大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自然素材( 43 )


2017年 08月 09日

英才教育!

f0070542_17492023.jpg

娘の誕生日プレゼントに、妻の実家にリクエストしていたオークビレッジさんの積木。クリやナラやブナなどドングリ系から、サクラやケヤキ、ヒノキやモミなど様々な樹種の無垢材を原料に、無塗装でしあげています。
f0070542_17492107.jpg

重さや硬さ、手触りや木肌、香りや色合いなど五感で楽しむことができるオモチャです。いまは叩いたり噛んだりしていますが、成長と共に色々教えていきたいですね。


by yamato-aoki | 2017-08-09 07:43 | 自然素材 | Comments(0)
2017年 08月 01日

クイーンズスクエアのワンウィルSR

f0070542_09255707.jpg
先週の水曜日はお昼過ぎに、みなとみらいのクイーンズスクエア内に新しくオープンした、珪藻土のワンウィルさんの新しいショールームを見学させていただきました。
ワンウィルの山本社長と、普段から無垢のフローリング材などでお世話になっているミハマ通商の山本社長とはご夫妻で、公私ともどもお世話になっております。SRも床材や壁材もミハマ通商さんのもので、コラボレーションのSRとなっております。

f0070542_09255857.jpg
おしゃれな空間の中で、本物の素材が手に取ってみることができます。
珪藻土の色のバリエーションがとても豊富になっておりますね。

f0070542_09255998.jpg
関連する、室内環境に優しい商品も色々と展示されておりました。
お客様との打ち合わせにも使ってください、とミハマの山本社長がおっしゃってくださいましたので今後は有難く利用させていただこうと思います。
f0070542_09255953.jpg
改めて珪藻土の効能です。
お湯をいれたビーカーを箱の中に入れ、ビニルクロスと調湿作用の比較をしております。
DIY体験など、今後お客様向けのイベントなども計画したいですね。


by yamato-aoki | 2017-08-01 07:24 | 自然素材 | Comments(0)
2017年 05月 05日

耐久性のある木材

f0070542_21472199.jpg

駐車場の車ガードで設置したこの木材は青木工務店のデッキ材や、国産材指定が無い場合の土台材であるオーストラリアサイプレスです。ハードサイプレスと呼ばれたり、住宅金融支援機構の仕様書ではサイプレスパイン(パイン=マツですが、この木はヒノキ科です)と書かれている木材です。
土やアスファルトにこの様に直接埋め込んで10年。一般的な外部用塗料を最初に塗っただけで防腐処理などしておりません。でも根元までまだまだガッチリとしています。本当に耐久性の高い木材です。日本では耐久性の高い分類の木材であるヒノキでもこの様に使ったら5年も持たないのではと思います。マツやツガならば1年でしょうか。
そして!森林認証のFSC材でもあります!青木工務店のこだわりの一つです。

by yamato-aoki | 2017-05-05 07:37 | 自然素材 | Comments(0)
2017年 05月 02日

木板張り準耐火構造大臣認定取得!!

f0070542_21245214.jpg

連休に入る直前ですが、ようやく大臣認定がおりました!
私がJBNの防耐火委員会の委員長としての活動の成果です。嬉しいです!
板張りでの外壁や間仕切り壁の45分、60分の準耐火構造となっております。特徴は、特殊な素材や材料を使っていないこと。薬剤など特殊処理をせずに材料の品質と張り方、施工方法で石膏ボードを除いて全て木質系の材料で構成されます。
板が燃え残っていても剥がれ落ちてはダメなので、しっかりと釘で止め付ける必要があります。
木は燃えるから火に弱いと言われ続けておりますが、様々な検証でしっかりと耐火性能があることが立証されているのです。青木工務店でも早速色々な現場に使われます!
建物の外壁に安全な形で木板がまた使われるようになって、街並みが変わっていけば嬉しいですね。


by yamato-aoki | 2017-05-02 07:15 | 自然素材 | Comments(0)
2017年 04月 28日

鹿北小学校視察!

f0070542_14350729.jpg

先週の熊本出張では少し脚を伸ばして山鹿市の鹿北小学校を視察しました。もちろん、木造校舎の小学校です!
f0070542_14350882.jpg

門からのアプローチはピロティとなっている空間の下を歩いて校舎の中に入ります。支えている方杖があまりに軽い感じで驚きました。
f0070542_14350834.jpg

