大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

49日

29日は午後から祖母稲子の49日法要を仏導寺にて行なった。月日がたつのは本当に早いものである。祖母の旧姓「半田」は現在町田にある親戚のみが残っている。しかしそちらも女系の家系で子供が女の子ばかりなので家名を残そうと色々考えていると聞いた。父の従兄弟はいつも女性ばかりに囲まれているので男性が多い青木家の集まりではうれしそうだと町田の伯母はなしていた。
現在仏導寺さんの玄関も弊社で工事中である。4月は住職様がとてもお忙しいかった様子で工事もその合間を縫って行なわれていた。つい先日も塗装工事に入ったばかりであった為、まだシンナーの匂いが大分残っていることが気になった。現場塗装については本当に課題が残る。匂いは強烈だが、比較的早く匂いが飛び、塗膜が丈夫で仕上がりが良い溶剤系塗料か。匂いはやや穏やかだが塗膜があまり強くなく、仕上がりがあまり良くない水性系塗料か。安全だが決して心地よくない匂いがしばらく続き、メンテ周期が短いが素人でも比較的扱いやすいオイル系塗料か。仕様用途と場所、建築条件で使い分けている。

by yamato-aoki | 2007-04-30 10:12 | Comments(0)
2007年 04月 28日

シルバー色

6月にトステムからシルバー色の住宅用サッシが新色として登場することとなった。私もよくサッシメーカーにシルバー色を出すように要望していたが、同じ思いをする人も多かったようだ。
アルミサッシのカテゴリーとしてビル用サッシと住宅用サッシとは分けられている。ビル用ではいまでもシルバー色をよく目にするので普通の人は何を言っているのか良くわからないかもしれないが、住宅用サッシではシルバー色はすでになくなっていた色なのだ。アルミサッシが世に出た頃はアルマイト処理したシルバー色のことをアルミサッシと呼んでいた。その後カラーサッシが登場しシルバーは無くなっていった。和風建築に良く使うブロンズ色(トステムは3月に廃盤)、未だ洋風には欠かせないホワイト、一世風靡をしたブラック、アースカラーが流行ったブラウン、つや消し流行の走りグレー/ブルー、そして最近よく目にする三協アルミが流行らせたシャンパンゴールド系の色と時代とともに流行は移り変わっていく。ルネサンスではないが、原点回帰としてシルバーが再登場というわけだ。
f0070542_8505256.jpg無垢の木材と思いは同じで、私は着色をする事をあまり好まない。無垢の木材は竣工時こそ色々な色があり落ち着かないが、経年により同じ種類の木材だけではなく、多種多様な木材もそれぞれが調和しあってどんどんと深みが増していく。完成時が100%の家なんてもったいないではないか。
内部と外部を仕切るサッシはおのずと枠材である木材と組み合わされる。おなじ生地同士なじむことは言うまでもない。素材そのままなのだから文句のつけようが無い。
実際はヘアーライン処理、つや消し処理をしているので本当の生地ではないが、是非使って行きたい色だ。

by yamato-aoki | 2007-04-28 08:51 | Comments(0)
2007年 04月 27日

飛行機と音と

在日米軍から一方的な通達。厚木基地と硫黄島で5月8日から11日までNLB(夜間離着陸訓練)を行なうという。今年に入って初めて。深夜22:00過ぎまで飛行機が飛ぶのだ。飛行機以外にも地上ではアフターバーナー(短い滑走で離陸できる装置)のゴーゴーという音が聞こえる。聞きなれていない人は何の音だと思うだろう。
夜に訓練を行なうのはやはり暗いので危険が多いからだろう。危険が多いことはつまり事故も起こる可能性が高いといえる。事故がおきればその下に住んでいる我々にも大きな被害が出る。恐ろしいことだ。アメリカに文句を言えない日本。やはり日本は占領地なのだろうか。せめて訓練中に事故が無い事を祈る。

by yamato-aoki | 2007-04-27 18:22 | Comments(0)
2007年 04月 27日

連休の日程

やっと晴れて気持ちのよい気候になってきた。太陽の光の中で新緑がより一層綺麗に見える。会社の中庭にある楠木は常緑樹で常に葉が落ちているのだが、ここの所落ちる葉の量が多い気がする。常緑樹も生え変わりやすい季節なのだろうか。
あっという間に連休前となってしまった。今年の青木工務店のGWは以下のようになります。
4/29から5/6(8日間)
多くの現場が動くことになりますので各担当から連絡があったと思いますが、不明な所がありましたら明日までに御連絡をお願いいたします。
連休は溜まった仕事をこなすのもいいが、せっかくなので教養を身に付けるチャンスにしたい。学生の時にもっともっと色々と見聞きすればよかったと今更ながら思う。むしろ社会に出てからのほうが知識欲が旺盛になったかもしれない。
さて、今日は午後から出来るだけ多くの現場を廻って安全パトロールと行きましょうか。

