<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 31日

現場で起こっているんだ

 日曜の午前中は防音工事予定のお客様宅へ伺い、概要の説明と青木工務店の自己紹介・説明を行う。会長と同世代のお客様ということで、ご主人は息子と話しているような錯覚があるかもしれない(息子さんも同じ名前)。機会があれば会長にも会わせてくれとお話があった。会社の広告塔にはフル回転して頂かないと。
 今日は工事着工が多い月曜日。お盆休み前に出来るだけ終らすつもりで手配をしていた。お得意様のお宅もトイレの改修工事。念密に内容を練っていたので、進捗も想定内。リフォームは短期なだけ事前の準備が必要。工事中はご不便をおかけするが、仕上がりを楽しみにしてください。それ以外も数件の着工があり、本当に社長の仕事かとおもいつつ、やっぱり現場には活気があり、アイディアがあり、楽しみがある。家がよくなることはお客様はもちろん、作っている職人、私達も楽しくてしょうがないのだ。
 今週は夜が打ち合わせやら会議やら全ての日が入っている。またしばらく睡眠不足が続きそうなので心積もりをしておこう。

by yamato-aoki | 2006-07-31 19:55 | Comments(0)
2006年 07月 31日

週末

 雨予想だった週間天気予報がすべてかわり、梅雨は明けてしまったようだ。土曜日は打合せが続き忙しい週末となり嬉しい悲鳴である。天気のように今後も晴ればれといきたいものだ。
 防音庁から防音工事の連絡がお客様の所へだんだんと届くようになってきた。土曜日、日曜日と書類が届いたお客様へ打合せを行なった。近頃は資材の値上げが激しいなか、防音工事の予算だけはデフレ傾向。問題になっている。今後どうなっていくのか懸念。
 午後はお盆明け工事着工予定のお客様と材料の確認に御来社頂いた。せっかくのストックなのでこの中から選んでいただければよりよく安く使うことが出来る。感触ではチークのフローリングが気に入られた様子。チーク、いいです。
 夕方は契約のためお客様宅へ。解体工事が別途での打合せで解体を行なう業者も同席したが、予定通りに工事に入ることが出来ないことが判明。工程は一ヶ月スライド。予定は未定。設計の先生を介してなのでお客様とは初対面であったが、別の関係で共通の知り合いがいることが判明する。これだから人の繋がりはわからない。一期一会。

by yamato-aoki | 2006-07-31 12:04 | Comments(1)
2006年 07月 28日

時間をかけて撮りたい

 昨日撮影した鵠沼の現場の写真を取り込みました。新しい一眼レフデジカメの写真です。コンパクトデジカメに比べ広角がバッチリと利いています。まだしばらくストックがあるので急には変わりませんが、今後の自慢レターの写真の画質が良くなるはずです。お楽しみに!!
f0070542_22401116.jpg
f0070542_22402391.jpg
f0070542_2240304.jpg

 明日のお引渡しを控え今日は社内検査を兼ねて現場へ。夕方折衝中のお客様と合流して現場の仕上がりの様子などを確認をしていただく。あいにくの雨でバタバタしてしまっていたが、なんとかここまでこぎつけられた。正に、みんなの協力のおかけだ。現場担当の石上が一生懸命にこまごまとした作業を行なっていた。明日自信を持ってお引渡しが出来るように出来る限りの事をして欲しい。

