大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:プライベート( 126 )


2017年 12月 27日

家族が増えました!

f0070542_23124908.jpg
今日は家族が増えました!
達也と名付けた息子です。元気な泣き声と甘えるように顔をスリスリして分娩室から出てきました。
身重な体で仕事をしながら家事もこなしてくれていた妻に改めて深い敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。
f0070542_23125137.jpg
歳をとってからの子供はまた可愛いです。幸せの重みをしっかりと感じています。
父は同じ干支となる酉年生まれという事で、また別の視点で喜んでくれました。子供達が5代目として青木工務店を引き継いでくれるかどうかはまだまだわかりませんが、私の仕事ぶりがどうかなのだと思います。そして地域工務店が本当に地域の皆様に必要とされる業態となるように地道に努力する事が私に課された事だと思うのです。
f0070542_23125407.jpg
娘も今日からお姉ちゃんになりました。スヤスヤ眠る弟を見てどう思ったのかな。
姉弟と仲良く健やかに育って行って欲しいと思います。私にとって年末最後の大きな出来事でした。仕事に穴をあけてばかりで皆様には色々とご迷惑をおかけしています。さあこれで腰を据えていきます!


by yamato-aoki | 2017-12-27 15:11 | プライベート | Comments(2)
2017年 12月 24日

青木家のルーツ

f0070542_19080838.jpg
昨日は朝から父と静岡県静岡市清水区吉原地区へ、父の従姉妹の葬儀に参列しました。
天気が良く富士山も綺麗に見える高台に墓地があります。
f0070542_19081008.jpg
吉原地区は私の祖父の出生地です。山間の集落で、写真の様な農道とミカンが栽培されている静かな場所です。青木工務店では初代となる梅太郎が手掛けた建物は吉原にまだ複数残っています。
祖父は梅太郎の弟子として働き、それから吉原を出て渡り歩き大和の地で戦前に根を下ろしました。祖父は次男でしたが長男は戦死していたので兄弟では長男の立ち位置だったようです。しかし吉原を出ていたので実家とお墓は三男が守りました。実家は梅太郎の最後の仕事だったようです。その実家を昨年JBN次世代の会の仲間で地元清水の杉山さんに大改修してもらっていました。その施主だったのが三男の子供で父の従姉妹でした。
f0070542_19081244.jpg
葬儀を行った善原寺さんです。この山門を見て、私は思い出しました。学生時代に祖父に言われてここにきておりました。
祖父は地元への恩返しのつもりだったのでしょう、菩提寺のお寺に山門を奉納しておりました。
f0070542_19081559.jpg

f0070542_19081848.jpg
本堂の中に当時の写真がありました。左の車椅子が祖父、右は弟の薪次さんです。
思いの外、青木家のルーツに触れる機会となりました。


by yamato-aoki | 2017-12-24 07:07 | プライベート | Comments(0)
2017年 12月 20日

クリスマスコンサート

f0070542_08265323.jpg
年内タイトなスケジュールですが、月曜の夜は自動車メーカーさんの招待の毎年恒例のクリスマスコンサートにみなとみらいホールに行ってまいりました。昨年も家族3人でいっておりましたが、その時は娘はベビーカーですやすやと寝ておりました。今年は胎教に良いので妻に会場に入ってもらい、私と娘はロビーで待機。開演後は誰もいないロビーで走り回っておりました。就学前なので会場内には入れないのですが、ロビーのモニターなどで聞いておりました。
神奈川フィルハーモニーの壮大な演奏で、演目はファミリー向けに多くの方が聞いたことがあるものばかり。娘もリズムをとって聞いておりました。演劇女優の新妻聖子さんもゲスト出演されて、細い身体からは想像できない迫力の歌声は圧巻でした。束の間のリフレッシュ、さて年末まで一気に駆け抜けます。



