<   2006年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 31日

あわただしい1日

 今日は夏のように暑い日ざしが照りつける一日だった。少し風が吹いていたのが気になったが、梅雨本番を前に現場仕事ははかどったはず。
 私は朝から天窓の漏水の現場へ行っていた。数年大丈夫であったのだが、今年に入ってから大雨のたびに雨漏りをしていた。数回にわたりメンテナンスに行っていたが、解決に至らず、今回はメーカーの担当が来ての漏水箇所の検索。散水した結果ほぼ特定でき、乾くのを待って直ぐに補修をした。これで止まってくれればいいが、、、。
 小工事が重なり、社員からの色々な頼まれごとで今日はまったく自分の仕事が出来ない日であった。そんな日もある。今日は遅くなりそうだ。明日は早朝から現場へ。寝不足で事故を起さないように安全運転を心がけよう。

by yamato-aoki | 2006-05-31 21:30 | Comments(0)
2006年 05月 31日

ドイツ戦

 サッカーワールドカップの前哨戦であったドイツとの試合で寝不足の人もいたのではないでしょうか。点をとったという意味で2-2の引き分けの意味は大きい。特に全大会で無念の欠場であった高原、前々大会でやはり選出されなかった中村が大活躍したということが日本人好みのストーリー展開で面白い。これでよりワールドカップが楽しみになってきた。

by yamato-aoki | 2006-05-31 08:17 | Comments(0)
2006年 05月 30日

体力勝負

 今日は天気が良い。午前中は2件リフォーム契約でお客様宅へ伺う。梅雨に入るので工程が気になる。その辺りは十分にお客様へ説明し、御理解を求める。
 厚木から鎌倉へ移動。気温も上がり、初夏の陽気。海岸線を走っていると波乗り野郎や遠足の子供たちが多い。海はいいものだ。江ノ電も観光客が目立つ。
f0070542_20271170.jpg
 お昼に鎌倉へ到着。今日は上棟。久しぶりに重機が無い建て方なので進みが心配であったが、二階の柱を立てはじめるまで進んでおり、順調。風も無いので安心してできたはず。お客様がいらしており、大工とともにお昼を頂くことになった。お心遣い、大感謝。最後まで事故無く、順調に工事が進む事を改めて祈る。お昼過ぎに設計の山内さんがお見えになる。とてもお忙しい様子で、前よりも髪の毛が長くなっていた。お体は気をつけていただかないと、我々も困るので少し心配。山内さんが仕事をしやすいようにお膳立てをすることも我々の責務だ。社員、職方一同一丸となってがんばります。
f0070542_20334474.jpg
f0070542_2034098.jpg

 夜、へとへとになって大工一同が帰社。垂木を一部打つまで進んだとのこと。上出来だ。うちの大工は仲がよい。助け合う事を自然とやってくれている。建前の時はいつも頼もしいメンバーに感動している。今日はゆっくりと休んで明日またがんばろう。

by yamato-aoki | 2006-05-30 20:37 | Comments(0)
2006年 05月 30日

G

 グッドデザイン賞というのを目にしたことはないだろうか。スタイリッシュな道具、家電、車ひいては家など新聞広告、WEB上などで「G]という文字のロゴの賞だ。勝手な想像であったのだが、年に一度有識者が集まって各カテゴリーの優秀なデザインを勝手に評価して、その後企業に連絡して与えているものと思っていた。でも、少し違うようだ。グッドデザイン賞のパンフレットをみる機会があったのだが、料金表のようなものがあり、小売価格によって料金が定められていた。その価格も、ほかに「ハク」をつけるようなものに比べてもリーズナブルといえる。
 もちろん商品自体にある程度の要求があるようだが、申し出-受賞というながれのようで少しがっかり。そんなものなんだ。

by yamato-aoki | 2006-05-30 08:22 | Comments(1)
2006年 05月 29日

大地震について

インドネシアで再びおきた大地震は衝撃的だった。ここ十年で大きな地震が七回起きている。映像がまだ記憶の脳裏に焼き付いている大津波からもまだ二年しか立っていない。マグネチュードは6.5と中程度にも関わらず、死者は5000人に迫る勢いだ。それは発生時間と場所そして何より行政の対応が遅れていたことが大きい。
インドネシア政府はなぜ対策が遅れてしまったのだろうか。悲惨な災害現場の中継映像から強い憤りを感じた。日本もこうならないように耐震改修のムーブメントが起こさないといけない。いつきてもおかしくないといわれながらなかなか進まない耐震化工事。我々の出来ることはあるはず。インドネシアは直後の発表でこの数字。つまり、建物崩壊すぐの圧死。それだけは、先ず避けなければならない。
うちの防災袋の中身をまた点検しないと。

by yamato-aoki | 2006-05-29 14:37 | Comments(0)
2006年 05月 29日

シロイルカ

 最近、約10年ぶりに歯医者に通っている。ウィークデーはなかなか休めないので、日曜日に治療をしてくれるところへ時々行くことになるのだが、何歳になってもいやなものだ。治療中は硬直状態。あれこれ返答を求める事を聞かれても、口をあけたままではうなるしかない。今回は一時間以上みっちりと治療してもらった。
 午後はミハマ通商の社長から頂いた八景島の水族館のチケットを手に夫婦と出かける。八景島も5年ぶりか。日曜なので子供連れが目立つ。こどもがどんな行動をとっているか、それを親はどのように対処しているかと相変わらず観察。
 最近の目玉のシロイルカを観察。シロイルカはクジラみたいに背びれが無い。つるんとしている。見学している子供にちょっかいを出すあたり、どちらが見られているのかとほほえましい風景にも出会った。
 その後来週上棟の鎌倉の現場へ。村木、石倉が黙々と作業をしている。天気はよくなってきたので作業がやっと進み始めたという様子。怪我が無いように、それを強調。
 その後横須賀の長森さんのところへ。現場監督教育の講習会の資料作りを手伝い。しかし朝方まで作業していたらしく、終わっていた。長森さんがそうとう燃えている。講習会の当日にアシスタントで同席する約束となった。住宅現場での現場監督の要求は多い。それを体系的に再教育する、どのような結果となるか楽しみだ。