by yamato-aoki | 2007-04-27 07:36 | Comments(0)
2007年 04月 26日

あせりながらも冷静に

昨日は朝から早出でお客様宅へ御契約へ向かう。雨の25日とあって道路の混雑が予想されたが、逆にほとんど住宅も無くお客様宅へ到着。今日は大安だし幸先が良い。
連休明けの工事着工ともあって現場担当の末次といっしょにいった。契約書の取り交わし後、内容の引継ぎと周辺の挨拶回りを行う。お打合せ書と図面もさることながら、最終的にどうしたいのか、という基本的な要望が実現するように簡潔に話を済ませる。そしてここが難しそうなところ、今後のお打合せで中身と詰める所だと説明。引き継ぐこともコツがいるのだ。
帰りは逆に道が込み始めていて会社に戻るのがお昼前になってしまう。もどると未処理の書類が増えていて、かつPCの具合が悪いのかNET上の処理がエラーとなり何度も試すことになる。結果としては期日が前日に過ぎていたので別の処理をしなければならなくなったのだが、まったく忙しいときにうまくいかないものだ。
午後もダブルブッキングでの来客などあり、また夕方のお打合せに時間も押してきてあまり落ち着きの無いまま一日が過ぎる。でもこういうときのミスなどが危ないものだ。あせりつつ、冷静に。

by yamato-aoki | 2007-04-26 07:50 | Comments(0)
2007年 04月 24日

新しいユニフォーム

土曜日の全体会議の場で社員・大工・工務の全員に新しい青いジャンパーと作業シャツを配布した。過去にも数回に渡って作業着の支給が行われていた。5年前も私がシャツを選んで配布したのだが、趣旨説明が足りていなかったので定着がしなかった。今回はたっぷりと一時間かけて趣旨説明を行い、週があけて月曜からはこれ以外着てはダメと縛りを設けた。
f0070542_735019.jpg趣旨とは単純で、制服やユニフォームの意味合いである。この色の服を着ている人は青木工務店の人である。青木工務店のトラックを乗ってくる青い服の人。顔は違ってもしっかりとした仕事をしていく人たち。そして仲間通しもあの人に負けないくらいいい仕事が出来るよう気持ちを高められる。そして、なにより同じ服を着ている仲間である。
お金をかける投資は比較的簡単に行なわれ他社もまねをするのが容易だが、趣旨説明をしっかりとして私がどう考えているのかを伝え、それがみんなの気持ちになって変わっていけば簡単にまねは出来ないだろう。
さっそく大工からは真新しい作業着にやれ熱いだの重いだのいっていたが、朝みんなが集まったときにみんなが同じ格好をしていることがやけに新鮮で、何か変わりそうな予感だ。何度も言うが、同じ服を着た仲間である。

by yamato-aoki | 2007-04-24 07:35 | Comments(0)
2007年 04月 23日

投票その2

昨日は朝から夫婦揃って投票所へ。今日は妻に負けじとさらりと投票用紙に候補者の名前を書き入れて投票。私のほうが早かった。速報などは夜のニュースで知ることとなったが、良くも悪くもリーダーや代表者が代わるといろいろ変化が起きるもの。どうか、世の為人の為に暮らしやすい環境整備と地域産業の復興を願う。
夜は買い物に行きながら妻と話し合う。俺たちは本当に質素だな。家に薄型テレビもないし(興味が無いのであまり必要と思わないけど)。妻が先日クリーニング不可のオーダーレースカーテンを誤って乾燥機にかけてしまい、しわくちゃにしてしまった。仕方ないので既成サイズの980円のレースのカーテンを買ったが、意外と部屋にはあってほくほく顔でいたところだった。しかしたまには贅沢においしいレストランへ食事などに行く。これはと思ったものはいいものを選ぶ。プチセレブというらしい。これも団塊ジュニアの傾向だと雑誌に書いてあったっけ。

by yamato-aoki | 2007-04-23 18:51 | Comments(0)
2007年 04月 23日

なかなか晴れない

神奈川県木造住宅協会の発足
21日土曜日は大和商工会議所にて神奈川県木造住宅協会の発足式として午後講習会が開かれた。午前中から横須賀の長森さん、国土交通省から小川木造振興室長が御来社され、社内の案内や講習の打合せを行っていた。
今回私は全くのノータッチでプロジェクトが進んでいたので様子は全くわからなかったが、会場には80名近くの方がいらして各講習の内容に耳を傾けていた。年会費がわずか24000円なので費用からすると大したことはできないが、入ることで何かを取得するのではなく、集まることでより強くなるということが大事なことである。神奈川県の必要とされるビルダー組織としての地盤を固めていって欲しい。

