<   2007年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

自治会館工事

昨晩は自治会館新築工事の契約。一年半の期間を経て度重なる打合せを行ってきた。関係者からの信頼をこれから現実化していくにあたり、その辺りの緊張感は現場担当の末次にも十分に伝わっているようだ。完成すれば青木工務店らしいチークのフロアが印象的な建物となる。
今年の入梅は6月上旬を予想され例年よりも早いようだ。早く入梅した分、早く梅雨明けしてくれればいい。これからの時期は予定が立てにくい。穏やかに過ぎて行って欲しい。

by yamato-aoki | 2007-05-31 07:54 | Comments(0)
2007年 05月 30日

予定は段々と押し、、、

昨日は渋滞を避けるために早出をして定期点検で見つかった補修工事の現場へ。とはいえやや渋滞をしている事を覚悟していたのだが、意外に道は空いていて予定よりも30分早く到着してしまい、エンジンを切って車内で書類作業。直ぐに約束していた職方が次々と到着する。みんな時間よりも早い到着でさすがだ。妙に嬉しい。事前の打合せどおり各自がおのおの作業に入り、速やかに一時間で完了。作業の中で、お客様にも詳しくメンテナンス方法が説明されていた。
その後現場3件分の打合せで協力業者の会社へ。新材料などの質問も織り交ぜて納期確認。その後戸塚の法務局へ資料を調べに行く。こっち方面への渋滞はすごかった。戸塚駅前の開かずの踏み切り。お昼は気温も上昇し、車内環境も劣悪。イライラ。予定時刻を30分過ぎる。
一度会社に戻り書類に目を通し、各指示事項をまとめて再び大和市内の現場へ。こちらは予定通り職人が入っていて終わりそうだ。細かな納まりの指示でやっぱり時間がおしてしまう。
その後箱崎の全建連へ。サポートセンターのプロジェクトとして武蔵工業大学の大橋先生を委員長に全建連版の耐震改修法の確立を行なう委員会の第一回目。私を含め6社の工務店が自社の耐震改修工事の事例を元に要望や問題を浮き立たせた。大橋先生からは最終的な成果としてどのようなものを考えているかをまとめて欲しいといわれ、こちら側の準備不足も浮き彫りになった。メーカー主導の高価な金物などを使わずに普通の部材で建防協のみとめる工法とすることだと思う。その内容も実際に手掛けたノウハウを使って多くの引き出しをラインナップしたい。そして顧客に対する明快な見積もりのスタンダードを業界で確立すること。ワクワクしてきた。

by yamato-aoki | 2007-05-30 08:02 | Comments(0)
2007年 05月 29日

有名人の訃報

坂井泉水さんが亡くなった
ZARDのボーカリストといえば私の世代の人は知らない人はいないだろう。私が中高生時代に人気だった。顔は美人なのにTVにもほとんど出てこない、ライブもほとんど行なわれていないとミステリアスな雰囲気があった。手掛けている曲はほとんど本人が作詞をしていたが、露出がないので陰ではゴーストライターがいると噂にもなったりした。
人知れずガンという病魔と闘っていたということもわかり、とても切ない思いがした。また学生の頃の思い出が本当に過去のものになってしまったという印象だ。国ではガン治療支援策を昨年からやっと開始した。早く医学が進歩し、救われる命が増えればいいと本当に思う。
松岡大臣も亡くなった
散々バッシングされていたのだから。国会議員の身の振り方は、武士の腹切を思い起こす。自分の意思なのか、もっと上からの指示なのか。命をかけてやり抜くことはこういうことではないのではないのか。こういったニュースは本当にいやなものだ。

by yamato-aoki | 2007-05-29 13:22 | Comments(0)
2007年 05月 28日

内覧会

一般内覧会
26日土曜日は20日にお引渡しをした関水眼科さんの一般内覧会。御近所の方へ開放し、院内の説明や医療内容の説明などを院長をはじめスタッフの方がお話をされていた。大和市内なのでお見えになった方の中にも私たちのお客様もいらしたので、御挨拶。
f0070542_861167.jpg好天気も奏して総勢150名ほどいらしたようだった。ほとんどの方が他の眼科にかかっている患者さんのようで、内容を熱心に質問されていた。最寄の駅駅からは少々あるが、25台の駐車場とコミニュティーバスの発着場が敷地内のため不便はない立地。千客万来となってほしい。