by yamato-aoki | 2006-05-29 07:49 | Comments(0)
2006年 05月 27日

静かな雨

 土曜日は社員の半分が休みにさせている。天気の様子もあってか社内は静かに感じる。
 午前中から御来社いただいたお客様とプラン・概算見積もりのお打合せ。お子様が3人いらっしゃったので一気ににぎやかになる。青木工務店としては御要望に出来るだけ沿っていながら、その先の提案を出来ることが理想。プランは奥様の要望をもう一度汲み直して次回へ。
 カタログ代わりの標準仕様シートをお渡しする。中身とその意図を思いを込めて説明。どんなにコストが厳しくとも、青木工務店の新築工事はこれだけは守ること。
 その後現場見学へ。本日は大工が私用で休み。誰もいなかった。事前に知らせていたので現場の整理やはしごが倒れないように結ばれていたりと準備が出来ていた。新井の心遣いに感謝。仕上がると見えなくなってしまう部分を中心にお話しする。断熱工事も終わっていて、室内は昨日の暖かい気温がのこっている。また交通量が多い国道が目の前の為、締めた時の防音効果も体感頂けた。
 その後OBのお客様宅へリフォーム後の気に入っていない部分の要望を伺った。家についていろいろ気になるのは大事にされていることに他ならない。速やかに補修をすることにする。お茶を頂いた時、御主人さまとの談話で仕事の話になる。私と年が近く、話が良くわかる。それぞれ立場が違うが、お金や利益だけではなく仕事の結果が世の中に役に立つようにしていきたいということで合意。
 その後古いOB様宅へリフォーム契約。新しいキッチンで今後もおいしいものをつくってください。もとがしっかりしているのでリフォームもやりがいがある。
 明日は横須賀の長森さんのところに行ってSAREXの現場監督講習会の資料作りの手伝いに行く予定。長森さんのノウハウをみんなに分けてもらえるのだ。ライフワークとして燃えている。応援してます。

by yamato-aoki | 2006-05-27 19:46 | Comments(0)
2006年 05月 27日

新しい工事看板

 今朝は雨がパラパラと降っている。どうやら明日まではこのような天気になるらしい。来週早々の上棟を控え、土台敷き、足場と、手伝いの大工の予定と支障が無ければよいが。多少の雨なら構わず工事をするように今一度指示する。幸い週明けからは天気も良くなる様だ。この時期は天気が変わりやすくて予定が未定となってしまう。
 青木工務店の新しい工事看板の試作品が出来上がった。今までのポリ合板からラミネートされた紙をサイプレスの枠でガッチリと組んで看板とした。イメージはガラリと変わり、さわやかな印象を受ける。社員からの評判も上々。黒川さん、ありがとう。早速来週から看板設置に利用することにした。
f0070542_831652.jpg

 

by yamato-aoki | 2006-05-27 08:31 | Comments(0)
2006年 05月 26日

TUMI

 いつも愛用している「TUMI」のバックパックに穴が開いてきた。今販売しているラインナップには同じようなものが無かったこともあり、先日リフォームの依頼をお店にしてくる。アメリカ生まれのナイロンのバックだが結構いい値段がする。しかし厚手のナイロン、機能美ともいえるそのデザインを手にとって気に入り、6年前に購入したものだ。それ以降毎日使っていた。穴は書類の角があたり、その辺りからのほつれが原因だ。
 いいものを使うことは、心に錦を飾ることともいえる。そして気に入ったものは大事にずっと使って行きたいと思う。今世の中に建てられている住宅も同じようになればと思う。

by yamato-aoki | 2006-05-26 08:13 | Comments(0)
2006年 05月 25日

くまはえらい

 朝から外構工事のお打合せでお客様宅へ伺う。初めていくお宅であったが、カーナビでピンポイントにいけるので安心だと車を走らせてから検索を開始する。すると該当無し。新しいということか?近くまで来てそれらしい家を探す。工事内容からおおよその様子は目に浮かんでいたのでそれに近い家はと...。判らない。お電話をして確認。やっと到着。
 その後防音協会へ申込書を届け、事務処理を済ませてから外出。昨日から引き続きSAREXのワークショップへ。参加者多し。
f0070542_22521100.jpg

 野辺さんから若いお客様の傾向の話がある。私の周りも含めて当てはまり思わず納得。その後江戸川区の大和工務店、後関社長を司会に構造耐力面材の比較で3メーカー同席させての検討会。プロとしてモノを見る目を養わなければならない。少し煙に巻くような回答で消化が悪い。それぞれが良い所悪い所があるのだから、使う側の正確な判断材料を提供するべきだ。
 帰りに母がくま(犬)をつれて散歩から帰る様子を車窓越しに見かける。
f0070542_235552.jpg
くまは私の車に気付きこちらを向いたが母は気付かず、引っ張って犬小屋へ入っていった。もともと目が悪い母だが、年をとったな。少し寂しい気持ちになった。さあ、気持ちを入れ替え仕事仕事。

by yamato-aoki | 2006-05-25 23:06 | Comments(0)