見たかったのは、このトラスです。プラットトラスという三角形を逆にした形のトラスです。屋根構面だけでなく2階床構面にも使用していました。
f0070542_14350973.jpg

屋根構造です。弦となる部材が伸びて廊下の屋根の母屋となっています。構造設計はPWAでもお世話になっている稲山先生です。
トラスは皆製材で作られていました。
f0070542_14351007.jpg

一番大きな空間のプラットトラスです。補強の為か、鉄棒で補強したプラットトラスです。
規則的に並んだ木構造はそれだけで意匠性が高いと思いませんか?
建物の構造は外張りの集成材で担保しているようです。全て壁とせず、開口部付きですね。細かな考え方などは後で稲山先生にきいてみようと思います。
f0070542_14351001.jpg

階段も凝った作りですねー!
f0070542_14351197.jpg

小学校は環境に配慮された証明がありました。木造校舎の学校は生徒にどのような良い影響をもたらすのか、意見をきいてみたいです。

f0070542_14351250.jpg

平面的にはぐるりと中庭を囲う形状です。面積制限はRC造の建物で分けてクリアしております。
突然のアポイント無しの訪問にもかかわらず、快く視察を受けて下さった校長先生、誠にありがとうございました!


by yamato-aoki | 2017-04-28 07:21 | 自然素材 | Comments(0)
2017年 04月 04日

戸越銀座

f0070542_09185243.jpg


現場から都内移動の際に、少し歩いて戸越銀座商店街を散策しました。
全国の色々な商店街がシャッター街になって元気を失っているのですが、数少ない元気な商店街として良く紹介されている街です。写真は商店街のはじまり部分なので人が少ないですが、駅に近くなるん連れて地域の人で賑わう様子がわかりました。
地元のパンやさんやお惣菜など美味しそうなものも色々です。この後の予定もあったので買えませんでしたが、次回は色々と買って帰ろうとおもいます。
f0070542_09185305.jpg


京急池上線の戸越銀座駅です。昨年12月に木造で駅舎を造り変えたのでこれを見にきました。90年ぶりの駅舎リニューアルということです。材料は多摩産材を使用ということでした。
f0070542_09185353.jpg


基本設計はPWAの代表理事でいつもお世話になっている、稲山先生です。
コストだけではない、木質化によるシンボル化で注目されているようですが、いつも木材を扱う私たちも忘れがちな魅力が再認識できる建築物ですね。今後の変化も楽しみにです!

by yamato-aoki | 2017-04-04 07:06 | 自然素材 | Comments(0)
2017年 03月 05日

かながわ県産木材を愛ぼう

f0070542_15441153.jpg


28日火曜日は朝から夕方まで、本厚木駅近くの神奈川県森林組合連合会の会議室でした。かながわ森林・林材業活性化協議会内に設置している、県産木材認証制度検討部会(午前)とかながわブランド県産木材品質認証部会(午後)に出席です。午前の検討部会には、これまで認証工務店代表として南足柄市の工務店、神工舎の田代さんが出席されておりましたが、昨年後継者がいないということで残念ながら廃業されたので今回から私がご指名いただき出席となりました。
製材所の生産体制(設備、人員、資格など)を提出された書類でチェックし、再認証や新規認証を行っていきます。皆さん真剣に確認をしておりました。
木を扱う会社の方々は、可能な限り無垢の木材として出荷をした方が良いと言われます。集成材や合板だと原料としては価格が下がり、刃物などで切断した木の粉はお金になりませんので目減りするからです。一方で品質の安定では集成材などになります。適材適所。価格もそれぞれ。個性ある一本一本の木を使いこなすだけの知識と技術、設計力で県産木材と向き合っていきたいですね。愛おしい木材ですから。

by yamato-aoki | 2017-03-05 07:42 | 自然素材 | Comments(0)
2016年 11月 30日

疲労回復効果のあるのが木造住宅!

f0070542_18251253.jpg


年末に差し掛かりますね。何かと忙しくなる時期となりますが、身体も疲れも溜まる時期でもあります。少し前に経済誌の「週刊ダイヤモンド」さんの記事に、疲労についての特集がありました。そこで、木造住宅に係る内容がありましたのでご紹介します。
f0070542_18251217.jpg


