<   2010年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

世界に一つだけのフタ

かながわ200年の家では現在室内温熱、湿度、二酸化炭素濃度を測定しております。
f0070542_1835913.jpg

測定データが内蔵されたPHSでリアルタイムに送られます。人が集まっているときはその変化は顕著に現れます。二酸化炭素濃度やホコリ、湿度があがり、24時間換気によって2時間後には通常に戻ります。
この建物の水道工事をしていただいた長嶺工業所さんからトイレのフタのプレゼントをいただきました。
f0070542_188107.jpg

本物の屋久杉の板を加工してフタに貼り付けてウレタン塗装を施したものです。サーフボードなどの技術を使ってるのでしょうか。N-DESIGNとして特許を取得しております。
気になる方はこちらへ→http://www.n-design1947.com/gallery.html
実物は是非モデルハウスで見てくださいね。

by yamato-aoki | 2010-08-31 18:14 | かながわ200年の家 | Comments(0)
2010年 08月 31日

残暑見舞い

今日で8月も最終日です。暑さは緩むどころか、相変わらず暑い日が続いております。夜会社に戻ってくる大工の姿を見ていても、相当疲労がたまっている様子です。早く暑さが緩んでもらいたいです。
来週から二週に渡って二件ずつ上棟があります。現在は基礎工事中なのですが、暑さは緩んで天候は落ち着いてもらいたい、なんてわがままですね。
おかげ様で青木工務店の大工はフル回転で動いております。お待たせをしているお客様には御迷惑をお掛けしております。普段から、皆が仲がよく現場の都合で大工戦力を集中、分散をすることができるのが私たちにとっても都合がよくありがたいことです。現在も突貫工事を中心にして、完了後それぞれ分散をしてじっくりと仕上げていく予定です。とにかく、皆が病気をせずに今年いっぱいをまず乗り切っていきましょう。

by yamato-aoki | 2010-08-31 07:49 | 現場 | Comments(0)
2010年 08月 30日

訓練

日常の業務で耳に入る出来事、起こってしまった事などで会社がどのように見られているのか、社内で訓練をスタートしています。個性の時代と言われますが、組織である以上、本人の主義主張で会社のポリシーが歪められてはいけません。
プライベートならこんなことまではしないけれども、仕事になるとここまでしてしまうということ、たくさんありませんか?逆に仕事では手を抜いてしまうというのでは困りますが。仕事では凛と背筋を伸ばして望みたいところです。この仕事が好きで好きでたまらなく、10年後20年後にはこうありたいと思っているからこそ今が頑張れるものです。手を抜くことは周りに迷惑をかけるばかりではなく、自分自身にも嘘をつき続けることになります。

by yamato-aoki | 2010-08-30 08:01 | 日常業務 | Comments(0)
2010年 08月 28日

講習会3日目

毎日違う場所での講習会参加でしたが、昨日は横浜関内の開港記念館にて住宅金融支援機構の中古住宅・リフォームローンの融資適合資格である、適合証明技術者の更新講習を受けてまいりました。
みなとみらい線が出来て、地下駅を上がると目の前になりましたが、昨日は東横線の人身事故で手前のみなとみらい駅で電車が止まり、遅刻をしてしまうので仕方なくタクシーで会場に向かいました。
f0070542_7521955.jpg

会場には本当に多くの方が参加されておりました。2年に一度の講習ということもあり、開催地域での参加ができなかったのか東京や埼玉、遠くは奈良から来た方もこの講習を受けていたようです。最初は満席の1階に下りましたが、2階も開放されたようで長森ボスと共に2階に移動しました。眺めがよくリラックスできます。
f0070542_755213.jpg

2階には初めて登りました。8角形のアーチの下のステンドグラスが大正ロマン建築の印象をより強くしております。
f0070542_7572372.jpg

5時間の講習の成果がこれです。この件での問い合わせは本当に増えております。この有志資格で不正が続いていたようで、厳しい処分や罰則の話が何度もありました。どんな仕事でもそうですが、運用を疎かにする人がいて、真面目に運用して残る人が罰則強化でより仕事がややこしくなるのです。

by yamato-aoki | 2010-08-28 07:59 | 講習会 | Comments(0)
2010年 08月 27日

講習会2日目

今週は水曜、木曜、金曜と様々な講習会が続いております。昨日は2日目です。
1時からは国交省から改正長期優良住宅と性能表示の説明をいただきました。昨年から数回、運用実態のヒアリングと改善点の要望を受け付けていただいたのですが、その結果報告という位置付けです。
f0070542_8551979.jpg

