大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 02日

木板張り準耐火構造大臣認定取得!!

f0070542_21245214.jpg

連休に入る直前ですが、ようやく大臣認定がおりました!
私がJBNの防耐火委員会の委員長としての活動の成果です。嬉しいです!
板張りでの外壁や間仕切り壁の45分、60分の準耐火構造となっております。特徴は、特殊な素材や材料を使っていないこと。薬剤など特殊処理をせずに材料の品質と張り方、施工方法で石膏ボードを除いて全て木質系の材料で構成されます。
板が燃え残っていても剥がれ落ちてはダメなので、しっかりと釘で止め付ける必要があります。
木は燃えるから火に弱いと言われ続けておりますが、様々な検証でしっかりと耐火性能があることが立証されているのです。青木工務店でも早速色々な現場に使われます!
建物の外壁に安全な形で木板がまた使われるようになって、街並みが変わっていけば嬉しいですね。


by yamato-aoki | 2017-05-02 07:15 | 自然素材 | Comments(0)


<< タカラスタンダード厚木ショール...      住まいのコンシェルジュ 第641回目 >>