疲労回復効果が科学的に立証された主なもの、の中に、「入浴」「炎暖房」「縁側」そして、「木の部屋・空間」とあります。これらは正に、弊社のモデルハウスを始めとするお勧めしている家造りではないですか!
「木の部屋・空間」は言うまでもありませんね。無垢の床材を始めとする、無垢の木材を使用した内装は防耐火性能も含めてご提案するところです。
その他、モデルハウスでは例えば
「入浴」→ミストサウナでリフレッシュ
「炎暖房」→ペレットストーブ
「縁側」→中間領域として1・2階ともウッドデッキ
f0070542_18251342.jpg


この様な視点からも木造住宅が選ばれると、私たちもとても嬉しいですね。

by yamato-aoki | 2016-11-30 07:23 | 自然素材 | Comments(0)
2016年 11月 29日

全木協神奈川県協会森林見学バスツアー2016

f0070542_15583425.jpg

先週土曜日は、全木協神奈川県協会主催の神奈川県森林見学バスツアーを行いました。私はこの協会の部会長をしております。今回も神奈川県産木材を使用した住宅の見学と製材所を廻りました。
f0070542_15583597.jpg

現場は青木工務店設計施工のお客様宅を午前中に2件見学です。竣工してお住まいになっている藤沢市N邸、施工中の茅ヶ崎市K邸を見学しました。N様、K様、ありがとうございました。
f0070542_16234480.jpg

お昼は茅ヶ崎市の「えぼし」にて、私は釜揚げシラス丼をいただきました。海のある県に産まれて幸せです◎

f0070542_15584153.jpg

午後からは津久井の市川屋さんの製材所です。システムで無人で製材する機械を新たに導入して、生産力は更に向上しております。
丸太も次々と運び入れられておりましたが、トラックのドライバーの顔を見たら、市川屋さんの市川会長でした。まだまだお元気です。
f0070542_15584206.jpg

ご参加いただいた皆さんと記念撮影です。ご案内いただいた市川常務、いつもありがとうございます。
f0070542_15584342.jpg

本来はこの後は伐採地に入り、実際に立木を切り倒す様子を見学いただく予定でしたが、木曜日の雪は山の中では積雪量も多く林道への進入が危険と判断して見合わせる事となりました。替わりに宮ヶ瀬湖のほとりでレクチャーを受けました。
f0070542_15584316.jpg

今回も神奈川県森林再生課から江口さんにお越しいただいて神奈川県の森林の状況と森林保全と環境のお話をいただきました。
様々な質問もいただいて活発な意見を伺いました。
皆様のご協力で無事に行程を終える事となりました。神奈川県の木材を是非ご利用いただけるよう、皆さんで口コミ的に広げていただけると嬉しいです。


by yamato-aoki | 2016-11-29 07:56 | 自然素材 | Comments(0)
2016年 10月 04日

那須塩原の二宮木材さんへ

f0070542_17083993.jpg

金曜は朝から車で那須塩原へ。二宮木材さんへ材料の検品に行っておりました。
f0070542_17084079.jpg

二宮木材さんは普段から杉の床材や羽目板材「やみぞ美人」でお世話になっておりますが、訪れたのは初めてです。
f0070542_17084064.jpg

こうやって「やみぞ美人」が手作業で丁寧に梱包されているのを実際にみると、更に大切に使おうと思いますよね。大工からも品質管理がしっかりしていてとても好評です。
f0070542_17084173.jpg

検品をしたのは普段のやみぞ美人ではなく、JBN防耐火委員会で大臣認定の準耐火試験用の材料です。さくら設計集団の安井さんが含水率などしっかりと確認し、私も節の表れ方などもよく見ておきました。完璧です!
f0070542_17084207.jpg

左の黄色いヘルメットが二宮社長です。二宮社長は5代目で私と同じ歳です。これからの時代に求められる製材と品質管理がしっかりと行われております。
f0070542_17084389.jpg

二宮木材さんは機械JAS認定工場です。機械JAS認定工場は全国でも本当に少ないのです!折角なので施設内を見学させていただきました。
f0070542_17084497.jpg

ツインバンドソーは丸太から平角がスピーディーに製材されていきます。
f0070542_17084495.jpg

パークや端材はボイラーに入れられて、蒸気は乾燥室や発電に使用されています。ゼロエミッション!
f0070542_17084524.jpg

乾燥室も沢山です。材料は中心に集積されて効率が良さそうです。
f0070542_17084681.jpg

造作材から構造材、羽柄材までまとめて見学できるので、来年の社員旅行には皆で訪れたいと思います!

by yamato-aoki | 2016-10-04 07:51 | 自然素材 | Comments(0)