大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

増える一方

住宅産業でもこの数年で矢継ぎ早にたくさんの決まりが作られております。
それは映画のワンシーンでも良くある、動いてるバスに飛び乗っていくイメージに近いかもしれません。どこに行くのか見定めて、飛び乗る。遅れるとおいてけ掘りになってしまう。だからいつもきょろきょろと見渡しておかなければなりません。
先日地獄の一日を経験した結果が自宅の届いておりました。
f0070542_173639.jpg

管理建築士講習の終了証です。最後の考査も無事に通ったということですね。
講習の後に、会社に戻って早速行ったことは、過去2年の設計業務、監理業務を神奈川県に報告すること、所属建築士の報告です。それには設計瑕疵の保険の加入の有無もあります(青木工務店は入ってますよ)。
これらはこの仕事をする前段階の話です。いつの間にやらやることは本当に増える一方。いつだったか、大工も「やることばっかり増えて」と言っておりましたが、こちらはもっともっと増えているのです。
今日は午前、午後とそれぞれ社内でお客様とお打ち合わせでした。労力はお客様向けに注ぎたいものです。

by yamato-aoki | 2009-05-30 17:08 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 05月 29日

精密耐震診断事業委員会

昨日の夕方は大和市役所会議室にて大和市耐震化協議会の精密耐震診断事業の会議に出席しました。今回の私の立場は建築士事務所協会に所属する設計事務所です。その中でも耐震診断の実績が多くあるので、今まで青木工務店で行ってきた経験から色々と確認したいことや、スタンスを伺いました。
大和市役所、商工会議所、各建築団体合同のプロジェクトですので、ある一定レベルのスキルを保たなければ問い合わせをする市民にとって、問い合わせ先による差が出てしまいます。その一方で各事業者は、各々ができる最大のパフォーマンスを提供しなければ差別化となりません。
小幡会長からも、今期は先ず認識アップと未経験者の習熟を目標と掲げられました。青木工務店で携わる現場も、会員向けにオープンハウスとすることとなります。
耐震診断、設計は直ぐにできます。一番大変なのは、解体をして現状を知り、現場でおさまるような方法で再検討すること。そしてそれが現場で確実になされること。つまり耐震補強では設計監理が建築士の立場としてとてもたいへんなのです。設計・施工と一社で行えば、それが確実になるとある大家の先生も申しておりました。
建築指導課にはすでに60件の簡易診断の申し込みがあるそうです。来週も会合があります。一気に進んでいきそうな予感です。

by yamato-aoki | 2009-05-29 08:13 | 業界活動 | Comments(0)
2009年 05月 28日

コンパクト複合機

今月号の日経ホームビルダーで、ブラザー社のコンパクト複合機の広告の中に恥ずかしながら顔入りで掲載されております。
f0070542_7391241.jpg

ビジネス用にA3サイズまで対応。インクジェット式です。FAX、スキャナー、プリンター機能があります。しばらく使っておりますが、確かに便利です。価格も安いと思います。

f0070542_7493272.jpg

3年前に思い切って導入したレーザーカラー複合機ですが、図面の繊細な線が表現できなかったことが最大の誤算でした。モノクロレーザーの黒と、レーザーカラー複合機のモノクロ設定の黒とは印刷方法が違うそうです。細い線が表現できないんですね。この機械はきれいに出てました。
建築屋さんなら、線の種類(実線、鎖線、強弱)で意図することを表現されることは良くわかります。まれにオリジナルな表現があると「おっと」と思います(若手にありがち)。
今までの機械はさよならになりました。
f0070542_7482065.jpg


by yamato-aoki | 2009-05-28 07:48 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 05月 27日

大和市耐震化協議会の発足

昨日も慌しい一日となりました。
週に1回の定例会議での報告から、それからの出来事にはタイムラグがあります。先週からの出来事で、結果的に私が引っかきまわしてしまいお客様を巻き込んで少々混乱させてしまいました。各現場にあまり首を突っ込むべきではないのか、でもそんな会社の規模でもないしな。いずれにしても風通しの良い、見渡しの良い組織でありたいものです。
夕方からの電話ラッシュを掻い潜って、大和商工会議所に行ってまいりました。行政と業界とのタッグで発足する大和市耐震化協議会です。市内業者60社以上が登録しました。まだまだ増えていく予定だそうです。
f0070542_7265148.jpg

