<   2010年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

寅の集まり

10月10日の創業記念に向けて、各方面から寅年生まれの方に会長がお声を掛けているようです。0歳、12歳、24歳、36歳、48歳、60歳、72歳、84歳。96歳の方もいるのでしょうか。108歳?・・・
今更ながら、廻りには私と同じ干支の方がこんなに居るのだと感じます。また昔の話を聞くことでその人の歴史を感じるのです。
一方、会長は単純なキーワードでのせていくのが上手だなぁと感じます。多くの方に集まってもらえれば嬉しいです。そのプレッシャーが明日への活力になります。明日からは新しい期のスタートです。今期も堅調に事業が推移していきますように。

by yamato-aoki | 2010-01-31 08:13 | イベント | Comments(0)
2010年 01月 30日

工務店の親父を誘惑

ほぼ毎日と言っていいほど、私宛にDMが届きます。一体どんな名簿からリストアップされているのでしょうか。個人情報なども、こういったものを制御できなければダメですよね。
f0070542_8345462.jpg

どの資料も、不安な工務店親父に対して手を差し伸べるような文章が見出しに目立ちます。思わず空けてしまう誘惑に駆られます。でも、そんな都合の良いことあるわけないじゃないですか。
青木工務店は1月決算月なので、今日が締め日となります。今期もお客様をはじめ、社員、大工、関係職方の皆様ありがとうございました。この御時勢に先を見越して仕事が出来ることが何よりもありがたいことに感じます。今日も元気いっぱい頑張っていきましょう!

by yamato-aoki | 2010-01-30 08:40 | 日々の出来事 | Comments(1)
2010年 01月 29日

完成お披露目見学会の予告

完了検査が終わっておりますが、まだまだ行わなければならない工事が残っております。
外構工事、植栽工事を2月14日までに完了予定です。これらの工事は家のお化粧です。外構や植栽が無いと家は締まって見えませんね。
16日に写真撮影。そしていよいよ2月27日(土)、28日(日)と完成お披露目の見学会を行ないます!建物には見やすいようにいたるところにポップアップメニューを取り付けて、何を考えてこういった設計、施工になったのかを分かりやすく御説明いいたします(この辺りがベタな青木工務店らしいところかもしれません)。
お客様の家でもいつも感じる、建物が完成していくことの高揚感はやっぱりモデルハウスでも同じなのですね。一番風呂は、管理に苦労をした廣橋君に入ってもらうことにしましょう。

by yamato-aoki | 2010-01-29 07:36 | かながわ200年の家 | Comments(0)
2010年 01月 28日

K邸地鎮祭

2月半ばまでは外出の多いスケジュールとなります。朝早く、夜も早めにとしたいのですが、夜も遅めになりつつあります。でも、本当にありがたいです。
f0070542_8101347.jpg

昨日は午前中、横浜のK邸地鎮祭を行ないました。高台に立地するこの土地は景色がとても良いところです。お客様がお払いを済ませて、私たちが敷地を清めます。工事が無事に竣工しますように。K様一家にますます幸せが訪れますように。
f0070542_811142.jpg

富士山は今日は見えませんが、生活の中で窓から遠くに視線が抜けることはとても快適ですよね。
午後からは関内にて神奈川県木造住宅協会(かな協)の新年会が行なわれました。
f0070542_8145350.jpg

長森ボスの挨拶で会がスタートします。私の持論ですが、見やすく整理された情報にはそれをまとめたメーカーやら販売店の色が付いた情報となってしまいます。良くも悪くも、生の情報は拾い読みをしたり不必要なものも多いのですが、受信する側の「感」で自由に料理が出来るものなのです。そういった情報がかな協から流れます。月に1000円。迷う費用ではないのですよね。
f0070542_8185361.jpg

藤澤センター長もお見えになりました。かな協への期待と組織力強化が求められます。様々な情報交換を通じて、一社では出来ないことを実現していきましょう。

by yamato-aoki | 2010-01-28 08:20 | 現場 | Comments(0)
2010年 01月 27日

建築木材の展望

昨日は朝から静岡方面へ。浜北市にある森林・林業研究センターの池田先生に、地域認証木材のJASに替わる団体認証活動への意見と合わせ梁などについて意見と御協力を求めました。
f0070542_933148.jpg