by yamato-aoki | 2006-07-28 22:46 | Comments(0)
2006年 07月 27日

サンストーン

 今朝は早く起きて出社。早々に事務仕事を片付け、定時前に鵠沼へ。竣工現場の写真撮影に向かう。青木工務店らしい重厚な木をふんだんに使った現場だ。特に和室周りの差鴨居が印象に残る。ごつい和室に極太の天然絞り丸太の床柱も負けていない。杉の一枚板の建具は古い母屋のものを再利用した。いいものはいつまでも使えるのだ。
 帰り道にお客様宅へ見積もりを提出。お彼岸明け着工予定の古民家改築工事。大工の腕の見せ所だ。着工が楽しみである。その後買出しに市場へより、お昼に帰社。今日は妻が検診の日で、計画出産の予定日が決まった。いよいよ出産までカウントダウン。どうなることやら。
 お昼過ぎ仏導寺に伺い、防犯・常夜灯の工事のお打合せ。電気屋さんがとても忙しいので工事着工が遅れている。電気屋の軸屋専務にもいっしょに誤りにきてもらった。来週から着工。1日のお施餓鬼に間に合わず。すいません。
 夜は彫金屋の伯父さんに頼んでいたネクタイピンを受け取りにお店へ。サンストーンという石を埋め込んでもらった。あまり装飾物を身に付けないが、お守り代わりの意味と、ネクタイをすぐ汚すので実用的な意味で製作を依頼した。新しい家族を迎える青木家に幸あれ。

by yamato-aoki | 2006-07-27 22:29 | Comments(0)
2006年 07月 26日

来週梅雨明けかな

 今日は久しぶりに青空も広がり、思わず気分も高揚してしまう。暑いのは仕方が無いが、梅雨の間の晴れ間はとても貴重。今日は出来るだけ外工事を進めてもらいたい。
 午前中は設計の石井先生といっしょにお客様宅へ。新築の医療施設の計画で1回目のお打合せ。計画はいそがれている事を伺い、急ピッチで手をつけなければならない。今後より密に連絡をとる必要がある。燃えてきたぞ。
 午後はひたすら事務仕事。見積もり、手配、段取り。お盆前に片付けなければならない。忙しくも充実。夕方は書類を手に各社へ依頼ごと、打合せに廻る。長嶺工業所のせがれと打合せ。彼も専務になりましたと名刺をもらった。うれしいものだ。若い世代で次をがんばっていこうと誓い合う。

by yamato-aoki | 2006-07-26 20:33 | Comments(0)
2006年 07月 25日

制振金物

 今日は夕方から制振金物の現場見学と工事のお願い事を兼ねて横須賀の長森ボスの所へうかがった。対役所的な書類(補助金関係)と技術資料、施工要領を一通り目を通し、実際の取り付け場所へ。トキコ製のショックアブソーバーが見える。耐力壁での補強とは別の考えで精密診断の一つである時刻暦応答の考えでの補強となる。昭和56年7月以前の基礎が弱い建物や、耐力壁を設けにくい日本家屋、社寺建築などに適した工法といえる。
f0070542_22241630.jpg
f0070542_22243661.jpg
f0070542_22245516.jpg

 その後は例のごとく、ボスへお願い事。親子ともどもお世話になりっぱなしだ。何か別の形で御礼をしたいが、何も出来ていない。帰り道、お客様から電話が入る。日曜にお打合せしたときに私がファイルを忘れてしまったのを届けていただくことになった。本当に、大変申し訳ないことです。時間には戻れそうも無いので、末次にその件を伝える。
 さあ、これからもう一仕事。8月のお産には時間が作れるようにしておかねば。

by yamato-aoki | 2006-07-25 22:25 | Comments(0)
2006年 07月 25日

安全運転

 いまだすっきりしない空模様。今年の夏は短いようだ。過ごしやすいといえばそうなのだが、何となく気持ちも晴れ晴れしない。梅雨明けが待ち遠しい。
 宿題が多く溜まり、昨晩から考えていた通りに片っ端から手をつける。とはいえ、予定通り行かないことも想定どおり。午後からは終日外出となる為、しっかりと携帯電話を充電しておく。本当に便利になったと思う。
 現場確認の為埼玉へ向かう。途中事故を2件見かける。安全運転安全運転。おかげで予想以上に時間がかかってしまった。現場では石倉大工と電気屋さんが黙々と作業をしていた。電気屋さんの職人とは初めての会うのでコミニュケーションを取りながら現場確認。家具周りのコンセント高さ、スイッチの位置など中心に現場に位置だしをする。良くやってくれそうで安心。
 石倉もほぼ工程どおりの進みで順調そうだ。先の不明点など考えを話しておく。見ていなくてもしっかりと仕事をする。それが棟梁であり、職人と考える。その点安心。
 夜は元社員の岡田を交え、三人で食事へ。昔話や今後のことなどを話す。普段の仕事をこなしつつ、次世代の工務店コミニュティーを作っていければいいと思う。
 帰りも事故を3件目撃。今日は事故を良く見る。夜遅くなったがスピードを出さず、安全運転。