建築指導課から渋谷部長が挨拶。
f0070542_734357.jpg

大木大和市長もあいさつをされました。市内建物の耐震化、安心・安全の実現への期待が述べられました。
f0070542_7273142.jpg

商工会議所からは古木会頭代行も、「どこに頼んで良いのかわからない」という市民の声の受け皿へと期待が述べられました。
協議会の登録は5系統あります。
1)簡易耐震診断事業
2)精密耐震診断事業
3)耐震改修工事
4)家具転倒防止器具取り付け
青木工務店では設計から施工まで全て一貫して出来るよう、4つ全ての登録を済ませております。
f0070542_7285638.jpg


by yamato-aoki | 2009-05-27 07:34 | 講習会 | Comments(0)
2009年 05月 26日

法施行前の準備

昨日の午後はすまいるホールにて全建連の長期優良住宅の説明会が行われました。青木工務店からは私と設計の藪田、奥脇が参加をしました。会場は満席。立ち見や補助椅子がでました。前回の住宅履歴情報から更に盛り上がっている感じです。
f0070542_811849.jpg

f0070542_803716.jpg

事務局が連日の徹夜で作成したマニュアル。わかりやすく整理されております。
f0070542_81484.jpg

青木宏之全建連会長よりあいさつ。
f0070542_10481180.jpg

国土交通省からは越海木造住宅進興室長があいさつ。工務店への激励と期待を述べられておりました。
f0070542_824254.jpg

藤澤サポートセンター長より会の主旨と方針をあらためて説明。拡大する業務、八方に広がる方針に対して原点を見直す楔が打たれます。
f0070542_854218.jpg

技術支援委員の加来さんより仕組みの説明です。
長期優良住宅/長期優良住宅 全建連普及版/長期優良住宅 全建連先導モデルと3つの違いをわかりやすく説明されておりました。皆さん一番勘違いしてしまう部分です。
f0070542_874870.jpg

電子申請でいち早くタイアップをしたハウスプラスの杉原部長より申請方法の説明。オンライン上で申請・審査状況・質疑訂正を行います。窓口に行かなくてよいなんてすごいです。
工務店業界も準備は万全といった様子です。青木工務店でも6月の法施行開始と同時に申請を行っていきます。

by yamato-aoki | 2009-05-26 08:11 | 講習会 | Comments(0)
2009年 05月 25日

I様邸完成見学会

昨日はI様邸の完成見学会を行いました。あいにくの天気でしたが、天候が良くなった午後からお客様が見え始め、終われば20名以上の御来場がありました。ありがとうございました。
この現場も見所はたくさんあります。先ずは何といっても本うるしによる仕上げです。
f0070542_1050742.jpg

白い壁は漆喰です。来場された方も、皆「なんか落ち着くね」とおっしゃっておりました。以前も書きましたが、日本人のDNAにはインプットされているマテリアルなのでしょう。
f0070542_8121874.jpg

階段から見上げた様子です。
f0070542_813053.jpg

洗面カウンターはクリ材です。お客様と一緒にマルダイに行って購入したものです。素材の自然なカーブも活かします。
f0070542_8133027.jpg

玄関の敷台にもクリ材。框は樫を使いました。意外なのですが、硬い樫の木の方が漆の吸い込みが良いようで、濃く出ます。
f0070542_815473.jpg

大工作りのシステムキッチン。扉材は栓です。これからうるし塗装となります。
f0070542_8163311.jpg

和室には芯去りの秋田スギです。柾目が大面に来るのが特徴です。その他の洋間の化粧柱も秋田スギです。秋田県は大館の沓澤製材所さんから届きました。
f0070542_8182612.jpg

浴室はハーフユニットを使ってみました。腰上には青森ヒバです。システムバスではこの木の香りは出ません。でもブログには香りは伝えられません(泣)。
うるし塗りは全てお客様がなされております。今後も塗師として仕事を募集されるそうです。青木工務店でも今後お願いすることとなります。御興味のある方、いかがでしょうか。
その他にも建物のいたるところに施主施工が。寝室や洗面の珪藻土はお友達の皆さんといっしょに仕上げたものです。家作りが思い出作りになりました。

by yamato-aoki | 2009-05-25 08:22 | イベント | Comments(1)
2009年 05月 25日

T様邸御契約

土曜日は暑い一日でした。朝の執務を終えて都内のT様邸現場へ移動。社内で金子課長に引き継ぐ現場の打ち合わせもあるので私が運転をしながら金子課長に書類に目を通すようにする。時間は1時間半の余裕を見ていたが、環八が大渋滞。電車の方がよかったかな。今更後悔。
現場には約束の時間を遅れてしまい、大失敗。一番遅く着いてしまいました。現地ではすでにT様、設計監理の飯塚さんがいらっしゃいました。地縄が張られ、設計GLを設定。T様のお嬢さんが楽しそうに遊んでおりました。
f0070542_7574955.jpg

