大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:現場( 424 )


2017年 05月 17日

青葉区M邸地鎮祭

f0070542_13595426.jpg

昨日は青葉区M邸の地鎮祭が行われました。
設計監理は、先週ご契約いただきました世田谷区N邸と同じ、いつもお世話になっておりますi+i設計事務所の飯塚さんです。
f0070542_13595509.jpg

f0070542_13595521.jpg

私は初めて敷地を行ったのですが、調整区域ということもあって静かな場所で環境も良く爽やかな風が吹き抜けます。
SUNSEEKERで太陽の軌跡をチェックしても、1番太陽が低い冬至期でも完全な陽当たりが確認できます。お隣の建物も遮られておりませんね。
現場担当は藤原、担当棟梁は狩野大工を予定しております。今週末の日曜日に御契約です。工事の無事竣工と無事故で工事が進められますように!

by yamato-aoki | 2017-05-17 07:48 | 現場 | Comments(0)
2017年 05月 16日

大田区F邸地鎮祭!

f0070542_13474660.jpg


13日(土)は大田区F邸の地鎮祭が執り行われました。あいにくの雨模様でしたが、敷地の水はけ具合が良く確認できました。
F邸は終の住処として長年の思いを実現した地域材利用の長期優良住宅となっております。
現場担当は浅見、担当棟梁は大工を予定しております。
F様おめでとうございます。引き続きよろしくお願いいたします!

by yamato-aoki | 2017-05-16 07:33 | 現場 | Comments(0)
2017年 05月 13日

代々木公園内の木造こども園

f0070542_09233977.jpg

JBNでもお世話になっている工務店仲間の大和工務店さんが元請として工事を進めている、代々木公園内の木造こども園の木工事を今月まで青木工務店の大工3名がお手伝いさせていただいてます。先月暮れに上棟しました。
f0070542_09233956.jpg

工程はすこぶる順調で、早々に屋根下地まで完了しました。
f0070542_09234099.jpg

勾配屋根の裏になる勾配天井は、完成時はノボリ梁や棟木が化粧材として木部が現れます。60分準耐火構造なので燃えしろが確保された材料の寸法です。
木造で大空間が出来ることと、意匠性が高い事、そして何よりも子供の施設に向いているのが良いです。また、地下鉄が公園の真下に走っている為、重量も面からも木造で採用されたと伺いました。
f0070542_09234197.jpg

入り口となる場所は下屋から吹き下ろされた屋根が安心感を感じさせます。
住宅とは違う大きな現場での作業方法や施工体制など青木工務店にも良い経験となります。


by yamato-aoki | 2017-05-13 07:08 | 現場 | Comments(0)
2017年 05月 12日

世田谷区N邸地鎮祭&ご契約

f0070542_16391583.jpg


9日(火)は世田谷区N邸の地鎮祭とご契約の締結を致しました。N様のご依頼で地鎮祭を執り行った神社さんは松陰神社さんでした。松陰神社さんは以前、青木工務店で神楽殿の工事をさせていただいておりますので嬉しい偶然です。
設計監理は、いまや業界のベストセラー本の著者となっているi+i設計事務所の飯塚さんです。
木材がよく見える準耐火構造の住まいとなります。もちろん、先日JBN防耐火委員会で取得しました大臣認定仕様となります!
現場担当は斉藤、担当棟梁は村木大工を予定しております。
N様おめでとうございます。また、お昼も皆でご馳走になりありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


by yamato-aoki | 2017-05-12 07:03 | 現場 | Comments(0)
2017年 04月 22日

祝!大田区D邸上棟!

f0070542_17321960.jpg

昨日は大田区D邸の上棟でした。
平成28年度の地域型住宅グリーン化事業、地域材利用の長期優良住宅です!
NHKなどの特番で、最近何かと話題になっているのが耐震性で重要視されている直下率というものです。耐力壁の上限一致を指しますが、D邸でももちろん意識して、更に重心と剛心のバランスも気をつけて耐震設計を行いました。
また、1階がオール土間なので基礎の立ち上がりが少なめですが、地中梁でガッチリと固めて耐震等級3としています。
f0070542_17371687.jpg

勾配天井とする場合、2階の水平剛性が不足がちなのですが、垂木間の転びどめと専用ビスなどで確保しています。
f0070542_19431678.jpg

f0070542_19431762.jpg

手作りのお料理を皆で美味しくご馳走になりました。御準備も大変だったと思います。ありがとうございました!
D様の笑顔がこの住まいの期待を物語ります。この先も安全第一でしっかりと作り上げます!
現場担当は山田、担当棟梁は新井大工です。D様、引き続きよろしくお願いします。

by yamato-aoki | 2017-04-22 07:25 | 現場 | Comments(0)
2017年 04月 19日

戸塚区T邸お引渡し

昨日は戸塚区T邸のお引渡しでした。
お引渡し日が変更となってしまっていたので私は出張と重なり立ち合いができませんでしたが、皆で頑張って仕上げました。
週末には再度私もご訪問したいと思います。
T様、おめでとうございます!今後ともどうぞよろしくお願いします!


by yamato-aoki | 2017-04-19 07:15 | 現場 | Comments(0)
2017年 04月 18日

大田区F邸御契約!

