「(カチンと来たので)それでは他のところに頼みます!(ガチャン!)」
一週間先の予定が埋まっているほど過密な段取りをしているとは思えません。またエネスタのときはそのお店に直接電話をして決め細やかな対応をしてもらっていました(町の工務店みたいですね)。明らかにサービスが低下しております。これでは、ガスはリフォームに不向きといわざるを得ません。
結局どうしたのかといいますと、都市ガス工事の資格を持つプロパン屋さんに工事を依頼しました。

by yamato-aoki | 2010-10-30 09:00 | 日々の出来事 | Comments(0)
2010年 10月 29日

台風14号接近中

明日の夜、台風14号が最接近します。台風養生を済ませて、事故の無い様に準備をしましょう。
現在足場のかかっている現場は養生ネットをたたむなど対策を済ませております(足場上に補強材の梁を入れている足場は大丈夫です)。各担当者は全ての現場について安全であることを確かめてください。

by yamato-aoki | 2010-10-29 18:19 | 現場 | Comments(0)
2010年 10月 29日

I邸竣工!

本日は都内のI邸お引渡しとなりました。
f0070542_17233978.jpg

商店街の中に立つ準防火建築ですが、大臣認定工法により外壁に木材が張られております。道路面以外はほぼ敷地いっぱい。そんな条件の中で、設計の妙で見事飯塚さんが明るく開放的な家を設計されました。
f0070542_17262297.jpg

気持ちの良い2階のパブリックスペース。
f0070542_1728821.jpg

スキップフロアで合計4層の床レベルが連続した空間の中に、居場所的な区分けがあります。
I様が担当棟梁である新井大工をとても評価してくれて、私も自分の事の様に嬉しいです。暑い夏の日々に作業をしていたことにねぎらいの言葉をいただきました。こちらを新井邸といってくれてもいいともおっしゃっておりました。
人通りの激しい場所で、大きな事故も無く無事に竣工できたことにも感謝。ありがとうございました。

by yamato-aoki | 2010-10-29 17:36 | 現場 | Comments(0)
2010年 10月 28日

伝え方が悪いのか

昨晩は月一回のA0会でした。なぜこれからも家作りなのか、作りたいという思いだけではなく、作ることによる資産価値化、住生活の安定という視点での家作りについて、あまり上手くない説明でしたがご紹介しておりました。また、ここでも見せ方見られ方の検討を行ないました。伝え方の難しさを改めて感じるところです。
打ち上げで駅前に移動。焼き鳥屋さんでも話題は現場での出来事です。専門業者ごとの、どのように納めた方が後の工程がもっとやりやすく良くなるか。それぞれの会社の動きなどが前向きに話されます。良い例はどんどんと取り入れて行きたいです。
さて、お会計。人数分の領収書を頼んで受け取った高橋さんが失笑しておりました。もどってきたのがこちら。
f0070542_895263.jpg

一人あたり、こんなに頼んだのではないのですよ。総額の領収書を人数分作って持って来ていたのです。私の頼み方が悪かったのでしょうか。伝え方は難しいです。

by yamato-aoki | 2010-10-28 08:11 | 日常業務 | Comments(0)
2010年 10月 27日

住宅=住まい→資産化へ

昨日は午後から「マイホーム借り上げ制度」の講習会が行なわれました。敏感なJBN工務店の皆さんが大勢参加、100名の会場はすっかりと埋まってしまいました。
f0070542_7535244.jpg

この制度は、施主と工務店とがお互い「いい家ですね」という今までの関係から、経年で家族が変わり家のボリュームや立地条件などを持て余してしまう頃、貸すことによって資産化とすることでこれから先も「いい家ですね」と言われる制度だと思っております。
f0070542_831073.jpg

この制度は一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)を立ち上げた、金融の専門家である立命館大学の大垣先生を中心にまとめられました。この制度で家作りにさらなる「安心」を提供することができます。
f0070542_832386.jpg

今後私もこの制度の勉強を進めていきます。家族が増えて家が手狭になったので家を建てようという考えの先に、家がお金を生んでくれるという更なる安心。家が無価値とされる悔しさ。売却以外の選択肢です。既に何人かのOB施主の方が興味を示してくれておりました。
今後JTIとJBNは提携を深めて、私たち工務店が建てる長期ちきゆう住宅がスムーズにこの制度運用が可能となるように動いていきます。ご期待ください。

by yamato-aoki | 2010-10-27 08:03 | 講習会 | Comments(0)
2010年 10月 26日

見つかった!

色々と工事のお問い合わせを戴いておりましてありがとうございます。リフォーム工事のお客様、青木工務店の大工が全員出払っており、工事着工をお待たせしており申し訳ございません。順次段取りを進めておりますのでもう少々お待ちください。
来年もスタートダッシュが切れるように、皆頑張ってまいりましょう!
さて、半年間紛失していた私のipodがこの間見つかりました。
f0070542_8251367.jpg

昨年の妻からの誕生日プレゼントなのでした。無くしてぶつくさと言われていたのですが、ようやく見つけることが出来ました。どこにあったのかと言いますと、普段あまり着ない季節物のスーツの胸ポケットです。冬から春へ、そしてまた秋になって衣替えをして気付きました。
薄くてコンパクト。今のはもっと小さくなったようです。持ち運びには便利ですが、私の様に無くす人も多いのかもしれませんね。

by yamato-aoki | 2010-10-26 08:28 | 日々の出来事 | Comments(0)
2010年 10月 25日

設計事務所と話そう

土曜日のミニセミナーでは、新たな試みとして「設計事務所と話そう」と題してi+i設計事務所の飯塚さんをお招きしてお話をいただきました。
f0070542_823938.jpg