by yamato-aoki | 2017-12-20 07:26 | プライベート | Comments(0)
2017年 11月 03日

箱根

f0070542_14441191.jpg
日曜日は台風が来る前に強行スケジュールで箱根に行っておりました。パワースポットとしてこのところより注目が集まる箱根神社を参拝しました。雨の箱根神社はまた幻想的な雰囲気です。
f0070542_14441456.jpg
参道には樹齢数百年の杉の木が立ち並びます。
f0070542_14441729.jpg
木の根が生き物のように石積みを飲み込んでいます。人と共に重ねた年月が感じられます。
f0070542_14441981.jpg
ここまでくると、杉の木が生き物から神仏化しているように感じます。
f0070542_14442251.jpg
久しぶりに海賊船にも乗りました。奮発して別料金を払い特別船室となる先頭側へ。眺めの良い景色に娘も大喜びでした。
f0070542_14445996.jpg
インバウンドに沸く国内でも、都内から近くコンパクトに色々なスポットがある箱根の魅力はまた格別ですね。改めて地元県の良さを体感しました。今度は晴れの日に行こう!


by yamato-aoki | 2017-11-03 07:43 | プライベート | Comments(0)
2017年 09月 26日

日野春アルプ美術館

f0070542_18082918.jpg
土曜日の夜に山梨県に移動しホテルに宿泊、日曜日は朝から八ヶ岳方面に行っておりました。
来年ご自宅の新築工事を行う旭区のN様がこちらで個展を行っているので、見学させていただきました。日野春という場所は私も初めて訪れましたが、自然が豊かでとても良い場所です。天気予報よりも天気が良くなったので、とても清々しい気持ちです。
f0070542_18091323.jpg
枕木を敷き詰めた木道を歩いていくと、美術館の建物が見えてまいります。築20年を超えていますが、外壁の板も良い感じに味わいが出ていて、周囲の雰囲気に溶け込んでおります。素敵な建物ですね。
f0070542_18135589.jpg
水彩画を中心に、山の絵を描かれております。雑誌の挿絵なども多く使われているので自然と目にする機会があったかもしれません。
関東だけでなく関東以北の山を中心に多くの登山経験を有するNさん。山の事を話すと本当に深い知識で圧倒されます。山の恵みの有難さをもっとも良く知っている方です。私たちも木造建築を通じて木を木材として有難く使わせてもらっていることを生業としていますので多くの共通認識を持つことができます。
美術館の建物にも新築工事で採用したい材料やディティールなど見つかりました。しっかりと反映していきたいと思います。



by yamato-aoki | 2017-09-26 07:07 | プライベート | Comments(0)
2017年 09月 20日

チョコレートケーキ

f0070542_17511872.jpg
今日はコーヒーブレイク的な内容です。季節の変わり目なのか、それとも歳なのか、最近は疲れが取れにくく甘いもので回復しようと週末は考えておりました。私はお酒が呑めないのですっかりと甘党なのですが、スイーツの王様といえばケーキですよね。ケーキの中でもチョコレートケーキは王道です。
このチョコレートケーキは私の中で長らくランキング1位だった、緑園都市にあるラ・ベルデュールの「ベルデュール」というケーキです。この辺りでは有名店でとても大きなケーキ屋さんです。そしてこのケーキはお店の名前を冠するだけあって、とっても美味しいケーキです。何層にも重なった手の込んだ仕事、甘すぎずちょうどよい味、どこまでも滑らかな食感、隠れていい仕事をするオレンジピール。一番下の「ザクッ」とするフレークの食感も素晴らしいの一言。家に帰った後に冷蔵庫でしっかりと冷やした方がおすすめです。

f0070542_17515660.jpg
予約注文でホールも用意してくれます。これはかつてお誕生日に依頼したものです。ああ、贅沢です。
意外にも形は四角から丸になりましたが、もちろん中は「ベルデュール」でした!
f0070542_17515997.jpg
「ベルデュール」を抜いてランキング1位となったのが、リッツカールトン東京の「リッツカールトンケーキ」です。
カット品は1カット1000円という価格。この写真はネットから拝借したのですが、これで1本いくらなのでしょう?
友人の誕生日で、別の友人がプレゼントをしたのものを食べさせていただきました(本人や廻りはお酒に酔っていたので甘いものを食べる状況でなく、私がしっかりといただきました)。
週末に久しぶりにプチ贅沢をしたくて、先日都内の打ち合わせで六本木足を延ばしリッツカールトン東京まで行ったのですが、残念ながら売り切れていました、、、。
f0070542_17520367.jpg
番外編で、これはグラマシーニューヨークのホールのチョコレートケーキです。見た目は華やかでしたが、食べづらかったです。
確かにおいしいのですが、先の2つのケーキと比較すると大分落ちるかな、、、。でも不思議なのですが、買った当日食べた時よりも、翌日の方がおいしかったのです!味が馴染んだというか、洋酒の風味が邪魔していたのがうまく溶け込んだというか、、、。カレーのようですね。


