<   2009年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

衆議院選挙

上棟式だった昨日は衆議院選挙の投票日でした。みんなには期日前選挙に行くように話をしてましたが行ったのでしょうか。
結果は皆さん、報道にあるとおりですね。確かに、歴史的な出来事です。
私の地元地域でも、小選挙区で自民党現職大臣が破れ、民主党の新人が当選しました。

勢力図が極端から極端という流れにはいささか心配がありますが、好敵手がいることでの切磋琢磨が期待できます。私たちも時の政権のマニフェストをしっかりと保管して、今後の政権運営を見守っていかなければなりません。期待しております!
f0070542_7584996.jpg


by yamato-aoki | 2009-08-31 07:58 | 日々の出来事 | Comments(1)
2009年 08月 31日

かながわ200年の家上棟

昨日はかながわ200年の家の上棟でした。
f0070542_7313149.jpg

図面も大事ですが、建て方作業ではこの手板図が持ち運びに便利です。今回村木棟梁の手刻みでしたので、当然手板図が作られ、作業の指示に使用されておりました。
f0070542_7324752.jpg

今回もZマーク梁受金物が使用されております。スギ、地松材でも安心です。
f0070542_7333282.jpg

羽子板ボルトにも高耐久メッキ「デュラルコート」の羽子板ボルトを使用しました。
f0070542_7341986.jpg

大黒柱が立てられました。設置場所も構造の要となり、またリビングの入り口に絡む場所です。今後もお世話になります。
f0070542_7344476.jpg

通し柱が立てられました。断面欠損を減らす為にここにもZマーク梁受け金物が使用されております。
f0070542_736591.jpg

地松のタイコ梁が掛けられました。作業場で見るサイズと現場とは印象が大分変わります。この部分の仕上がりはこってり系となります。
f0070542_7364013.jpg

登り梁をかけます。この部分の仕上がりはあっさり系となります。
f0070542_7373681.jpg

無事組みあがった様子です。
f0070542_7393178.jpg

垂直、水平は丁寧にチェックをします。手つきも慎重に見えますね。
f0070542_738542.jpg

棟までなんとか組みあがりました。私も棟をまたいで廻りの景色を眺めました。台風の影響で雨風がとても心配でしたが、みんなの日頃の良い行いで間に合いました。
f0070542_7392063.jpg

雨も強くなり、向かいの自社アパート「コーポA]で上棟式です。社員、大工、A0会メンバーに集まってもらいました。みんながとても仲良い様子は仕事の上でのチームワークに反映されます。とても嬉しいひと時です(御近所の片側にはとても御迷惑で申し訳ございませんでした)。
f0070542_739528.jpg

青木工務店の5代目も参加しておりました。宴会の中でも寝てしまうところがわが子ながらたくましいです。
雨にしっかりと打たれて洗礼され、火事にならない家になります。構造見学会は10月に行う予定です。ご期待ください。

by yamato-aoki | 2009-08-31 07:44 | かながわ200年の家 | Comments(0)
2009年 08月 30日

T邸見学会

昨日はT邸構造見学会が行なわれました。
今年最後の真夏日かもしれません、とても暑い中全部で7組のお客様がご見学されました。ありがとうございました。今回もミニミニ講習会を行い、長期優良住宅の説明と、それに対する青木工務店の建物の特徴、なぜその工法を選択したかというへの思いをお話させていただきました。
現場は断熱工事も終わり、外壁通気、床下のメンテナンス状況、造作工事も入り始めたので将来の可変性の部分をご見学いただきました。また秋田スギをはじめとするオール国産材による構造、日本発となる無垢材対応のZマーク梁受け金物プレカットなども見所もたくさんでした。
長期優良住宅も「家を建てよう」と思われている方はだいぶ浸透してきていると感じますが、圧倒的に情報が少ないのが「住宅履歴情報」であるようです。「しっかりとつくって、しっかりと守る」。先進的な工法などは前半の「しっかりとつくる」部分で、一般的にはこの部分ばかりがクローズアップされているようです。「しっかりと守る」の部分が住宅履歴をはじめとする建物そのものの情報管理、更新履歴、長期修繕計画から工務店との付き合い方、技能者の育成にまで発展する部分であると考えております。実は、この部分が長期優良住宅の本当に大事な部分であると私は思うのです。

