2017年 03月 24日

鶴岡市の木造建築視察①

f0070542_17170453.jpg

前日は深夜までの仕事で眠い目を擦りながら羽田へ。飛行機で山形県鶴岡市にきました。全木協のパートナー、全建総連さんのお誘いで地元の田川建労さんのアテンドで木造建築視察にきました。
先ずは地元の木材の生産を支え続けている、製材所・材木屋の大和さんへ。
f0070542_17170531.jpg

バンドソー2機がフル回転で製材を進めていました。共同組合では乾燥施設もあるので高品質な山形県産木材を生産する体制ができていました。
f0070542_17170544.jpg

地域事情を説明してくださった大和さんの栗本社長です。右手に座っているのは先代の栗本会長。地域で代々大工工務店と連携しながら、栗本社長は新たな取り組みを色々と試行錯誤しながらなされているお話も聴けました。
f0070542_17170668.jpg

こちらは3年前に竣工した朝日中学校です。地元材を葉枯らし乾燥をして、大工の墨付け手刻みで在来工法で作られました。
f0070542_17170676.jpg

エントランス、昇降口の吹き抜けはシンボリックな格子組の壁や通し貫で組まれた小屋組が木の香りと共に出迎えてくれました。
f0070542_17170774.jpg

こちらは教室です。こんな校舎で学びたいですね。うちの子供にも通わせてあげたい!
f0070542_17170875.jpg

廊下は吹き抜けていて、立体トラスが屋根面を支えておりました。
f0070542_00131930.jpg

暖房は木質ペレットでボイラーを動かし、比較的低温で循環させた複射式ラジエーターでした。外気温が低いので、室内の適温にすると空気は過乾燥となってしまいます。その分だけ木材の割れも大きくなってしまいますが、鶴岡市は市長や副市長をはじめ木材の性質の理解があり、また市の職員さんも木材の造詣が深い技術者が多くいらっしゃるので大きなクレームとならないそうです。木は製材のままが歩留まりも良いことは言うまでもありません。
f0070542_17170985.jpg

体育館の屋根だけはシェルターさんの大断面集成材をつかった工法でした。


by yamato-aoki | 2017-03-24 07:15 | 業界活動 | Comments(2)
Commented by ame-no-michi at 2017-03-27 11:48
非住宅建築でも木造が増えてきているようですね。
朝日中学校、玄関先にユキノキをご採用いただきました。
Commented by yamato-aoki at 2017-03-28 23:15
それは気付きませんでした!
鶴岡市内でも雪の多いエリアですので効果発揮ですね◎


<< 鶴岡市の木造建築視察②      住まいのコンシェルジュ 第630回目 >>