<   2009年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 27日

雨、雨、雪??

今週に入ってからまったく天気が冴えません。来週まで続くようです。冬時期は日が短いのが難点ですが、比較的天気が安定することが良いはず。この10日間の天候不良は一時はやった「想定外」ですね。
今週も上棟があり、来週も上棟があります。予定はずれるのかもしれません。明日のお引渡しは、大丈夫なようです。本当にお天気に左右されるのが、この仕事なのです。それにしても、雪マークも出てます。冬も最後になってやけになっているのでしょうか。

昨日のニュース番組ですごい光景を見ました。副振動という現象で海面が1Mも上がり床上浸水まで起きました。12時間沖の塩の満ち引きは月の影響で主振動、それに対して副振動とは東シナ海特有の浅く長い大陸棚と低気圧の影響で、低気圧の移動と波の動きがシンクロして海面が以上に持ち上がる現象だそうです。
海岸一体に被害があったようですが、台風とは違って静かにやってくる魔物のようだったのでしょう。こんなことも起こるのですね。

by yamato-aoki | 2009-02-27 08:09 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 02月 26日

ヒョウヒョウと

昨日の夜は仲間の工務店社長のお通夜でした。元々は神奈川QBC以来の仲間で、お互い二代に渡ってのお付き合いとなっていました。今年も新年会で顔を合わしていたのに。まだ50歳前の病気による最期。早すぎる死にいたたまれない気持ちとなっています。
感傷に浸るにも、実際の工事中の状況が気になってしまうもの。どうやら番頭さんがしっかりと動いている現場について対応にあたっていらっしゃるようです。それは安心です。
工務店は泥臭い仕事が多いのです。格好付け続けられている人はどうやら本物ではないようです。尊敬する先輩方は皆、あるところで超越してヒョウヒョウとしていらっしゃる気がしてます。

by yamato-aoki | 2009-02-26 08:02 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 02月 25日

二層式洗濯機

この所雑誌の取材を多く受けております。長期優良住宅についてや雨漏り対策など技術面のことが多いのですが、専門誌ばかりなのでなかなか一般の目に触れる機会はないのでしょう。一方で専門家が見るのでいい加減なこともいえないので仕上がった原稿にはそれなりに気をつけて見直すことになります。
昨日はいつもとは違って、基礎パッキンで有名なメーカーである城東テクノさんの広告取材を受けました。赤星たみこさんのマンガで書かれる広告です。営業担当から、いつもシナリオが無く本当のお客様と接客している様子で取材がなされます。私も本当に何も準備無く素のままで話をしておりました。今回から長期優良住宅特集だそうです。青木工務店があまりにも肩の力が抜けた形で200年住宅を作っているので少々拍子抜けといった様子でした。
大和市内の現場にも移動。実際に触れて感心しながら見ていらっしゃいました。さすがに取材で多くの現場を見ていらっしゃるので、見るところもなかなかマニアな所もありました。こちらの奥様は二層式洗濯機がお好きで新築後も継続使用されます。実際節水で汚れ落ちが良いとのことです。たみこさんも二層式を強く勧めていらっしゃるようでものすごく共感されておりました。
先週はNHKから電話で取材前の連絡がありました。まだ番組になるかわかりませんが、雨漏り事故に対する特集だそうです。社会環境から職場環境、多様な工法と考えられるあらゆる原因を話しました。そして何より、職人に対する冷遇を強調しました。注目されるのは大工ばかり、家はそれ以外たくさんの職人が入るのですから。危機感を常に感じております。

by yamato-aoki | 2009-02-25 08:08 | イベント | Comments(3)
2009年 02月 24日

祝!アカデミー賞

久しぶりに明るい話題という気がします。昨日発表されたアカデミー賞のなかで、短編アニメーション賞に「つみきのいえ」、外国語部門賞に「おくりびと」と二邦映画が受賞されました!
私はまだ両方とも見たことがありません。そういえば久しく映画館にも足を運んでいないな。世界で評価されるのだから期待してしまいますね。今度DVDで見てみます。
アメリカの映画の制作費とは二桁は違う日本映画。またハリウッドでは「○○パート2」といったネタ切れで続編ばかりが目立つ気がしてます。この御時勢、単発モノで制作費も省エネ映画でいかにも日本的で良いかもしれません。ジャパニーズ クール?

by yamato-aoki | 2009-02-24 07:58 | 日々の出来事 | Comments(0)
2009年 02月 23日

火事の惨劇

今週は空模様があまり芳しくありません。外の作業は空模様を見ながら行うことになりそうです。今朝も夜の暖かさから一変して冷たい雨。午前中には止むようですが、この先を見てもぱっとしない天気です。
先日、マンションの火災現場に行く機会がありました。まだ出火元・原因がわかっていないようですが、検証は終わっているということで片付けの段取りとなります。
f0070542_835146.jpg

過去にも何回か経験がありますが、燃え広がる状況と被災の爪あとが生々しく残り、寒気を感じます。
そして、特有のにおいが鼻をつつくのです。
f0070542_841462.jpg