by yamato-aoki | 2009-08-30 05:51 | イベント | Comments(0)
2009年 08月 29日

ぞくぞくと、長期優良住宅が着工です

本日は構造見学会です。たくさんの来場者がいれば嬉しいです。
明日は大和市内のN邸新築工事の御契約です。N様は御親戚まで工事をさせていただいている方です。ありがとうございます。
もう一つ、モデルハウス「かながわ200年の家」の上棟です(天候がとても心配ですが)。
来週もK邸新築工事の御契約です。K様一族でも数十件も工事をさせていただいているお客様です。本当に、感謝感謝でいっぱいです。一つ一つしっかりと作り上げてまいります!今後ともよろしくお願いいたします。

by yamato-aoki | 2009-08-29 07:04 | 日常業務 | Comments(0)
2009年 08月 28日

泉区岡津町長期優良住宅構造見学会開催

明日30日は泉区岡津町で建築中の長期優良住宅の構造見学会が行われます。
f0070542_6554160.jpg

長期優良住宅のコンセプト、「しっかりと作り、しっかりと守る」の「しっかりと作る」の部分が良くわかります。構造や通気工法、断熱工法といった部位は仕上がってしまうと分からなくなってしまいます。実物をご確認いただきながらスタッフが詳しく御説明いたしますので是非ご参加ください。
付近の地図(印があるところではありません)
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&utm_source=ja-hp
もう一つの「しっかりと守る」が一番重要であると私は考えております。長期修繕計画に加え、住宅履歴の保存、更新がしっかりと根付くように私たち業界が実践しなければなりません。青木工務店では完全なる第三者法人である工務店サポートセンターに住宅履歴を保管します。工務店サポートセンターは国会でも話がありましたが、国が行っている中小工務店バックアップの具体例として挙げられている団体です。工務店に万が一のことがあっても、最高レベルの安全性で住宅履歴は保管されます。

by yamato-aoki | 2009-08-28 06:56 | インフォメーション | Comments(0)
2009年 08月 27日

モデルハウス実験その②

モデルハウスは長期優良住宅です。従って耐久性の等級も最高等級となります。それをすべて国産材で対応。さらに薬剤処理を一切使用しないルール通りでの対応です。
実験はその部分ですが、ホウ酸のシロアリ防蟻・防腐剤を塗布してみました。この材料は公の機関でまだ「効果あり」と正式承認されていないものです(認証申請中だそうです)。従って性能表示上の薬剤処理とは認められません。現段階では樹種対応の補足という位置付けです。
f0070542_7144550.jpg

通常の現場塗布薬剤処理が5年の保証で、揮発が進んでしまうことに対して、ホウ酸の処理は木材内の水分を利用して徐々に内部へ浸透する性質があります。つまりいずれは芯まで浸み込むのです。
f0070542_7145914.jpg

土台に塗布をしていきます。無色透明ですが塗布した部分は濡れ色が付きます。
f0070542_7152330.jpg

仕口部分は特に念入りに。
匂いは僅か。水で薄めて使用します。塗った後は多少のべたつきがありますので、化粧で見える部分は使えません。

by yamato-aoki | 2009-08-27 07:18 | かながわ200年の家 | Comments(1)
2009年 08月 27日

モデルハウス実験①結果

基礎コンクリート一体打ちの結果が出ました。
f0070542_75941.jpg

打継のジャンカなどは一切ありませんでした。
f0070542_755439.jpg

一周目のコンクリート内の空気の抜けが悪かった部分がありました。
f0070542_763572.jpg

この辺りは合格です。文句なし。
f0070542_77145.jpg

内通りも良さそうです。通りはどうでしょうか。
工事後は勝栄土建の幹部と今後の課題と対策を検討します。季節ごとのコンクリートの配合から使用する道具とその数、人員配置、ミキサー車のサイズまでノウハウを積み上げて更に進化を続けます。

