大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 02日

プールの事故で思うこと

 埼玉のプールでの死亡事故は、夏休みに入った子供たちにも大きな衝撃が走っている。事故の報道の中にも事後原因に多くの指摘があるが、この仕事のなかでも見直さなければならないことが多い。
 私も流れるプールには何度も入っているが、水圧で漂うように身を任せる感じは何ともいえず気持ちが良く、また逆走すると重い不可が掛かり運動に良さそうだと勝手に思っていた。排水口にも潜りながら何度も格子に手をかけて吸い寄せられる感覚を楽しんでいた記憶がある。子供は変わった所に興味を示すものだ。
 一方格子が外れたことを別の子供に指摘された監視員は、責任者に連絡をするなどして指示を待つ。どうして良いのかわからない監視員が3人集まった中での事故だった。冷静に考えれば、どうして機械を止めなかったのか、全員をプールから上げさせなかったのか、監視員がプールの中に入り格子の前に自ら立って安全が確保できるまで監視できなかったのか。とっさの出来事には応急対処の判断が重要であると思う。それはマニュアルや訓練などではなく、反射的な行動でとれなければ、実際の出来事には対応できない。
 以前の記事にも書いたことがあるが、川が流れていてどちらが川上で川下なのか、ダムの放流など治水の仕組み、町を歩いていてどちらが北でどちらが南なのか、家に帰って変わった様子があるかなど当たり前のことが無頓着である。戦後の政策で平和ボケをしてしまっているのか。
 管理会社の実態も反省点が多い。予想は出来るが。事故が起きて無くなったお子様、遺族にはただ御冥福を祈るばかりだが、せめて同じような事故が起きないようにどれだけのことを考えられるか、対応していくかがせめてもの教訓である。現場で事故が起きたとき、携帯電話で連絡が来るだろうが、繋がるまでのタイムラグ、頭が切り替わり状況を伝え、受け取り、状況判断して指示するまでの時間はあるのだろうか。どの範囲まで現場担当ごとに権限を持たせるか。場を作って改めて話し合う必要がある。安全第一は関係者全員の願い。

by yamato-aoki | 2006-08-02 08:21 | Comments(0)


<< 刺激と尊敬      今日は涼しい >>