by yamato-aoki | 2006-07-25 08:40 | Comments(0)
2006年 07月 24日

先週末

 先週土曜日は数奇屋建築の増改築工事のお引き渡し。とはいえ天候不良の為外部工事が進まず、取り急ぎ内部完成のお引渡しとなってしまった。もともとが古い建物の為、継ぎ足し継ぎ足し大きくしてきた。完成の様子も、工事中の苦労が見て取れる。よくがんばったと思う。
 普段の生活には問題ないが、老齢で最近の事を直ぐに忘れてしまうお父様からお言葉があった。とてもコンパクトに生活空間がまとまっていてとても使いやすい、寸法がいいと。茶道具の大家で、昔のことやモノの良し悪しといった感覚的な部分は衰えていない。お父様の言葉にとても報われた。外部完成までまだしばらくあるが、完成の暁にはあらためて写真を撮って記念にしたい。
f0070542_926238.jpg
f0070542_9322684.jpg

 夜19:00から自治会館新築工事のお打合せで理事会の会合に出席。15人の理事の方から色々な質問や要望を伺う。普段の住宅と違い、対象者が大勢なので慣れない面もあるが、多くの考えを聞けて今後の参考にもなる。プロジェクト自体はまだ先だが、じっくりと練って進めることが出来そうだ。
 昨日午前中はお打合せで現場へ。土地勘の無い所なのでいろいろと歩いて廻ってみた。仮設計画には事前に良く練る必要がありそうだ。とはいえ、東京の一等地でも意外に静か。住みやすそうな環境でとてもうらやましい。お客様の現在のお住まいが青木工務店の近くの為、東京にいながら地元のお話で花が咲いた。
 午後は会社にて会長とともに別のお客様とお打合せ。3年越しのプロジェクト。徐々に話が進んできた。話の中でもお客様の想いがにじみ出ている。打合せの中で積み重ねてきた信頼関係。今後もより厚くできるように、良い提案が出来ればと思う。

by yamato-aoki | 2006-07-24 09:42 | Comments(0)
2006年 07月 21日

マニアックな質問

 毎週の建築会議。今日は研修に来ている松下エコシステムズの二人に「インバーター」と「ヒートポンプ」について発表をしてもらった。分かっているようで分かっていないこともある。インバーターとは一般に省エネといったイメージがあるが、改めてその仕組みを知ることとなった。
 簡単に言えば電気を交流→直流→交流にするそうだが、周波数を変える事がミソ。従って照明ならグローランプがいらなかったり、調光することができたりできるようになる。グローランプに流れる電力は蛍光灯本体を一時間付けた電力に匹敵するそうだ。
 ヒートポンプはその仕組みを良く分かっているのであまり質問は無かったのだが、最近外気温が低くてもヒートポンプが働く。もともとの原理からどこが改良されたのか?電球型蛍光灯は球自体にインバーターが付いているのか(グローが無い)?などそのほかにもいくつも新たな疑問があがった。来週一杯で研修が終わるので、次の会議までの宿題となった。マニアックな質問をするのが青木工務店。でもいい企業文化だと思っている。

by yamato-aoki | 2006-07-21 20:33 | Comments(0)
2006年 07月 21日

土砂災害

 梅雨明けを前に雨は降り続く。ニュースでは土砂災害で多くの方が被災されている。山がくずれて家を押し流す様子とは日常では考えられない。家を持って運び出すことは出来ないのでただその様子を見ていることしか出来ないのだから辛いだろう。
 幸い大和では子供の頃境川が氾濫して川沿いが水びだしになった記憶以外に水の災害を聞いたことが無い。治水事業が功を奏して最近はどんな大雨でも氾濫することはないようだ。一つの安心があるということはどれだけ心のストレスを軽くすることか。早く梅雨が空け天候が安定し、これ以上の災害が起きない事を望んで止まない。

by yamato-aoki | 2006-07-21 08:57 | Comments(0)