f0070542_20540347.jpg

昨日は大田区F邸のご契約でした。長く住み慣れた住まいを安心の長期優良住宅で地域材をしっかりと使用して建て替えます。そして先の利用も考えてJTI移住住み替え支援機構のマイホーム借り上げ制度も対応する予定です。新しい家で実現したしたかったあれこれが沢山詰まった住まいになります!F様引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

by yamato-aoki | 2017-04-18 07:52 | 現場 | Comments(0)
2017年 04月 01日

祝!大和市T邸上棟!

f0070542_20344666.jpg


木曜日は青空の下、大和市T邸が無事に上棟しました!
朝からの作業で順調に進み、夕方には垂木までしっかりと施工が終わっておりました。重機が途中から使えなかったので、最後は手起こし作業となりました。皆さんお疲れ様でした!
f0070542_20344730.jpg


T邸は新しい青木工務店のベンチマークの仕様となっております。UA値もHEAT21 G2レベル(それを付加断熱など耐久性に不安がある納まりとしないで実現していることがポイント)とこれまでと比べて断熱性能を強化しつつ、許容応力度計算で部材をチェックして耐震等級3をクリアしております。もちろん地域材利用の長期優良住宅です。
構造計算、温熱計算も昨年から準備していた新しいソフトを駆使して私が作成しています。この大きな吹き抜けがある中での耐震性確保には実は色々と工夫があるのです(笑)。
f0070542_20344866.jpg


Tさんは私たちの仲間の自宅です。いつもとはまた違って、嬉しいですね。みんなの顔もリラックスしています。棟梁は石倉大工です。今後も安全第一でしっかりと造り上げていきます!

by yamato-aoki | 2017-04-01 07:33 | 現場 | Comments(0)
2017年 03月 31日

祝!町田市K邸お引き渡し

f0070542_09175825.jpg


昨日は町田市K邸のお引渡しでした。写真は先週土曜日に行われた見学会の時に撮影したものです。
設計監理はi+i設計事務所の飯塚さん。施工を青木工務店で行いました。担当棟梁は狩野大工です。
外壁には焼杉が使われております。
f0070542_09175852.jpg


北面ですが、道路を挟んで向かいに公園があり、そちらに向けても大きく解放されております。2階なので通行車両や通行人の目線が気にならないのです。
f0070542_09175903.jpg


南面も大きく解放されております。迫っている近隣の住宅を感じさせないのはさすがです。
バルコニーレベルと揃えた床収納は座るにも良い高さです。ロフト階までの階段と空間が一体となっております。
f0070542_09175969.jpg


窓からパノラマのように広がった借景です。もうすぐ桜も咲くので最高の花見景色になりますね。上棟したころはイチョウの木が見事な紅葉を見せていたので四季折々の変化を自宅で感じて生活が出来そうです。
f0070542_09180088.jpg


キッチンからの眺めも最高ですね!
K様のご友人で、ご紹介いただいたS様ご夫妻も見学会でお見えになりました。嬉しい繋がりに感謝です。
K様、この度は誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

by yamato-aoki | 2017-03-31 07:27 | 現場 | Comments(0)
2017年 03月 29日

祝!品川区N邸お引き渡し

f0070542_09163104.jpg


先週土曜日は品川区N邸のお引渡しでした。長い期間、近隣の皆様ご協力ありがとうございました。
N邸は都内の住宅密集地らしい、間口寸法が狭く奥行のある敷地となっております。
また敷地は道路から緩やかに傾斜があり、その後ろには建築確認等が不明の擁壁が控えています。
f0070542_09163275.jpg


敷地の形状に素直に、一階は廊下にも階段を設けて敷地のGL高さから基礎は一定以上確保できるようにしています。そして安全の為に擁壁側には基礎の立ち上げを大きくして万が一の対策をとるとともに、断熱の弱点とならないようにしっかりと断熱材も施工しました。ホールの天井高さが高く、変化のある廊下になりました。
f0070542_09163337.jpg


外観から目立っていた腰壁は、バルコニーの腰壁です。
プライバシー性の高い中間領域としてのバルコニー利用となります。お引越し後にはプランターなどで緑化すると見違えるように豊かな場所となりますね。
f0070542_09163359.jpg


壁・天井もすっきりとした白基調なので、奥行きのある敷地でも日中は照明電気なしで十分に明るさが確保できております。
キッチンや造作家具等の位置などN様のこだわりがちりばめられております。
f0070542_09163423.jpg


ご夫妻でお料理をされるので、広さとレイアウトが造作キッチンにしっかりと反映されました。
基本設計はいつもお世話になっているi+i設計事務所、実施設計から施工管理まで青木工務店が行ったコラボプロジェクトです。
敷地の購入から、地中埋設物の件、地盤改良工事などなど様々な課題を一つ一つクリアしてようやく竣工となりました。N様の想いを思い返すと、私も感慨深い気持ちです。幸せな新居の生活でのお声が私も楽しみです。N様、おめでとうございます!今後ともよろしくお願いいたします!

by yamato-aoki | 2017-03-29 07:15 | 現場 | Comments(0)