連休明けの仕事
今朝も早起きをしてお客様宅へ向かう。月曜日なので道路が混んでいるのではと心配していたが、むしろ普段よりも空いていて予定より50分近く早くつきそうになった。せっかくなのでお客様宅周辺の過去工事をした現場をみて廻る。ああ、少し外装が痛んできているな。今度の葉書に少し書いておこう。
いろいろしている間に約束の時間となり、お打合せに入る。連休明けの着工でお客様が快諾していただいた。引継ぎ業務の為今週中にもう一度お邪魔する事を約束する。
帰り道も見積もり中の現場に立ち寄る。隣地の方にたまたまあったのだが、もとはその方が土地の持ち主だったという。せっかくなので色々と過去の話(土地や周辺の状況など)を伺った。たいへん参考になり、しっかりと御礼を申し上げで引き上げる。見えない部分も見えてきた。
さらにその脚で先日お引渡しをした現場により、奥様と談話。さてこれからはメンテナンスのことがきになるところ。外壁にはすでに雨だれの染みがうっすらと見えていた。まわりがまだ工事中だからか、学校のグランドからなのか。水をかけて柔らかいスポンジで擦るといったメンテナンスをお願いする。
その後はまた別のお客様宅へ工事完了の確認と集金を行なう。お客様はまた別の工事を思案中だそう。お声かけいただけるようにお願いする。連休前なので区切りよく仕事を進めなければ。

by yamato-aoki | 2007-04-23 16:04 | Comments(0)
2007年 04月 21日

勉強の日

話し合いの場
昨日は午後から社員全員と面談を行なう時間を取った。普段の業務中ではなかなか一対一で話す機会がないので貴重な時間となった。
私がこれから先はどう考えているか、社員はこれから先どう考えているか。組織内をどう考えているのか。微妙なずれはありつつも、ここ3年伝え続けてきたベクトルは定まりつつある事を肌で感じた。今日の夕方はさらに大工も集めて全体会議の場を設けている。会社のリーダーとして旗を振り、口で伝え、行動で示していかなければ本当に良くはならない。

新入社員
同じ時間、新入社員の2人には松井先生による新入社員の心構えの話をしてもらっていた。元海上自衛隊の船の船長として三原山の噴火で大活躍をしていた先生だが、20歳の2人にはあの自然災害は知らないようだ。ふたたびジェネレーションギャップを感じた。こちらも有意義な講義を聴けたようであった。このようなお話は経験をしてまた何度も繰り返し聞くと実感できるはず。頭の片隅に残っている間に多くの体験をさせよう。

by yamato-aoki | 2007-04-21 11:23 | Comments(0)
2007年 04月 20日

一日社内

連休前の事務仕事
早いもので来週末はゴールデンウィークとなってしまう。今年も足早に4ヶ月が過ぎてしまうのか。連休前に折衝を出来るだけ詰めておきたいと思い予定を色々と入れていたのだが、昨日はなぜか予定変更やら連絡が取れなかったやらで一日社内にいる予定となった。
こうなれば溜まった事務仕事を片っ端から片付けることとなる。見積もりも3件こなし、社内事務や見直し、明日の夜行なう全体会議の資料整理、来月の安全大会の草案と予想以上にはかどる。社内に目を向けるとやらねばならないことが改めて多く目に付く。折衝に気を取られすぎるとどうしてもおろそかになってしまいがち。私の悪い所だ。
建築の山崎の連絡がつかないと会社に連絡が多く寄せられている。いまだに現場にずっと向かわなくてはならないものか。同僚、上司、私と全員でフォローをしていかなければならない。

パネル工法
一日社内にいるとアポ無しの営業が多く来社していることに改めて気付く。今日は新潟の十日町の屋根・外壁下地パネルの会社の人がSAREXの仲間を通じていらっしゃった。とても遠くから来ているのだが、関東周辺にもお得意様が多いという。
工務店のオヤジは(私はまだお兄さんと思いたい)おのおのが考えるこだわりがある。サンドイッチされる断熱材の種類から面材の種類、パネルの接合部、桁と垂木の納まりなどパネル屋さんはそれぞれの工務店の考えるディティールを控えてその都度合わせているそうだ。頼む側とすれば「この間と同じで」というだろう。こういった部分も統一ディティールがあればいいのにと思う。
使用木材の樹種や通湿抵抗、薬剤処理、防火構造の規定などうるさいことをなんだかんだいってこの地域周辺事情なども説明する。なかなか難しいのだ。

by yamato-aoki | 2007-04-20 07:59 | Comments(0)