座談会形式でテレビ画面に映る資料を見ながら、設計事務所と作る家作りについて、i+iの強み、設計に対する考え方など普段飯塚さんが考えていらっしゃることを聞くことが出来ました。気付くと私も聴講者の一人になってました。セミナーが終わってかながわ200年の家を眺めながら、皆さんがそれぞれ色々な質問をされておりました。アットホームな良いセミナーとなりました。
内容のボリュームからももっともっと多くの方に聞いてもらいたいですね。今後も定期的にお願いしようと思いますので、飯塚さんまたよろしくお願いします!

by yamato-aoki | 2010-10-25 08:28 | イベント | Comments(2)
2010年 10月 25日

技能五輪

昨日はパシフィコ横浜に技能オリンピックを見に行きました。技能オリンピックは22歳以下の若者が様々な分野の技能を競い合う場です。ものづくり日本の原点といえます。
f0070542_862471.jpg

毎年各県で持ちまわりで行なわれますが、今年は神奈川県で行なわれました。
f0070542_87178.jpg

部門の一つに建築大工があります。
f0070542_881528.jpg

参加申し込みは130名ほどということでしたが、開催機関側の予算の都合で85名になったということです。しわ寄せは次世代へということでしょうか。
f0070542_894443.jpg

それでも、一心不乱に作業を進める姿には胸を打たれます。集中できるもの、環境が揃えば若くともこんなことが出来るのです。
f0070542_8111633.jpg

補助員として工務店SCの坂口事務長や、弊社の斉野も会場におりました。
f0070542_8122389.jpg

累計時間11時間半、完成した作品の点検を受けます。
f0070542_813894.jpg

作品が並び、採点を受けることになります。優勝者は世界大会へ参加となります。エントリーにはちらほらと女の子の姿もあります。大工という仕事も間口が広がったということですね。
f0070542_8151937.jpg

この子は2012年長野技能五輪のキャラクター「わざまる」です。とても愛想の良い子でした。ところで神奈川はキャラクターがいたのかしら???
f0070542_8184835.jpg

会場には日産のお膝元ということで電気自動車「リーフ」が展示されておりました。
f0070542_8193184.jpg

その隣にはケンメリ「スカイラインGT-R」です。
f0070542_82055.jpg

f0070542_8201516.jpg

時代を超えて変わらないとならないもの、変わらないもの。偉い人ばかりが増えても、作る人がいなければ物事は進んでいかないのです。

by yamato-aoki | 2010-10-25 08:21 | イベント | Comments(0)
2010年 10月 23日

リフォーム工事の強い見方

ネットで探して購入しました。
f0070542_1722223.jpg

その名も「マジキリン」マジ、麒麟?間仕切んです。
f0070542_1723048.jpg

今まではポリクイックというビニールにテープが付いている養生材を使用しましたが、これは改修部分と実施工部分とをきれいに間仕切ることが出来ます。
f0070542_17241584.jpg

チャックを開ければ、通口可能です。設置も簡単。とりあえず2台購入して、その使用感を検証します。お値段は結構するので、皆さん大事に使うようにしてください。

by yamato-aoki | 2010-10-23 17:25 | 製品 | Comments(0)
2010年 10月 23日

耐震化協議会の会議

先週、今週と大和市耐震化協議会の会議に参加をしておりました。青木工務店では設計施工なので精密診断部会と耐震改修部会に参加をしております。
このところ協議会では精密診断をする設計事務所と改修工事を行う大工・工務店との連携が議題に上がっております。どちらの立場も理解できます。若手だから、大人しくしていようと思っていても黙っていられないのが私の性なので、私なりの経験で意見を挙げておりました。やっぱり私は作り手なのですから。
設計図書では指示出来ない部分は現場説明が必須となります。その説明が不十分なことで施工者に良からぬ不信が起きることは工事を進める上で良い訳がありません。少なくともお客様にとって。他の現場ではこんなことが起きていると聞いてびっくりしてしまいました。

1.既存の筋交いは全部切ってしまう。
→当然ですが、利用できるものは利用したい。大きな節でもあったのかしら。
2.柱にあった貫穴など全て埋木をする。
→化粧ならばともかく、構造耐力上必要ならば。
3.基礎の無いところで耐震壁をつくった。
→下へ力が伝わるのかしら。
4.両面真壁でタスキの筋交い。
→大壁に変更でいいですよね。
5.筋交いのある耐震壁に構造用合板を追加するときに、筋交いに沿って(斜めに)釘を打たせる。
→さすがに???何の為?

まだまだ色々とありましたが、設計者も施工者に対して説明をしっかりとすれば問題は解決するはずです。そして必ず必要なことと、やった方が良い事とレベルを示して行なうこと。設計変更で手続きが増えて面倒だからということはあってはなりません。それにしても、皆さんがより良く耐震を普及させるために本気になってます。私も負けていられません。

by yamato-aoki | 2010-10-23 08:36 | 業界活動 | Comments(0)