大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:現場( 440 )


2018年 01月 19日

緑区K邸地鎮祭

f0070542_10433565.jpg

昨日は緑区K邸の地鎮祭を執り行いました。設計はK様自ら行なっており、青木工務店は施工に専念していきます。
f0070542_10440515.jpg

f0070542_10441276.jpg
敷地は高台の開けたロケーションで、冬至でも朝から日差しが降り注ぎます。晴れた日ならば冬でも日中はポカポカに暖かくなりそうです。
いよいよ着工となります。K様、引き続き宜しくお願いします!


by yamato-aoki | 2018-01-19 07:02 | 現場 | Comments(0)
2018年 01月 14日

町田市H邸設計契約

f0070542_17582140.jpg
仕事始めから社内外と動き回っていて、気付けばブログの更新もラジオだけになってしまっていました、、、汗。
昨日は町田市H邸の設計契約を取り交わさせていただきました。OB施主のN様と二世帯住宅となるH邸。打ち合わせをしながら、新しい住まいのイメージがどんどんと膨らんできて私も楽しい打合せをさせていただいております。
地域型住宅グリーン化事業の地域材利用長期優良住宅の予定です。さて、これから構造図なども進めて実施設計の準備を進めてきます。





by yamato-aoki | 2018-01-14 07:58 | 現場 | Comments(0)
2017年 12月 12日

三崎町小網代S邸敷地確認

f0070542_08045219.jpg
日曜日は午後から三浦半島へ。三崎町小網代で計画中のS邸の敷地を確認しました。三崎といえば、ラジオの相方である石上さんの故郷。神奈川県内でもこのエリアはまた独特な気質に感じます。
敷地は相模湾を介して富士山がしっかりと見える好立地です。2階からの眺めはまた別格に良くなりそうです。
断層や過去の航空地図からの土地履歴などなど基本的な情報は事前に確認してまいりましたが、敷地を見ながらまた色々と気付くことも多くあります。もちろん、SUNSEEKERで太陽の季節ごとの軌跡も確認しました。
この後S様ご夫妻との打ち合わせ。考えや思いを真っすぐにお伝えいただいたので私たちもイメージが沸きます。素敵な家に仕上げてまいりたいと思います!


by yamato-aoki | 2017-12-12 07:04 | 現場 | Comments(0)
2017年 11月 25日

世田谷区三宿N邸お引き渡し!


f0070542_14424443.jpg
本日は世田谷区三宿N邸のお引き渡しです。三宿を歩いていると、ところどころにステキな住宅が見られますが、またこのように板張り外壁が目を惹くステキな住宅が完成しました。
f0070542_14425264.jpg
都内の新防火エリアなので、木造2階建でも準耐火構造が必要のなります。早速JBNで新たに取得した板張り準耐火構造の大臣認定仕様で作りました!言われなければわからないほど自然な事が実は頑張ったところなのです!
f0070542_14425848.jpg
外構、植栽工事も終わって素敵なお庭になりました。この佇まいになると、家という感じが増してきます。
f0070542_14430249.jpg
光と陰、籠りと抜け。住まい手の様々な居場所が存在する作りとなっています。設計監理はi+i設計事務所、現場担当者は齋藤、担当棟梁は村木大工です。
N様、完成おめでとうございます!今日、私はあいにく県協会の森林見学バスツアーの主催者としてお引き渡しには立ち会う事ができませんでした。申し訳ございませんでした。N様今後もメンテナンスや定期点検などでもよろしくお願いします!


by yamato-aoki | 2017-11-25 07:13 | 現場 | Comments(0)
2017年 10月 27日

祝!大田区F邸お引き渡し!

f0070542_10120661.jpg
水曜日は大田区F邸のお引渡しでした。
竣工を迎えるにあたって雨模様が続き、外の工事が残ってしまいましたので内観のみのお写真です。
F邸は内外に国産材を中心とした木材をふんだんに使用した長期優良住宅です。またF様がこれまで温めてきたアイディアが家の中にちりばめられております。こちらはパソコン用に引き出せる台です。左側の収納扉の中にもしかけがあります。

f0070542_10121267.jpg
吊押し入れですが、奥にはコンセントが。お掃除ロボットの待機場所としてこの収納の下が使われることになります。
f0070542_10121978.jpg
戸建て住宅だけの特典で、火気使用室(キッチンのガス調理機)の内装制限を特定不燃材の使用でクリアする手法を今回採用しました。
このようにガスコンロに近い一定距離の化粧梁の一部を石膏ボードで包みます。

f0070542_10122403.jpg
同じく窓枠も普通は木材ですが、石膏ボードでくるみ、窓台はタイルを張り不燃材にします。
f0070542_10122844.jpg
キッチンのカウンターにもタイルです。いつのならば木材ですね。
f0070542_10124743.jpg
こうすることで他の部分のLDKには思う存分木材を使用することができます。化粧梁、壁のアクセントの杉板など。木が見えるとホッとします。もちろん省令準耐火構造、耐震等級3(許容応力度計算)です!
F様、工事期間が延びてしまい申し訳ございませんでした。また近隣の皆様のご協力も誠にありがとうございました。
この先もより安心して暮らせる、暖かい家になりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



by yamato-aoki | 2017-10-27 07:10 | 現場 | Comments(0)
2017年 10月 20日

大田区F邸完成現場見学会開催!

f0070542_14243722.jpg
大田区で施工中のF邸の完成現場見学会をお客様のご協力で開催いたします。
平成29年10月21日(土)10:00から16:00まで