一工務店の意見はただのぼやきですが、団体組織として意見が反映されて法律が改正になるという一連の流れは本当にありがたいものです。自分たちの保身ではなく、本当に困っている実態をしっかりと伝えて、みんなでより良い流れにしていきましょう。
質疑では私は2点をあげました。
1.設計性能評価の段階で地盤調査報告書は必要なのか。
施主の立場からは本来計画と予算がFIXした段階で工事を進めたいもの。建替工事の場合は不確定要素の多いまま、住む場所を失って申請ごとを進めていかなければならず、仮住まい期間も延びて金銭・精神的負担も増える。設計では地盤調査会社などが提供する近隣地盤の概要を実ながら想定する。
直ぐ近くのデータをよこせなど無理難題も言われる。近隣の情報を漏らすことなどありえない。
2.長期適合証明の手続きが無意味になっている。
役所の長期適合認定の段階でさらに図面を精査があり、新たな指摘があることも。二重チェックをするならば役所だけでことが足り、民間の審査機関のチェックは時間と費用がかかるだけになっている。
残念ながら、いずれもお持ち帰りの宿題とされてしまいました。
第二部はJBN国産材利用拡大委員会主催で木材の不朽・劣化・シロアリ対策について。京都大学の吉村先生の講習でした。
カビに始まり、様々な不朽菌の発生原因や、ヒラタキクイムシなど乾材害虫の特性、シロアリの種類ごとの特徴と対策を生物学研究の視点から丁寧に教えていただきました。
f0070542_945377.jpg

初めて見たました、これがアメリカカンザイシロアリです。一匹頭の大きなものが兵蟻です。ヤマトシロアリやイエシロアリよりもやや大きめです。
f0070542_955372.jpg

こやつらの糞です。6本の筋が特徴だそうです(ルーペがないと見れません)。
f0070542_9631100.jpg

横浜市鶴見区での被害状況です。乾材シロアリは地中から建物に侵入するのではなく、羽で飛んで小屋裏から入りますので、防ぐことが出来ず、業界では恐怖の存在でした。しかしコロニーの個体数は200ととても少なく、食害のスピードは日本の在来種よりも相当ゆっくりだそうです。報道で過激に伝わっていますが、被害住宅を丁寧に封じ込めれば大丈夫と先生もおっしゃっておりました。

by yamato-aoki | 2010-08-27 09:09 | 講習会 | Comments(0)
2010年 08月 26日

既存住宅の省エネ改修ガイドライン

昨日は午後から箱崎にて講習会、委員会に参加をしておりました。
f0070542_7412577.jpg

住宅はそもそも断熱材の他、断熱サッシ、ガラスなどで商業建築と比べて省エネルギー化は相当進んでおります。新築分野では次世代省エネルギー基準がそのけん引役で長期優良住宅も相まって適合率はますます増えております。
一方で既存住宅分野については制約が多く簡単に次世代省エネルギー基準への適合というわけにも行きません。今回改修工事のガイドラインが示されることで今後この分野においても優遇施策が打たれることが予想されます。
参加者は100人はゆうに超えていたでしょうか。北は北海道、南は沖縄まで様々な地域の優秀工務店が参加をされておりました。この講習はこの分野で各地域の講習を行なう講師を養成する講座です。
f0070542_7462532.jpg

ガイドラインの書類は一般販売は無いそうです(検討中だそうですが)。根拠となった研究や論文が分厚い本になって配布されておりました。
f0070542_7471886.jpg

東大の坂本雄三先生からはまとめるまでの背景と今後の期待が述べられました。
青木工務店で過去行った同様の改修の裏付けが確認できたようです。また施工においてより重点的に実施する項目も浮き出ました。直ぐに現場に反映します。
f0070542_7494053.jpg

15時からは場所を移動して次世代委員会です。サン工房の松井さんが自社のデータを開示してデータ分析手法を紹介していただきました。データで経営をするのではありません。直感の実証の裏付けがデータです。直感ばかりの私には感心するばかりでした。打ち上げでも、熱い議論が行なわれました。刺激を沢山受けて、また仕事に反映します。

by yamato-aoki | 2010-08-26 07:54 | 講習会 | Comments(0)
2010年 08月 25日

パトロール

昨日の午後はお客様のお打ち合わせのついでに、近くの3現場をパトロールに廻りました。駐車スペースが無いので健康的に自転車で廻ります。
f0070542_73936.jpg

横浜T邸は現在基礎の配筋工事中。支給品となるアンカーボルト、止水板を確認。施工図となる配筋図が最新のものとなっているか、職人に誤解が無いかをヒアリング。OKです。
移動中も取引先の会社の前を数社通ります。自転車で移動しているのを見られると、先方は呆れているのか驚いているのか、手を振り声を掛け自動車ではできないこともできるのです。
f0070542_741492.jpg