大きなけが人は出なかったのが不幸中の幸いです。すべては命があってこそ。こういった現場を見ると火災警報器の必要性を感じます。
新築の住宅では平成16年から、既存の住宅では来年の4月までに住宅用火災警報器の設置の義務付けが行われます。設置を行った際は最寄の消防署に届け出ることが必要です(新築工事は建築確認の際に書類が廻るそうで届出の必要はありません)。またなかには規格外のものの設置があるようで必ずNSマークの入ったものを取り付けましょう。

by yamato-aoki | 2009-02-23 08:04 | 現場 | Comments(1)
2009年 02月 22日

見直し改善

土曜日はたいていお打合せかイベントごとの一日となります。そして昨日は反省ばかりの一日となりました。言い訳をしているばかりでは何も変わりません。それぞれ思い当たることを見直し、プロセスの節ごとに歯止めがかかるようにしなければなりません。やることはたくさんあります。

それにしても、なかなかうまくいかないことばかりです。

by yamato-aoki | 2009-02-22 15:14 | 日常業務 | Comments(0)
2009年 02月 21日

工期の重み

今日は来週お引渡し予定の新築現場のお客様検査が行われます。今日は天候も良く検査日和です。工事の遅延によってお客様には御迷惑をおかけしておりました。
先日私も現場に立ち寄り一通りの様子を確認に行ったところ、クリーニングまで終わっている状態で残るはあと床の塗装と土間の仕上げといった様子でした。大工も相当苦労をした後がありますが、想いが伝わる仕上がりです。家中が明るいプランで、なるほどこういうことだったのかとあらためて知らされるところも多かったようです。さて、どんな家なのかは完成写真を待ってください。
工事の遅延というのは本当に辛いことです。実は本来であれば一週間前が引渡し期日でした。今年の初め、その旨を伝え、お詫びをする文書は私も何度も読み返すこととなりました。だからこそ余計にその仕上がり具合は気になるものです。検査後もしっかりとリカバリーをして最後まできっちりと仕上げてまいりましょう。

by yamato-aoki | 2009-02-21 08:17 | 日常業務 | Comments(0)
2009年 02月 20日

おさらい

昨日は大和商工会議所にて住宅・建築関係事業者技術力向上支援講習会の第一回目が行われました。全部で合計3回行われます。一回目が住宅瑕疵担保履行法と木造構造、二回目が省エネ、三回目が長期住宅と耐震改修となります。いずれもめまぐるしく変わってきた法整備に事業者をバックアップしていこうという国の補助制度です。
一回目には私も行く予定でしたが都合がつかなくなり、最若手である齋藤と廣橋が参加をしてまいりました。講習後、会社に戻ってきた二人に講習の様子をヒアリングしたのですが、とても心強い返答がありました。
2人にとってもわかりきったことということで、あえておさらいという気持ちで受講をしたようです。普段の仕事の中で身についていたことを改めて実感できたようでした。来週は2回、3回が行われます。

by yamato-aoki | 2009-02-20 07:57 | 講習会 | Comments(0)
2009年 02月 19日

在宅介護

昨日の午後はお客様とのお打ち合わせで入院をされている病院にいってまいりました。リハビリを続けられておりましたが少々障害が残ってしまい、退院に向けての住宅改修となります。
医師、看護師、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)、ケアマネージャー(介護支援専門員)、建築士(私)とそれぞれの分野のスペシャリストが患者様の状態からどうやって今後在宅介護を続けていくかをあらゆる角度から相談をします。こういった集まりに始めて参加をしたのでとても興味深い経験でした。私は建築技術的な意見や申請への対応などを報告し、現状考えられる懸念事項、不確定事項などを議題に挙げました。
厚生労働省は今後の超高齢化社会に向けての対応として従来の施設介護型から在宅介護型へ舵を切りなおしました。ここでの集まりは今後の社会の縮図にです。在宅介護では患者本人だけではなく、介助をする家族にも配慮が必要です。ベストを尽くして望みたいと思います。
ところでこの文書に出てきたそれぞれの資格、皆さん明確に違いがわかりますか?

by yamato-aoki | 2009-02-19 07:55 | 日常業務 | Comments(1)
2009年 02月 18日

KIZUKURI

今朝もだいぶ冷え込んでます。気温差が体にこたえますね。
昨日は木造計算ソフト「KIZUKURI」の講習会に参加をしてまいりました。11時から19時までのスケジュールなので、当初だいぶハードかなと思っておりましたが、夢中で聞いて話していたのであっという間の一日となりました。
f0070542_8125946.jpg

受講者は青木工務店からは私と新入社員の廣橋君と2人なのでとても密に色々と話を聞くことが出来ました。講師はKIZUKURIを作った星川さん。色々話を聞くと、良く知っている人のことばかり。この業界、本当に狭いのだ。
この道のプロの話しを聞くことは本当に楽しい。様々な建物の経験から色々な話を聞くことが出来た。そして引っかかっていた部分がきれいになるように、多くの収穫を得ることができてとても有意義な時間となりました。
住・木センターのグレー本を予め読んでいて正解です。予備知識が無ければあの話、ついていけなかったかもしれません。

by yamato-aoki | 2009-02-18 08:17 | 講習会 | Comments(0)