by yamato-aoki | 2009-08-27 07:09 | かながわ200年の家 | Comments(0)
2009年 08月 27日

職業体験その2

先日のブログにて、会社近くの光が丘中学校の授業の一環である生徒の職業体験の受け入れのことを触れましたが、また新たに上和田中学校の受け入れを行うこととなりました。昨日の夕方は上和田中学校の担当教員の先生が御来社され、色々な話を聞くことが出来ました。
大和市内の中学校でも、この授業を実施している学校、していない学校、していたが辞めた学校など様々なようです。また受け入れ側も市内の工務店では青木工務店のみであったようです。
実施していたが辞めた理由。受け入れ先と生徒とのトラブルなどが多いようです。あまり面倒なことになるようでは大変ですね。でも、仕事はそういう人を排除することになりますので授業といえども私なら帰らせてしまうと思います。
そうは言っても、学生に対して常々思うことがあります。学生時代の「何でもあり」から、実社会に出ての「成果主義」。社会に出たら、自分の力で勝負をすることになります。学生時代は周囲を隠れ蓑にすることができます。卒業というセレモニーを境に180度変わる環境。対応しきれない人が「心の病」に陥ってしまう。
こういった職業体験を通じて、この先待ち受けている社会を僅かでも感じてもらえればいいですね。

by yamato-aoki | 2009-08-27 07:03 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 08月 26日

埃にまみれて

昨日の午前中は、この秋に予定しているスケルトンリフォームの現場の下調査に行ってまいりました。
現場担当の山田、斉藤と肥後大工といっしょに引継ぎと打ち合わせ、現場状況の確認も兼ねております。傷んでいる部分も「何とかして蘇らせてしまうぞ」という気持ちで実はわくわくしてしまいます。
f0070542_6425026.jpg

小屋裏の状況を確認します。屋根の勾配、小屋伏せの状況、各部材の寸法から雨漏りの状況、痛み具合も確認します。
f0070542_6441050.jpg

スパンと屋根荷重に対して部材が小さい部分もありましたが、基本的には健全です。乾燥初期のクリープ現象も見られました。矩計も採寸して図面に反映してもらうようにします。
f0070542_6452179.jpg

床下も開けて確認をします。連続した基礎ではないので基礎補強が必要です。床下の換気方法については概念図を作成して作戦を練る必要があります。
文化財ではない、こういった普通の古い木造建物をしっかりと改修することが今後工務店の大切な仕事の一つだと常々考えております。
午後からは増改築委員会に参加をしました。今回は静岡県庁から建築安全推進室の早津さんの講演です。静岡は言うまでも無く東海地震に備えて県を挙げての建物耐震対策に力を入れております。その実績は先日の大きな地震の被害状況を見ても明らかです。テレビCMも流されているそうで、江守トオル(ドモホルンリンクルのCMのナレーションといっしょですね)さんの声でした。
f0070542_6505547.jpg

f0070542_6511623.jpg

静岡県で作成したパンフレット類です。お客様にとってはとても気になる費用について、数多くの事例を載せて紹介されております。これなら自らの建物と照らし合わせての検討ができそうです。
f0070542_6524660.jpg

耐震補助の補助金が交付される際に、このようなステッカーがもらえます。NHKのシールなどと同じように玄関に貼るようです。お墨付きみたいで良いですね。
頭を悩ませるのは、訪問販売などでよく見られる悪質リフォーム対策だそうです。資格に裏付けされた認定制度などで排除しているようです。どの地域でもいっしょですね。

by yamato-aoki | 2009-08-26 06:59 | 現場 | Comments(1)
2009年 08月 25日

今週来週

週明け月曜日からフル回転です。
打ち合わせ担当としての仕事は当然ですが、次の一手の準備も進めております。現在の仕事という足固めも行いながら、先の道の整備も続けなければ前に進むことは出来ません。20年以上応援できてもらっている東北方面の大工さんにも、いつもより早めに声を掛けました。青木イズムでしっかりと工事を行います。
今週の土曜日は泉区T邸の構造見学会、日曜日はかながわ200年の家の上棟、月火水はISOの更新審査と今週は準備作業ばかりです。しっかりと準備をしておきましょう。

by yamato-aoki | 2009-08-25 07:11 | 日常業務 | Comments(0)