<   2010年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 29日

室内環境の調査その1

二週間ほど「かながわ200年の家」の室内環境の調査を行なった結果を、パナソニックエコシステムズの高橋さんからいただきましたのでご紹介いたします。
調査条件は、2階のホールにあるエアコンを27度に設定。同時にシーリングファンを上向きに風が向くように動かしました。
室内は締切りをして、可動しているエアコンから一番遠い部屋となるリビングの環境を測定しました。
f0070542_18114317.jpg

先ずは温度・湿度です。青い線となっている温度は、機械が故障しているかのようにほぼ一定となっております。湿度はほぼ50%を行き来している状態です。時折上がっているのは、室内に人が入っている時間帯です。外気の相対湿度が70%以上であることを考えると、木材や漆喰などが上手に調湿を行なっているのかもしれません。
f0070542_18145657.jpg

外気の気温と室内を比べるとその温度変化の差は明確になります。昼間外が暑くなっても、ホールからの冷たい風で上がりきらず、逆に夜はQ値が高いので壁の熱が輻射熱として放熱されます。実際に住むのでしたら、昼間のリビングのエアコンを入れて27度設定で過ごし、夜は窓を開けて空気を入れ続けると気持ちよく過ごせるはずです。
f0070542_18181236.jpg

これは二酸化炭素濃度とTVOC(総揮発性有機化合物量)を表すグラフです。
赤い線の二酸化炭素は人がいると濃度は上がりますが、24時間換気が働いて直ぐに元に戻ることがわかります。
青い線のTVOCはほぼ振り切っていてます。スギなどに含まれるαピネンが反応していると思います。あー木の香りがいいですね!ということは、木の揮発成分が出ているということなのです。
他の部屋も測定しましたが、それはまたの機会にご紹介いたします。冬にも再び測定をして、長期優良住宅のかながわ200年の家のポテンシャルを解明していきたいと思います。

by yamato-aoki | 2010-09-29 18:23 | かながわ200年の家 | Comments(0)
2010年 09月 29日

木はスゴイ!

昨日は午後から神保町にて講習会に参加しておりました。
第一部は公共建築物等における木材利用の促進に関する法律の説明会です。林野庁から木下さんがお見えになり、背景と概要の説明をいただきました。
f0070542_813444.jpg

この法律は折からの荒れた国会の中で、各政党、衆議院参議院でも「全会一致」で可決された法律です。木下さんも胸を張って「国民からも完全なる支持」とおっしゃっておりました。建物の不燃化から積極的な木材利用と180度方針が転換となるのですから、それはすごいことなのです。
このブログでも何度か紹介されておりますが、木の熱に対するポテンシャルをあらためて明確にする為に工務店SCの防耐火委員会では実験を繰り返し行なっております。
第二部はいまさら聞けない木のはなしということで、森林総合研究所の林知行先生がお見えになりました。このタイトルで木材新聞のコラム連載をまとめた本は、社内でも回覧しております。
f0070542_881980.jpg

木に対する大工工務店の一般的な案内がいかにいいかげんか、話が進むにつれて会場の(工務店・材木関係者)雰囲気が変わっていきました(あれれ・・・今まではなんだったんだ)。私も常々この業界は非理論的、抽象的、情緒的、神話的な話がまかり通っているなと思っておりました。学者としてそれを論破する様子は私にとっても痛快そのものです。皆さんもこの本を手にとって読んでみてください。
それでも先生は木に対して愛情をたっぷりともちつつ敬意を払って「木はスゴイ」と表現されておりました。水と光と二酸化炭素で自立する木は地球上の究極の生物といえるでしょう。

by yamato-aoki | 2010-09-29 08:13 | 講習会 | Comments(0)
2010年 09月 28日

スポーツに刺激

政治や経済、外交問題などは暗いですが、スポーツの話題はこのところすごいですね。
横綱白鵬の62連勝記録。歴代2位で記録はまだ更新中。双葉山を超えるか。私は記録もさることながら、横綱自身の考え方や取り組み方が素晴らしいと思っております。朝青龍も好きでしたが。
イチローの10年連続200本安打。継続する記録は基本的な技術や耐力もありますが、そこに至るまでの忍耐と管理能力が素晴らしいと思っております。是非殿堂入りを。
これで良いと思ってはダメですね。日々勉強、日々努力。今日より明日はもう少し良くなるように。

by yamato-aoki | 2010-09-28 08:01 | 日々の出来事 | Comments(0)
2010年 09月 27日

A邸構造見学会御来場ありがとうございました

今朝の雨は冷たい雨です。涼しいというよりも、寒いくらいですね。昨日日曜日に行なわれたA邸構造見学会は穏やかな晴れ模様に恵まれました。
大和市内ではほとんどの学校が運動会ということで、藤沢市はどうなのかしらと心配になっておりました。現場に到着すると、御近所の方が皆さん道端に出て、草むしりやら清掃を行なっておりました。聞くと、年に2回の一斉清掃の日なのだそうです。それならばと、私たちも皆さんと一緒になって現場周辺の草むしりを行ないました。
f0070542_8104052.jpg