by yamato-aoki | 2017-09-20 07:47 | プライベート | Comments(0)
2017年 08月 19日

夏の思い出

f0070542_09012363.jpg
お盆休みは私はあまり遠出をせず、仕事をしつつ近場で過ごしておりました。
こんな梅雨空のようなお盆は記憶にないですね。夏らしい過ごし方はあまりできませんでしたが、買っておいた花火を子供に見せてみました。
煙と音で怖がって泣いてしまいましたが、いずれ自分で楽しむことでしょう。
私も久しぶりに花火をしましたが、なんだか懐かしい気持ちでした。
f0070542_09012423.jpg
最終日は江ノ島水族館へ。この期間は朝8時から開いているときいて、あさイチから入りました。さすがに空いていたのでゆっくりと楽しむことができました。
子供も大喜びで、目を輝かせて魚に指をさしていました。

f0070542_09012549.jpg
イルカショーもしっかりと楽しめました。
イルカの愛らしい動きと声、迫力のジャンプは記憶の片隅に残ってくれるでしょうか。また皆で訪れたいと思います。



by yamato-aoki | 2017-08-19 07:13 | プライベート | Comments(0)
2017年 07月 22日

一升餅のお祝い

f0070542_14231962.jpg
先週は娘の1歳の誕生日を迎えました。週末には家族が集まって一升餅のお祝いを行いました。各家庭に3つずつ分けやすいように、紅白のお餅を合計6つ用意、合計して一升分のお餅になります。一生食べ物に苦労しないように、家族皆の願いです。

f0070542_14232018.jpg
お餅をすべてリュックに入れました。相当な重さなので、泣いて嫌がるかと思いましたが、しっかりと足を踏ん張り立ち上がっていました。
この姿を見て、思わず目に涙が浮かんでしまいました。

f0070542_14232199.jpg
日々成長を感じておりますが、こうやって力強い娘を見ていると改めて大したものだと感心してしまいます。

f0070542_14232193.jpg
続いて、選び取りの儀式です。始めに取ったものが本人の適正で、将来に就く職業となるそうです。
娘はお歌や音楽が鳴ると体でリズムをとって手をたたいて喜びます。音楽になるかなー。想ワレちゃんみたいになるかなー。

f0070542_14232299.jpg
親の期待を裏切って、お金のカードを取りました、、、。
自分でしっかりと稼ぐ子になるのか、裕福な旦那様を見つけるのか。将来のインフレに備えて負けないファイナンス技術を身に着けてほしいですね笑。

f0070542_14232228.jpg

f0070542_14232375.jpg
保育園に通い始めて、娘は本当に色々と成長しました。色々と病気ももらいますが、免疫が付いてより丈夫になると前向きに考えております。子供がいることで家族の会話が増えて、皆が元気をもらえます。この先も穏やかに、健やかに成長していってほしいと思います。



by yamato-aoki | 2017-07-22 07:21 | プライベート | Comments(0)
2017年 06月 14日

可睡ゆりの園

f0070542_07524783.jpg
日曜日は家族で静岡県袋井市へ。車で2時間少々、可睡ゆりの園に行ってまいりました。マルダイの深沢社長に招待チケットをいただいておりました。
私は5年ぶりに訪れます。