多くの工務店現場において、建築確認などの折衝は申請の代願設計事務所が行なう為、木材に関する細かな折衝が行なわれず、また工務店は書類ごとが苦手な為設計事務所を通じた審査機関からの指摘について本当に理解できていないまま進んでいる現状があります。
青木工務店では申請から一貫して自社で行なう為、主事との折衝のもとで御理解をいただいて進めてくることができました。今回静岡県や神奈川県も廻って構造計算にも測定値で載せられる材料を目指します。また乾燥技術からどうしても杉梁の乾燥が難しい為、合わせ梁を上手に利用した新たな設計方法も確立します。
f0070542_93955100.jpg

お昼は静岡市にある丁子屋さんというとろろの名店に行きました。東海道五十三次、21番目の宿場「丸子宿」です。500年以上の歴史があるこのお店は、平日にもかかわらず大変多くのお客さんがおりました。
f0070542_942090.jpg

安藤広重の東海道五十三次の絵にも、このお店は描かれているのです。すごい!
f0070542_9424727.jpg

ずるずるっと食べてしまいます。おなかいっぱいになりました。
f0070542_9444537.jpg

午後は岡部の静岡乾燥木材技術センターに視察です。神奈川県にはこういった施設が無いため、神奈川からもここへ乾燥の依頼が来るのです。
f0070542_9451850.jpg

高温炉が5基、中温炉が1基とフル稼働でした。
f0070542_946175.jpg

これは桧ですが、杉材でもD15がありました。3月にはJAS認証を取得するそうです。
f0070542_9465386.jpg

最後に富士で建築中の富士山木造住宅協会のモデルハウス「みんなのいえ」に寄りました。
f0070542_9502237.jpg

ここでは梁に正角の材料を重ねて使用してます。材料を有効に使う技術となります。

by yamato-aoki | 2010-01-27 09:53 | 業界活動 | Comments(1)
2010年 01月 27日

完了検査

かながわ200年の家も昨日完了検査を受けました。
前日は夜遅くまで仕上げ作業が続いておりました。私も応援(邪魔でしたか?)に来て見てまいりました。
f0070542_9262485.jpg

床の養生が取れて、漆塗りの床が現れました。かっこいいです。
f0070542_9265787.jpg

デザイン性の高い照明器具。高い(泣)がかっこいいです。
f0070542_9272922.jpg

玄関は黒御影石をあえてシンプルに張りました。木津たかしくんももう一人前です。
f0070542_92981.jpg

階段のふみ面には麻シートを張ります。はだしで住んでもらいたい青木工務店の家、麻のふみごごちは気持ち良いです。
f0070542_929347.jpg

松岡さんの床張り技術は相当なものです。難しい材料も難なく張ってしまいます。
昨日は終日外出しておりましたが、無事検査合格でした。さて、完了報告です。

by yamato-aoki | 2010-01-27 09:31 | かながわ200年の家 | Comments(0)
2010年 01月 25日

耐震の現場調査にて

年が明けてから、耐震診断に追われております。現在も8件同時作業中。私のスキルは上がるばかりです。これではまずい、ということで2月12日の夜に社内向けの耐震診断の実務講習を行うこととしました。診断までの背景や実際の診断方法、補強方法の要点、補助金制度の活用などなど。目指すは全員が同じスキルで診断、耐震補強が出来ることです。
今日は二件、耐震診断の為に小屋裏や床下にもぐって現場の様子を見てまいりました。
耐震診断の現場調査をしていていつも気付くことですが、私自身「この家の結果がよければいいな」と思うのです。お客様が長く住まわれている家なので、口ではまったくだめだよ~なんていっても誰よりも家のことが心配で大切なのは間違いがありません。確かにまずい所も多々あるのですが、グッドポイントも見逃さないで反映したいのです。脅迫じみて耐震補強の受注を取るなんて最低です。どんな家でも、蘇らせちゃうぞーと思うのです。