A邸は長期優良住宅の先導モデルです。オール国産材に加えて、BLに登録する住宅履歴「いえかるて」を備えたあんしんの長期優良住宅となっております。青木工務店では真なる住宅の資産価値を目指します。
f0070542_8122913.jpg

まだ断熱工事が行われていない状態での見学会となりました。想定した通風計画通りに、現場内を風が吹き抜けます。
f0070542_8135531.jpg

2階東面のこの窓も想定どおりで効果覿面です。隣家二件の間の空から、午前中はさんさんと日差しが入っておりました。
作業を一通り終えて、御近所から総勢20名の方々が青木工務店の家を御堪能いただけました。メイン道路から奥まっている為に不特定の人の往来が少ない場所です。地域の人は皆さんかおなじみで、とても住みやすい場所であることも良く分かりました。建物や長期優良住宅の制度についてもあれこれと質問もいただき、誤解の解消も含めてしっかりと御返答させていただきました。御近所の皆さん、あともう少しの間御迷惑をお掛けいたしますが、今後ともよろしくお願いいたします。
来週2日土曜日は瀬谷区T邸の構造見学会、月末には鵠沼M邸の完成見学会が行われる予定です。こちらも是非御来場ください。

by yamato-aoki | 2010-09-27 08:21 | 現場 | Comments(0)
2010年 09月 25日

新しい3tトラック

排ガス規制のため次の車検では数十万をかけなければ車検が通らないということで、走行距離もあり新しい3t車を購入することとなりました。
f0070542_8532632.jpg

3t車といっても、サイズは5ナンバーです。材木を2バンドル積載すると2tを超えてしまうこともしばしばあります。現場にも行きやすいのでいつもこのサイズを購入するのです。
f0070542_8543949.jpg

やっぱり新車はいいですね。ピカピカです。
f0070542_8551918.jpg

標準で左のミラーは電動格納するそうです。狭いところを入るときにここはよくぶつけてしまうんですよね。
f0070542_8561018.jpg

そういう割にはやけに飛び出しているウィンカーランプ。改正された保安基準でこうなったという説明を受けましたが、飛び出しすぎではないでしょうか。これ、100%ぶつけて割ってしまうでしょう。
エコカー補助金ということもあったのですが、急な締め切りで締切日の申請となってしまい間に合わなかったようです。うーん、いかんともしがたい気持ち。でも、新しいトラックくんに夢も希望も載せて気分も新たに働いてもらいましょう!

by yamato-aoki | 2010-09-25 08:57 | 日々の出来事 | Comments(0)
2010年 09月 24日

お彼岸の雨

涼しい朝になりました。鹿児島もとても暑かったので、この気温差は体にこたえます。またそれ以上に、しばらく天候が安定していたので油断をしておりましたが、外部造作の工程やコンクリート打設の工程がずれこむことになるのでそれがもったいないのです。
台風12号も発生しております。これから台風と秋雨シーズンとなりますので、天候のチェックと養生は通常以上に気を使っておくようにしてください。
明後日はA邸構造見学会です。日曜日は天気が良さそうなのでよかったです。

by yamato-aoki | 2010-09-24 07:43 | 日常業務 | Comments(0)
2010年 09月 22日

次世代委員会IN鹿児島②

二日目は午前中いっぱい、迫社長の話と質問をお答えいただきました。
f0070542_21334919.jpg

どんな話が出たかというのは、あえて伏せておきます。ただ、何度もシンケンさんに訪れている工務店に言わせても、今回のような話を聞くのは初めてでしたということでした。そしてシンケンさんが掲載されている本も参加者全員にプレゼントをいただきました。ありがたや、ありがたや。
私の中でも断片的にモヤモヤとしている考えを、すでに体系的にまとめあげそしてそれを実践されていることが驚きでした。噂以上の会社です。次世代への継承についても触れられ、また私たち全国への次世代へのエールもいただきました。本当に有意義な時間をありがとうございました。そしてスタッフの皆様もお世話になりありがとうございました。
夕方までの時間を少々観光にあてました。青木工務店組でお昼ご飯に行きました。
f0070542_21441434.jpg