関係者内覧会
昨日は午前中お客様宅の敷地で地縄張りやその他今後のスケジュールのお打合せ。解体工事が終り、敷地の全体の様子が地縄を張ることで浮き上がってくる。改めてプランとその先の景色、既存建物との関係が確認できた。これから建てられる現役世代、子供を迎える親世代と調整が続く。関係者皆さんにとって出来る限りベストな選択をと陰ながらサポートしつつ、工事が始まったらその職務をしっかりと全うしたい。
f0070542_819553.jpg午後からは再び関水眼科さんへ。今日は関係者の内覧会。現地では会長と待ち合わせて入場した。医療器具が入るとあれだけ広く感じた部屋がかなりびっちりと器具で取られていることがわかる。視力検査はおのずと距離が必要。その他の検査器具も検査順に整然と並んでいた。最後の院長のお話を聞きながら、改めてこの医院の仕事は公的性の高い仕事であった事を思い返す。CSの考えは医療の場でも、その施設のあり方を持って示されることもあるのだ。

by yamato-aoki | 2007-05-28 08:19 | Comments(0)
2007年 05月 26日

建築部集合

定例の朝礼、会議後は建築社員の忙しい合間を縫って全員でISOリフォーム検討。工事各工程についての仕事上のポイントを整理。何が出来ていないと工事が出来ないのか。何を見て工事を行なうのか。関係法令は何か。関係資格は何か。過去の失敗例。検査ポイント。結果できるもの。公的検査工程。
経験という曖昧な基準で培われた工事管理を紐解き、新入社員でもわかるように(そのようなイメージで)各ベテランたちが作成したものをみんなでチェック。時には社員同士で言い合いになる等各人のこだわりも見えて面白い。なかなか全員集まることが難しいので出来るだけ効率的に進めて行きたい。
一方気になることが、何を要求して作成するのかを理解していない人がいること。忙しさにかまけて手を抜いているのか。あらゆる事を経験してきたのだから、展開はおのずと出てくるはず。この作業は多少マネジメントの要素があるので社員にとっては普段の業務でなかなか行なってきてはいなかったことなのかもしれない。社員からも会社を良くするという作業はこういった段階を踏んでいくのだと経験する場ともいえる。

by yamato-aoki | 2007-05-26 08:03 | Comments(0)
2007年 05月 25日

恵みの雨となるか

今日は久しぶりに朝から雨。どうやら今のところ水不足が予想されているので多少なりとも恵みの雨となればいいのに。昨日までは乾燥していたのかカラカラと暑いという環境であったので気持ちの中でも一休みというそんな天気といえそうだ。
話は変わって新聞を読むと再びメーカーのリコールの話が増えてきているように感じる。一昨日も会長が住団連からもらってきた浴室乾燥換気扇に関する経済産業省の通達の書類を目にした。メーカーと製造時期から該当するものはなさそうだが、念のため納材業者にも確認を依頼する。電気屋さんにも接合方法について改めてヒアリングを行なう予定。この問題は一年以上前から出ていたが、まだ事故が続いているようだ。
業界が違うが、こんにゃく入りゼリーについて消費者センターからの会見は印象的だった。過去につまりにくいようにハート形に形状を変えた経緯がある。それでも事故は続いてしまった。もっと小さくするなり大きくするなりすれば良かったのだろうか。いずれにしても直ぐに商品改良をしなければ。死亡事故が起きては絶対にならない。

by yamato-aoki | 2007-05-25 08:54 | Comments(0)
2007年 05月 24日

SAREX総会

昨日は午後からサレックスの総会に出席の為錦糸町へ。会場に行く途中に現場確認、防犯リフォームのお打合せ、材料の買出しに寄りながら行くことになったので朝から会社を出る。夏のような日差しに車内の温度も上昇。道は混んでいる。ここ3週間休んでいないので体にこたえる。
錦糸町アビリティーガーデンは雇用保険で建てられた建物だ。錦糸町駅から徒歩5分にものすごく立派な建物。いつも複雑な気分。しかし利用しない手はない。駐車場も入れさせてもらえた。
f0070542_81202.jpg開場は100人程の席がほぼ満席になる大盛況。発足当初からのメンバーの顔から大分変わって知らない方も多くいた。カラーが少しずつ変わっていくこともここからも読み取れる。今年の活動も盛りだくさんで全てこなして行ったら相当な労力が必要となるだろう。お客様のニーズの多様化から我々はもっともっと多くの事を学び実行していかなければならないのだ。足を止めたものは淘汰される。
国土交通省からは小川木造振興室長、藤澤先生、小野先生、田口さん、岩下先生、野辺さんと多くの講演を聞きながら、隣にいた新入社員の川島に「今の話は理解できたか」と確認。フォローをしながら理解を深める。きっかけ、問題提起、対策検討、実行、結果と背景にある一連のプロセスがある。内容は彼にとってまだ難しいが、常に課題があって会社組織だけではなく個人としても各課題に対して取り組む気持ちが必要である。

