カテゴリ:講習会( 134 )


2017年 03月 14日

PWAのJISトラス講習

f0070542_13314909.jpg

先週は大阪にて、PWAさんのJISトラス講習を受講しておりました。トラスとは、主に屋根構造の部材で、一般的な木造の小屋組と比べて梁間スパンが広く取れる大きな広い部屋などを作る事が可能となるものです。
PWAではJISトラスを住宅用プレカット工場で加工できるように仕様を整理し、ルール化しました。
f0070542_13314945.jpg

PWAの理事として運営側でもありますが、技術者としてしっかりと勉強する機会でもあります。
このトラス講習会は3日に東京でも行われており、私以外の社員は皆受講しております。中大規模木造建築だけではなく、住宅などにももちろん使えますので家づくりの幅がますます広がります。

今回は山型トラスのうち、キングポストトラスという形状のものを実技講習として紹介されました。トラスは他にも色々な形状のものがありますので来期は更にバリエーションが増えていきます。

f0070542_13315082.jpg

接合部にはボルトが取り付けますが、構造用ビスも取り付けます。確実な施工を補助するためにビス位置の定規があると便利です。
f0070542_13315145.jpg

トラスの命はこの部位です。
屋根勾配と下弦梁との取り合いに大きな力がかかります。こちらの仕口は大きく接地面が大きい事が重要です。下弦材が製材ではなく集成材となったのはこの部位のせん断破壊の個体差を担保するためです。

f0070542_13315171.jpg

今回の会場は大阪府立北大阪高等職業技術学校をお借りしました。開校からまだ5年も経っていない新しい施設です。交通の便はあまり良くはないのですが、充実した設備がある素晴らしい施設でした。
f0070542_13315290.jpg

建築系では設計、設備、木工といった学科が設置されております。色々な機材、設備が充実していて、民間にも広く貸し出しされています。今回の実習を行った部屋も天井が高くホイストがあったり、冷暖房完備でした。関東にもこの様な施設があると良いですね。


by yamato-aoki | 2017-03-14 07:56 | 講習会 | Comments(0)
2017年 03月 01日

震災建築物の被災度区分判定基準および復旧技術指針講習会

f0070542_09591875.jpg

先週の金曜日は朝から神奈川県民ホールにて、震災建築物の被災度区分判定基準および復旧技術指針講習会に参加をしておりました。
テキストを持っている方は持参下さいと事務局さんからの案内があったので持って来たら、改定されておりました、、、。重いです。
前回は2011年7月に受講していたのでもう6年前なのですね。東日本大震災直後でした。
今回はテキストが構造別に3冊に分かれ、鉄筋コンクリート、鉄骨、木造となっております。
f0070542_09591997.jpg

前回のテキストです。本書と別冊となっておりました。それでもそれなりの厚みがあったのです。
f0070542_09591944.jpg

主な改定ポイントは、津波や液状化など追加されたことや、被害事例の写真が充実して判定の平準化を狙っていることのようです。
これらは災害時の建物インスペクションといえます。応急危険度判定(宅地と建物)は1次インスペクション、継続利用や恒久的利用を範疇とするこの講習は2次、3次インスペクションといえます。また、災害時の助成制度にもこの講習会資格は関係しますのでより気を引き締めて臨むことになります。