続いて汗だくで坂道を登り鶴間の店舗Rへ。木質ラーメン構造という大空間と壁量を減らせるSE工法の現場となっております。
f0070542_7431370.jpg

この工法は集成材で大臣認定を取得しております。土台は全て柱勝ちです。
f0070542_7441739.jpg

木造とは思えぬ大空間が広がっております。今後公共建築の木造化はこのように実現されていくことでしょう。青木工務店の得意な分野です。新店舗オープンに向けて加速度的に工事は進んでいきます。
その後お客様がインターネットで集めた建材を利用したリフォームT邸現場へ。お客様が在宅でしたので色々とお話が聞けました。アイディアが実現され、とても喜ばれている様子で安心しました。担当の廣橋とは工事を通じて良い関係が出来ていることが伝わりました。、一番暑い時期の工事で少々お疲れの様子でしたがあともう少しで竣工です。

by yamato-aoki | 2010-08-25 07:50 | 現場 | Comments(0)
2010年 08月 24日

無垢の木材と集成材

プロの工務店でも会社によってスタンスが違うのが木材の選び方です。今回は構造材について。
木材は一般的に乾燥する過程で収縮、割れ、反りなどが生じます。そしてJASS11でも構造材については含水率20%以下が求められており、平衡含水率(自然に落ち着く含水率と考えてください)は10%から15%程度となります(0にはなりません)。
使用上は乾燥しなければなりません。一方で乾燥すると見た目は割れたりしてしまい美観を損ねます。そこに大きなジレンマがあるのです。また産地ブランドなどもよく話題になるところです。
乾燥方法についても自然乾燥から人口乾燥まであります。平衡含水率は自然乾燥に比べて人口乾燥の方が低く落ち着きます。自然乾燥は木材ごとの乾燥度合いがバラバラで、時間も場所も取り、割れも多く生じます。一方で急激で無理な人口乾燥は木材を構成する組織を破壊することもあります。
話は変わり、一般的な仕様書には木材にJAS(日本農林規格)を求めることがありますが、無垢の木材の流通においてJASS材率は30%以下と低く、さらに羽柄材(下地材などですね)となると皆無といえます。
集成材はそのほとんどがJAS規格です。構造計算にも性能が明確で選びやすいといえます。しかし耐久性の低い樹種で作られたものが多く流通しております。人工材特有の製品不良もある程度の頻度で発生しております。見た目も人により良し悪しがあります。

by yamato-aoki | 2010-08-24 07:48 | 自然素材 | Comments(0)
2010年 08月 23日

綾瀬いきいき祭り

土曜日は仕事の合い間で綾瀬に行っておりました。綾瀬いきいき祭りという綾瀬市最大のイベントで、神奈川県建築士事務所協会のお手伝いです。
f0070542_7311691.jpg

文化ホールを中心に、道路を挟んで向こう側までがイベント会場となっております。綾瀬は電車の駅が無いのでバスや車での来場となります。午後の遅い時間でしたので遠くの駐車場に案内され、シャトルバスでの来場となり時間がかかりました。
f0070542_7324167.jpg

皆さん、すでにバテバテの様子でした。地域の人と話したり、市役所の方と話をしたりしておりました。
f0070542_7333550.jpg

建設業協会では子供たちに木工教室を行なっておりました。お店では見向きをしないものでも、自分たちで作ることで愛着は増すものです。その経験を通じてモノを大事にする気持ちが芽生えて、ものづくりを仕事にしたいと思ってもらえればなと考えてしまいます。
f0070542_735973.jpg

土曜日は大和天満宮でも、都内の現場K邸の近くでもお祭りでしたのでイベントとなっているところが多かったと思います。綾瀬のお祭りは子供がとても多かったようでとても賑やかでした。

by yamato-aoki | 2010-08-23 07:36 | イベント | Comments(0)
2010年 08月 20日

東海大相模

夏の甲子園、高校野球は神奈川県代表の東海大相模高校が頑張っております。40年振りの優勝となるか。決勝戦までついにたどり着きました。
思えばもう10年以上前ですが、現在レッドソックスの松坂大輔・横浜高校が優勝した年は横浜ベイスターズも優勝して、地元愛が芽生えたことを思い出します。
一二三投手も注目投手として大会前から注目されておりましたが、期待通りではないでしょうか。勝っても負けても最後まで力を出し切って頑張ってください。

by yamato-aoki | 2010-08-20 18:04 | 日々の出来事 | Comments(0)