by yamato-aoki | 2010-01-25 19:26 | 現場 | Comments(0)
2010年 01月 23日

今日も盛りだくさん

今日はお昼過ぎまで中央林間N邸お引渡しでした。この現場も長期優良住宅となっているので、新しい家作りの仕組みに組み込まれております。お引渡しファイルも充実して、これがデータとなって住宅履歴情報(愛称はいえかるてです)となって家の情報が保管されます。この先は住宅のリフォームに合わせて情報をしっかりと更新していくのです。
N様、その手続きをすることが出来ない業者には絶対に頼まないでください。そして今後とも青木工務店をよろしくお願いいたします。
午後はK様御家族が初来社でした。本日が御契約となります。元気な男の子二人が走り回っておりました。ものづくりに興味がある御長男は倉庫の木片を嬉しそうに持ち帰りました。家で工作をするそうです。テレビゲームよりも手と道具を使ってモノを作る。将来は大工さんに、どう??とスカウトをしましたら恥ずかしがって断られてしまいました(泣)。
横浜の高台、海と富士山。とても眺めの良いロケーションに建ちます。とても楽しみです。
夕方からは社内で面接が行われました。たまたま会長も居ましたので、いっしょに色々な話(とはいってもほとんど一方的に話をしましたが)を交えて青木工務店の家作りを伝えることとなりました。
それにしても、本当に多くのことを勉強し、知識を蓄えなければ今の家作りはすることができません。だからといって、頭でっかちでもダメなのです。この仕事が好きで、誇りが持てて、楽しければ興味を持って色々なことが吸収できるはずです。がんばっていきましょう。

by yamato-aoki | 2010-01-23 20:41 | 現場 | Comments(0)
2010年 01月 23日

平成22年マルダイ新年会

昨日は午後から富士のマルダイさんの新年会に参加をしてまいりました。マルダイさんは新年会を何度か行ないます。大工工務店向けのものもありますが、今回はマルダイの仕入れ元、問屋やメーカー、商社さん向けの新年会です。
ではなぜ青木工務店も参加をしたのでしょうか。今回も講習として全建連青木会長と藤澤工務店サポートセンター長の運転手として参加です。
f0070542_13492935.jpg

深澤一元会長の張りのある挨拶で講習会がスタートしました。
f0070542_16484153.jpg

青木会長より全建連の活動が紹介されました。
f0070542_1649626.jpg

藤澤センター長よりサポートセンターの活動が紹介されました。
f0070542_16493377.jpg

部屋を移して新年会です。深沢裕一郎社長よりマルダイの昨年の実績と今年の方針が発表されました。
f0070542_16502290.jpg

300人近い人が集まる大きな新年会です。
参加をしていつも思うことは、良い社員をたくさん抱えているなということです。それも社長や会長の人柄なのでしょう。私も見習わないと。

by yamato-aoki | 2010-01-23 16:51 | 講習会 | Comments(0)
2010年 01月 22日

第37回相模太子講

毎年1月21日は相模太子講が鶴間の観音寺で行なわれます。聖徳太子は色々な逸話がある人ですが、職人の神様という側面もあり、太子講は職人の集まりなのです。
f0070542_7452451.jpg

大正の初期から、大山参拝の沿道沿いに立つこのお寺で、現在の鶴間、深見、瀬谷、阿久和の地域にまたがって職人が集まり、太子講が開かれていたそうです。
f0070542_745402.jpg

f0070542_7455076.jpg

現在は大和市内の職人で、全部で30名ほどになるのでしょうか。最若手ということで、今後の太子講のあり方について問われました。今は1年の初めに集まるだけの新年会となっています。この会も、失礼ながらあと10年経つと、このままでは人数は1/3以下になるかも知れません。新しく人を集めても、参加意義を見出さなければなりません。建築職人で構成する集まりの勉強会の一環としてこの太子講があるという位置付けが良いのではないでしょうか。

by yamato-aoki | 2010-01-22 07:51 | イベント | Comments(0)