by yamato-aoki | 2017-03-01 07:43 | 講習会 | Comments(0)
2017年 01月 27日

住宅省エネ技術設計者講習

f0070542_15314176.jpg

水曜日は関内の建設会館にて、設計者向け省エネ講習の講師をしておりました。
昨年4月から建築は省エネ法から離れて建築物省エネ法となり、それと同時に住宅の省エネ基準は平成25年基準(省エネ法の範囲)から少しリニューアルされて平成28年基準(建築物省エネ法)となりました。このカテゴリーは最近勉強したよ、という人も平成25年基準という場合もあります。現在は移行期間で平成25年基準でも平成28年基準でも良いのですが、今年の4月からは平成25年基準は使えません!
とまあ、バタバタの省エネ基準ですが実際に建てられる住宅の省エネ性能はあまり変わりません。省エネ基準よりもどれだけアドバンテージがある住宅を提供するか、それを機械設備ばかりに頼らずに自然エネルギーや住宅の断熱性能で実現できるか、断熱性能ばかりでなく耐久性やメンテナンス性も考えてバランスの良い住宅とするか、設計者の腕の見せどころです。そして省エネ活動のできる住宅で住まい手の皆様に実現していただくように説明をする事がとても大切な事だと何時も思っております。
設計者でさえまだまだこの分野は知らない方が多いです。しっかりとした知識でより良い住宅を建てて行きましょう!

by yamato-aoki | 2017-01-27 07:05 | 講習会 | Comments(0)
2016年 11月 23日

YKKAP品川体感ショールーム見学

f0070542_14370121.jpg

先週の金曜日の午前中は社員皆でYKKAP品川体感ショールーム見学でした。単なる商品展示ではなく、暑さ寒さ、日射熱、日射遮蔽、通風、防犯、防音、防火など窓に関するあらゆる要素を設置して比較できる環境を整えたプロユーザー向けのショールームとなっております。
f0070542_14370124.jpg

目玉は冬の環境を再現した冷蔵庫の中に、5つの断熱性能ごとの部屋を設けて比較するエリアです。写真撮影が禁止されているのでプレゼンの画面になりますが、私が社員向けの勉強に一番利用したかった施設です。
f0070542_14370264.jpg

自ら体感した事をお客様に伝える事ができるようになっていくでしょう。これからの標準が見えてきました。
f0070542_14370347.jpg

商品に自信があるからYKKAPさんはこのようなショールームを作ったのだと思います。プロユーザー向けですが、青木工務店同伴であればお客様も見学することができますので是非お声掛け下さい。YKKAPの皆さん、ご案内ありがとうございました!


by yamato-aoki | 2016-11-23 07:26 | 講習会 | Comments(0)
2016年 10月 29日

秋のお勉強⑦

f0070542_20173423.jpg

先週の水曜日は今年3度目のつくばへ。インテグラルさんの構造計算ソフトの講習です。写真は社屋の後ろの公園から撮影しました。駅前しか高い建物がなく、またまばらなので空が広く感じますね。
今回は許容応力度計算です。これまでのKIZUKURIというソフトから変えるにあたって操作方法を中心に学びます。
グレー本と業界では呼ぶ木造構造計算のマニュアルに添いながら、とても使いやすく、また常にビジュアル的に確認出来るところが良いですね。時間があったら本当にどっぷり浸かりたいほど楽しいです。講習は4時間ほどでしたがあっと言う間の時間でした。


by yamato-aoki | 2016-10-29 07:09 | 講習会 | Comments(0)
2016年 10月 25日

秋のお勉強⑥

f0070542_13261991.jpg

先週の火曜日は午後から都内でお勉強でした。先週補正予算が成立している国交省の新しい補助事業、住宅ストック循環支援事業の説明会に参加です。
f0070542_13262097.jpg

この事業は、①エコリフォーム、②良質な既存住宅の購入、③エコ住宅への建て替え、と3つの内容が対象となります。それぞれ内容が違うのですが、青木工務店に御依頼戴くお客様に、しっかりとご案内できるように、さらなるメリットがあれば採用をおすすめしていきます。
打ち合わせ中のお客様の顔がいくつか浮かびますね笑


by yamato-aoki | 2016-10-25 07:21 | 講習会 | Comments(0)
2016年 10月 14日

秋のお勉強④

水曜日は午後から東京大学へ。木の建築フォラムさん主催の中大規模木造建築を想定した、木造許容応力度計算の講習を受講しました。
f0070542_15240812.jpg

一般社団法人中大規模木造プレカット技術協会(PWA)代表理事でいつもお世話になっている東京大学稲山先生が講師です。稲山先生には、カッコ良いけど補助金が無ければコストが高くて建てられない木造建築ではなく、2階建までの防火規制が厳しくならず、住宅プレカット技術が活用でき、製材や一般集成材でほぼ対応できる、コスパの高い木造建築を普及していくことでPWAの活動を進めていただいております。
f0070542_15240914.jpg