F邸は地域材利用の長期優良住宅です。F様がこれまで温めてきた住まいのアイディアなどが随所にちりばめられております。
コンパクトながらも住まいやすく、使い勝手の良いプランになりました。
f0070542_14253491.jpg
防火規制や省令準耐火構造、室内のキッチン(火気使用室)内装制限を巧みにクリアするなど工夫を凝らしながら、青木工務店らしい良質な木材にあふれる住まいとなっております。詳細な場所はお問い合わせの方にご案内いたします。ご来場お待ちしております!



by yamato-aoki | 2017-10-20 07:24 | 現場 | Comments(0)
2017年 10月 17日

大和市T邸見学会&お引渡し

f0070542_17083273.jpg
土曜日は大和市T邸の完成現場見学会を行いました。
お客様が青木工務店と取引の長い、塗装工事会社の社長なので普段とはまた違った雰囲気の建物になりました。


f0070542_17093376.jpg
見学会には多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。
嬉しいお言葉もいただけたので、私たちも自信を持つことができます。また、工事中に色々とご迷惑をお掛けしたり、またご協力をいただいたご近所の皆様にまたご挨拶ができたことも良かったです。
f0070542_17093849.jpg
玄関正面にカリン材のパネルウォール。とても目立ちます。青木工務店で眠っていた在庫品です。
奥に見える腰壁材はレッドシダー材です。
f0070542_17094493.jpg
床のフローリングはビルマチーク材です。これも在庫をして大切にしていたものです。植林のチーク材とはまた違った深みのある色と木目はチークの中のチークです。この在庫はこれでお終い!!※まだ他のビルマチークの床は在庫であります笑
20年ほど前に良く使用していたチークやカリン、レッドシダーなどばかりなのでちょっとノスタルジックな趣です。
プランも将来の車いす対応を想定した設計で、水廻りやトイレ、寝室対応などを考えました。

f0070542_17094906.jpg
玄関脇には最近なにかと引き合いの多い宅配ボックスも設置されました。
今回は初めてBELS認証を取得し、★★★★★の建物となっています。もちろん、地域材利用の長期優良住宅です。
T様に無事にお引き渡しとなりました。長らくお待たせいたしました!公私共々今後ともよろしくお願いします!


by yamato-aoki | 2017-10-17 07:07 | 現場 | Comments(0)
2017年 10月 13日

大和市T邸完成現場見学会!

f0070542_13093069.jpg
明日10月14日(土)10:00から16:00に大和市T邸の完成現場見学会が行われます。
T邸は地域材である神奈川県産木材を使用した長期優良住宅です。
BELS★★★★★の省エネ・断熱性能も高く、耐震等級3で耐震性も最高等級、そして火災保険料も大幅に割引となる省令準耐火構造となっております。
室内は世界の木材を使用!床材にはチーク材、壁材にはレッドシダー材、ドア枠などにはタモ材。
壁天井の仕上げはドライウォールというアメリカで多用される
塗装仕上げとなっております。
皆様のご来場をお待ちしております!


by yamato-aoki | 2017-10-13 07:09 | 現場 | Comments(0)
2017年 09月 30日

祝!瀬谷区U邸上棟‼︎


f0070542_21451136.jpg

夜はだいぶ涼しくなり、秋が深まっているのを感じます。秋晴れの爽やかな天気の下で、瀬谷区U邸が無事に上棟しました!
U邸は平成29年度地域型住宅グリーン化事業の青木工務店第1号となる、三世代同居の地域材利用の長期優良住宅となります。
広い敷地にも負けない存在感です。下屋が大きく廻っていますが、下屋がの小屋組が出来上がると更にどっしりとしたプロポーションになりますね。
お清めを済ませて、皆でお土産を沢山頂きました。U様おめでとうございます。またお心遣い、誠にありがとうございました!青木工務店らしい、木材の魅力あふれた丈夫で長持ちの住まいに仕上げて参ります。引き続き宜しくおねがいします!


by yamato-aoki | 2017-09-30 07:08 | 現場 | Comments(0)
2017年 09月 16日

緑区T邸耐震改修基礎補強

f0070542_14423921.jpg
緑区T邸耐震改修基礎補強工事は解体業者さんが手壊しによるスケルトン解体(構造躯体飲み残す解体)が終了し、基礎補強工事と外壁等の雨仕舞工事を進めております。
f0070542_14432170.jpg
在来工法で造られていた浴室は土台と柱の腐食が激しく全て撤去となりました。残った土台の小口の痛みが長年の年月を物語ります。幸いにシロアリの被害はなかったので良かったです。
ちなみにT邸の土台はもともと青森ヒバが使われておりました。青森ヒバは日本の木材では一番土台に適した材料といえます。それでも常時湿潤となってしまう環境ではダメなのです。

f0070542_14433482.jpg
今回初めて採用したのが炭素繊維による基礎補強です。ジャパンホームショーで見てから採用したいと思っておりました。鉄筋の入っていない基礎に、鉄筋代わりに引っ張り力を負担することになります。抱かせ基礎と違って出っ張りが少ないことも色々と都合がよいです。炭素繊維は高速道路の橋脚の補強などでも多くの実績があり、炭素繊維自体も対候性が高く安定しており、また炭素繊維の品質は日本が一番進んでいるので安心して採用しています。もちろん、国の外郭団体である建築防災協会の認定工法です。
f0070542_14434269.jpg
新たに追加した耐力壁の下にがっちりと基礎補強をしております。これで地震力を確実に地面に伝えてくれます。基礎のクラックはエポキシ樹脂の充填で挙動の遊び代を無くします。それ以上に大きなクラックは抱かせ基礎で補強を行います。
生まれ変わるT邸が楽しみです。



by yamato-aoki | 2017-09-16 07:41 | 現場 | Comments(0)