by yamato-aoki | 2007-05-24 08:18 | Comments(0)
2007年 05月 23日

携帯電話会社ばかり儲けさせるな

携帯電話がビジネスに浸透して現在では必須といえるツールとなっている。その一方で顔を見合わせての打合せの密度が薄くなってきている事を感じているのは私だけではないはずだ。
現場で業者と打ち合わせ中コールが鳴り、携帯電話で長電話。こちらは待ちぼうけ。その後打合せをするが、特に質問もなくメモを取っている。その後実際に施工当日になると携帯が鳴る。実物が目の前にあるときに話せばいいものを、あれやこれやと遠隔打合せでは時間ばかりかかる。
私はON/OFF共通の携帯電話なので四六時中電話に出る。しかしお打ち合わせ中は出ない。失礼だもの。打合せが終わって電話を見ると着信が入っていて不明な番号。留守電話は入っていない。折り返せといわんばかりの様子。割り込んだ挙句伝言もないというのはいかがなものか。
社員にも携帯電話のマナーについては何度も話をしている。お客様の前では控えること。口調が変わることもおかしい。別の現場の打合せなどもってのほか。着信音は不快なものとしないこと。長電話はしない。新入社員世代の常識はどうかな。
ところで先月から社員に支給している携帯電話の料金プランを見直した。過去の使用状況を鑑みて決定し、超過分については実費を負担することとしている。早速2名が超過通話となってしまったが、全体的には意識改革で経費削減となった。打合せは基本は会社若しくは現場だ。

by yamato-aoki | 2007-05-23 07:53 | Comments(0)
2007年 05月 22日

書庫の中で

工事後の資料
どの工務店も頭を悩ませているのが工事完了後の資料保管。弊社では幸い置き場がたくさんあるので過去50年前からの資料が完全ではないが残っている。ISO発足後は1現場20センチ程の厚さで図面から打合せ書、承認図、日報など残っているので現場担当者が退職してもかなりの情報がストックされている。
時間があれば書面をPDF化してデータ保存としたいのだが、なかなか手は廻らない。現場ではモバイルを利用しているわけではなく、どうしても書面中心となる。とはいえ始めなければ進んでいかないので先ずは過去50年の図面をスキャナーで読み込み、保存することから始めることとした。
お客様へお引渡しの際にお戻しする書類。工事完了後、お引越し、荷物の整理、荷物の開封と慌しく過ぎる生活でどこかに紛失しないかと心配になることがある。いざとなったら必要になるもの。物置の奥にちゃんとあるか一度見てはいかがでしょうか。

by yamato-aoki | 2007-05-22 07:52 | Comments(0)
2007年 05月 21日

関水眼科さん竣工

 大和の関水眼科さん新築工事が昨日お引渡しとなった。計画段階から工期がとてもタイトであった為設計の石井さん、現場担当の山田課長、協力業者の方と本当に御礼を言いたい。一方近隣の方には大変ご迷惑を掛けてしまい深く反省する。工事中は道具が盗まれたり、資材が紛失したり事件もあったが、何より事故がなく竣工できたことが本当に良かった。f0070542_197145.jpg
 広いロビーと待合室、検査室。院長御夫妻は来院される患者様に喜んでいただければとゆったりと気持ちのよい空間を心がけておうちあわせされていた。大和にこれだけ立派な眼科が出来たので、近隣周辺の方にも是非是非利用してもらいたい。今回この建物の中には手術設備もあるのでより良い医療をしてもらえそうだ。私も大工の村木も疲れると目に来るほうなので今後は幾度となくお世話になるだろう。来月から開院予定です。f0070542_1972656.jpg

by yamato-aoki | 2007-05-21 19:09 | Comments(0)