立地が商店街から少し入ったところです。この商店街はとても活況な雰囲気でした。たまたま商店街のイベントがあり、久しぶりにちんどんやさんをみることができました。
f0070542_7593348.jpg

T様も長くこの地域に住まわれており、顔なじみといった様子です。着工前のお払い、御近所の挨拶廻りの後にお昼を御馳走になってしまいました。
f0070542_81997.jpg

地元では知る人ぞ知るというお店なのでしょう。パッセンジャーだったら入れません。籠もり部屋のような二階でこんなにおいしいチラシ寿司が食べれるなんて、気分は旅行人です。ありがとうございました。
子供にとっては何でも遊び道具になってしまいます。とても人懐っこいお嬢さんは持ち物をたくさん見せて教えてくれました。T様は今までの建物の地震の影響と隙間風を気にされている様子でした。今回の新築でそれが一気に解消されるはずです。お子様のためにも、そういった住宅の基本性能は当然クリアして、さらに快適な設計で豊かに(飯塚さんの名前)暮らしてもらえるように頑張ります。

by yamato-aoki | 2009-05-25 08:08 | 現場 | Comments(0)
2009年 05月 23日

手作りのしょう油

今日も暑くなりそうです。
昨日は来週から工事着工のK様宅へ事前打ち合わせに行ってまいりました。帰り際、「また持っていらっしゃいよ」と手渡されたのが手作りのおしょう油です。
f0070542_7574731.jpg

K様は郷土料理の専門家です。高齢ながら、とても研究熱心でその根拠には化学的な裏づけが見え隠れするあたりが恐るべしなのです。「樽が壊れるまで続ける」と長年手作りしょう油を作っております。
以前納屋を移築する際に皆で仕込み済みの樽を運んだことがありました。納屋自体に付着した麹菌など有効成分。新しい納屋にも完全自然素材でつくり、菌が死んでしまわないように注意しておりました。菌がたくさん付着した杉板もたくさん持ち込みました。あれから4年。継続的にしょう油が作られています。
何色というのでしょうか。ビロード色?
f0070542_7582788.jpg

気になるのは味ですよね。少ないボキャブラリーの中で味を説明するのは難しいです。いわゆる化学醸造のしょう油と比べてとんがったところが無く、まろやかです。私は冷奴や刺身で使うのが最高においしいです。
K様は化学醸造のものとくらべて繰り返しの過熱でも味が変化しないとおっしゃっておりました。つまり煮物などでしょうか。戴いた煮物も抜群です。
とにかく完全手作りの贅沢な一品なのです。買ったらいくらするのでしょう?そんなことも考える自分が下衆で情けない。

by yamato-aoki | 2009-05-23 08:04 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 05月 23日

しっくいとうるしの長期優良住宅完成見学会

明日は日野市平山にて長期優良住宅の完成見学会が行われます。
漆喰壁とうるし、真壁といった日本古来の材料・ディテールに、耐震・省エネ・高断熱高気密といった最新の工法とのコラボレーションです。
場所は京王線 平山城址公園駅より徒歩1分。駅から新宿を向いたら左手の出口に向かい、道路に出たら右に道路なりに歩いていくと河川敷沿いの公園の前にあります。
時間は10:00から16:00までです。是非御来場ください!
f0070542_7465023.jpg

ちら見せですが、うるしの深い色合いがわかります。

by yamato-aoki | 2009-05-23 07:47 | インフォメーション | Comments(0)
2009年 05月 22日

テレビ放送

明後日5月24日日曜日の6:00からテレビ朝日で放送されている渡辺篤士の建もの探訪に、青木工務店で施工しました都内のS様邸が紹介されます。
設計監理はacaaの岸本さんです。どんな形で紹介されるのでしょうか。楽しみです。宜しければ見てください!(青木工務店の名前はでないだろうな...)。
http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

by yamato-aoki | 2009-05-22 20:52 | インフォメーション | Comments(1)