f0070542_07524882.jpg
山の傾斜に一面の黄色いユリの花。見た目も素晴らしいのですが、ユリの香りが心地よいのです。
これだけのユリの花の手入れは大変だろうなあと、スタッフの皆さんの努力に感謝ですね。
f0070542_07524892.jpg
切り花では選ばなそうな色のユリも、こうやって直植えされているととてもきれいに感じます。
山登りをしていてふと出会った時には感動がまた大きいのでしょう。
f0070542_07524921.jpg
色々な色の花があるのも賑やかで華やかで楽しいものです。
シーズンも中盤なので一番見ごろですね。
f0070542_07525072.jpg
私は何といっても白い色のユリが一番好きです。
ここで鳥羽一郎のカサブランカグッバイを口ずさんでいたら廻りの人から怪訝な顔で見られました。

f0070542_07525008.jpg
これだけのユリの花を見られる場所もあまりないでしょう。
ユリの花ですっかり癒されました。

f0070542_07525177.jpg
会場には苗の直売所もあります。
ユリの根の天ぷらもあったりと、ユリで一日を過ごすことができます。
f0070542_07525168.jpg
帰りは駐車場近くのアイスクリーム屋さんに立ち寄りました。
f0070542_07525228.jpg
沢山の種類があるので悩んでしまいます。

f0070542_07525348.jpg
特殊なものはやめて、ミルクと抹茶のダブルで。くちどけの滑らかな上質な味わいでした。
この後、さらにサービスでユリの根のジェラートをつけてくれました。サクランボ酒の味がしておいしかったです。


by yamato-aoki | 2017-06-14 07:50 | プライベート | Comments(0)
2017年 05月 10日

GW旅行②

f0070542_09213883.jpg

2日目からは信州へ。OB施主様のWさんから戴いた小冊子でご自身の記事で紹介されていた安曇野の漆作家、髙橋節郎記念美術館を訪れてみようとしましたが、道路が観光渋滞で全く動かず(*_*)
仕方なく断念して途中の景色の良いところでゆっくりしました(また改めて訪れてみようと思います)
信州は菜の花や桜が咲いて、神奈川の1か月前のようです。
f0070542_09213931.jpg

ここから少し脚を伸ばして、小川村の小川天文台に行ってきました。ここは夜になると星空が綺麗に見える場所で、私は20年ぶりにきたのですが、まだコテージが残っていて嬉しい気持ちになりました。フジテレビのドラマ「白線流し」ではストーリーで重要なポイントとなる場面となる場所です。
併設されているプラネタリウムでは、ちょうど公開していて無料でしっかりと楽しめました。解説員の方とも色々と話しができました。真っ暗なにかでも娘は大人しくしていて偉かったです。
f0070542_09213964.jpg

20年の歳月は、階段の老朽化では感じました。子供を抱きながらの上がり下りは少し危なかったですが、近々改修工事がなされるようです。
f0070542_09214066.jpg

最終日は東御市のワイナリーへ。私の大好きな真田幸村の上田市のお隣です。訪れたのはヴィラデストガーデンファーム&ワイナリーさんです。昨年の伊勢志摩サミットではこちらのワインが振る舞われたそうです。
雨の少ない気候は、日本では少ない低木での葡萄栽培方法を実践されていました。フランス式です。日本では雨などによる病気被害があるので通常は葡萄棚で高い位置に育てます。
f0070542_09214081.jpg

アクセスの悪い場所でも多くの方々が訪れておりました。ワインはもはやブームから文化になりつつあるようです。この東御市は信州の新しいワインの産地として売り出されているそうです。
f0070542_09214114.jpg

このワイナリーを興した、オーナーの玉村ご夫妻の移住当時の写真です。もともとはエッセイストという事ですが、よくここまでされたと驚きました。この日も店頭で訪れたお客様に笑顔で応対しておりました。
f0070542_09214260.jpg

こちらがサミットで振る舞われたプレミアムワイン。残念ながらもうボトル販売が無いようで、次の熟成明けを待つ必要があります。グラスで飲む事はできました(私は下戸なのでもちろん飲みませでしたが、、、)
f0070542_09214295.jpg

国内でも様々な賞を受賞しています。
同行してくれた松本の小林創建の小林社長カップルの熱々ぶりも嬉しい時間でした。気持ちのよい青空と綺麗な景色、爽やかな風ですっかり気分転換ができました。


by yamato-aoki | 2017-05-10 07:48 | プライベート | Comments(0)