この講習をビデオ撮影して、今後全国各地で建築士会や建築士事務所協会で行われる講習で放映されるようです。
稲山先生の持っている沢山のノウハウがお話しされました。
f0070542_15241009.jpg

ここ数年、何かと来る事が多くなった東大キャンパスに行くといつも気になる、東大内のハチ公像。その逸話をテレビで知って見ながら涙を流してしまいました。
帰って来ない先生をいつまでも待つ渋谷駅のハチ公と比べて、喜びいっぱいで先生を迎えるハチ公の姿に、良かったねと心から思ってしまうのです。

by yamato-aoki | 2016-10-14 07:49 | 講習会 | Comments(0)
2016年 09月 23日

秋のお勉強③

f0070542_07430515.jpg

台風16号は直前で温帯低気圧に変わって、大和市では大きな被害も無くよかったです。思い返せばお盆休み明けから台風が毎週続き、安定した天気が無い日々が続いています。社内では現場の段取りも何とか進めて予定に近づけられるように頑張っています。
水曜日は2時間以上電車に揺られて、再びつくばのインテグラルさんへ。構造計算ソフトと同時に購入した温熱計算ソフトの操作講習会に参加しました。前回は気候が暑かったのですが、今日は秋の気候で過ごしやすいです。電車の冷暴(冷房)には参りましたが。
やはり直接のやり取りは解決が速いです。プログラムの不良も見つかり、改善要請もお願いしました。都市計画の防火規制の厳しいエリアでの住宅設計が多いので選べるサッシが限られる中で、窓関係を詳細に計算する事でもともとのポテンシャルを証明できるようにしたいと思います。
インテグラルさんの社屋は木造で、新しいのですがホッとする建物です。長時間の講習会もいつもあっと言う間に過ぎてしまいました。

by yamato-aoki | 2016-09-23 07:32 | 講習会 | Comments(0)
2016年 09月 10日

秋の勉強②

f0070542_11223003.jpg


7日水曜日はISO9001のサーベイランスでしたが、初日の経営者インタビューを終えた後すぐに電車移動でつくばに向かいました。
先日購入した、インテグラル社の構造計算ソフトの操作講習会に参加です。各方面から「最強」とお墨付きもあるソフトをより実践的に使いこなせるようになりたいと思います。到着して間もなく、茨城県南部を震源とする地震が起きて会場であるインテグラル社の社屋も揺れました。最近このあたりを震源とする地震が多発している気がします。
ソフトの操作に関しては経営者としてはどうかと思いますが、技術者としてはとても楽しい作業です。普段からプランだけではなく伏図まで計画をしているので文字通り自由自在です。設計入力で建物の状況が常にビジュアル的にかつ数値的に確認ができることもとても使いやすいですね。あっという間の4時間でした。
年内にあと2回はまたこちらに来て受講予定です。

by yamato-aoki | 2016-09-10 07:21 | 講習会 | Comments(0)
2016年 09月 03日

適合証明技術者


f0070542_17323346.jpg


水曜日に長時間の講習で更新となりました「適合証明技術者」とは、住宅金融支援機構のフラット35について、中古住宅の建物適合の判定の一部を建築士が行う資格です。つまり、私のチェックで「適合」となれば何千万もの融資が金融機関から実行されるのです。きちんとした判定が必要となることは言うまでもありません。
f0070542_17323342.jpg


2年ごとの更新で、かれこれ何回更新したのかも忘れてしまいましたが、年に何度か問い合わせがあります。実際の融資まで行くのは年に1回あるかどうかですが、今後は国を挙げての空き家対策が本格化する中で増えていくことでしょう。
それにしても過去2回の手引き書と比べてもだんだんと本が厚くなっていくことがわかりますね、、、(汗)
料金やそのほかインスペクションメニューなど青木工務店のホームページに掲載しておりますのでご確認ください。

by yamato-aoki | 2016-09-03 07:31 | 講習会 | Comments(0)