豚とろというラーメン屋さんに入りました。その名の通りチャーシューがトロトロで豚骨スープも絶妙な味です。あっという間にお店は行列をなしておりました。
f0070542_21455997.jpg

お口直しに「しろくま」というかき氷を食べました。コンビニのそれとは比べ物にならないくらいおいしいです。秋田は大きいのを食べておりました。
f0070542_21481199.jpg

その後仙厳園という島津家の屋敷があった観光スポットにみんなで訪れました。桜島は思いのほか大きく、近く見えます。鹿児島の人たちにとってのシンボルであることがよくわかります。
f0070542_21511639.jpg

大河ドラマで幕末ものが続いておりますが、日本の文化の中で島津が守っていた薩摩藩がどれだけの大きな影響を持っていたのか、改めて思い知らされます。その様子が、東京から遠く離れたシンケンの姿にだぶりました。

by yamato-aoki | 2010-09-22 21:55 | 講習会 | Comments(0)
2010年 09月 22日

次世代委員会IN鹿児島

本日、明日と二日間、企画設計部3名とともに鹿児島のシンケンさんの会社に見学をさせていただいております。
シンケンさんは鹿児島県で社員・大工を100名、年間80棟の完工を手掛ける工務店としては最大規模ともいえる業界で有名な会社です。それも、設計力の高い建物を作っております。
f0070542_1155795.jpg

見学希望の工務店は後を絶ちません。ほとんどを断っているということですが、今回は岡庭建設の池田隊長のはからいで次世代員会での見学が実現しました。参加者は40名を超えました!
f0070542_1195175.jpg

工事中の現場、完成現場と3棟見学をさせていただきました。こちらの建物はガレージからスキップフロア形状で5層の床レベルを持ちながら、外観は低く抑えられたプロポーションを保っております。
f0070542_125083.jpg

こちらは夫婦二人住まいの完成現場です。用途に合わせた設計の工夫が随所に表れております。
f0070542_12839.jpg

それぞれがそれぞれの視点で良いところを見ては取り込んでいきます。
f0070542_129588.jpg

こちらは住宅展示場に入っているシンケンさんのモデルハウスです。10年を経過しておりますが、現在の建物にその印象を色濃く残っていることがわかります。熟成というのでしょうか。
f0070542_1321161.jpg

室内でも建築討議がなされました。
f0070542_1332728.jpg

シンケンさんはこのデパートの中にもモデルハウスを持っております。工務店がデパートに?すごいでしょ。
f0070542_1354534.jpg

f0070542_137432.jpg

こちらが社長の迫さんです。60歳ながら、ますますエネルギッシュな方です。私もとても強い刺激を受けました。明日は迫さんにじっくりと時間をいただいて会社の話を聞くことになります。

by yamato-aoki | 2010-09-22 01:39 | 講習会 | Comments(0)
2010年 09月 21日

藤沢市A邸構造見学会

今度の日曜日は藤沢市善行のA邸構造見学会が行われます。
日時:9月26日 日曜日 10:00から16:00まで
建物の特徴は、
1.長期優良住宅先導モデル 工務店サポートセンター地域モデル
構造材、羽柄材に至るまですべて国産材が使われております。
2.二世帯住宅
長期化編成を持たせた二世帯住宅となっております。
3.木をふんだんに使用
長期優良住宅に求められている性能に加え、独自の太い間柱工法などさらなる可変性と構造の工夫があります。
ぜひお越しください!詳しいご案内をお送りいたします。

by yamato-aoki | 2010-09-21 09:06 | イベント | Comments(0)
2010年 09月 20日

木造建築士製図試験対策

10月10日は木造建築士製図試験です。今年も受験者向けに製図試験対策講座を行いました。過去問題をしっかりと押えることが合格への唯一の道ということで、過去問だを実際にやりながら、添削をすることになりました。
与えられたプラン、略立面を正確に清書をします。
窓の位置、大きさ、屋根の形状など、勝手に創作してはだめです。ここが間違えているようでは話になりません。
f0070542_16363879.jpg

基礎伏図。壁の位置、筋違の位置からアンカーボルト。かつ間隔を2.7M以内に。床下換気口は耐力壁の下にならないように、間隔を5M以内に。
二階床伏図。ここが最大の関門。上下の壁の位置。床仕上げの向きから根太、床梁を無理なくかけるようにします。この3週間は書いた図面のコメントをします。精度を上げ、スピードを上げて必ず合格しましょう。
明日から2日間、わたくしと企画設計の3名は鹿児島に出張となります。何を身に着けてきたか、それぞれに聞いてみてくださいね。

by yamato-aoki | 2010-09-20 16:40 | 業界活動 | Comments(0)