大和にある青木工務店社長の日記

teak.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 25日

YKK-AP品川

本日は社内の大半のメンバーでYKK-AP品川ショールームにて勉強会を行いました。3年ぶりのこの勉強会は、その間に出てきた商品知識補完が主な目的となります。
f0070542_0411433.jpg

先ずは新商品などの説明です。
f0070542_0414287.jpg

皆さん、真剣な顔で聞いております。
f0070542_0422346.jpg

実際の見学。見た目の良さだけではなく、メンテナンス性、サポート体制などもヒアリングします。
f0070542_0425341.jpg

住宅サッシは一般サッシよりも環境性能は進んでおります。性能比と価格比が色々と展示しておりました。
f0070542_043343.jpg

青木工務店の標準仕様がハイスペックであることがわかりますね。
f0070542_0446100.jpg

同じLow-Eペアガラスでも金属膜の色によって性能が変わります。
f0070542_0444944.jpg

同じ並びで内側からガラスを見たところです。外ではブルー色がブロンズ色に、逆に外ではブロンズ色に見えたものがブルーに見えます。不思議ですね。
f0070542_0451587.jpg

音、熱、結露などわかりやすい展示です。
f0070542_0454224.jpg

こちらはAPW330という樹脂サッシです。従来のサッシはメーカーが部材を作成し、サッシ屋さんがガラスを組み込み組み立てて現場に搬入しておりました。新しい動きとしてメーカーが完成サッシを直接現場搬入をします。それにより、ガラスとサッシを合わせた性能を明示できるようになり、サッシのトレーサビリティーも明確になります。
f0070542_046424.jpg

こちらはAPW310 という樹脂アルミ複合サッシです。防火対応となるためこちらがメインになりそうです。見え掛かりのサイズが微妙に違います。
f0070542_0463124.jpg

引違窓はオリジナルの取っ手でクレセントがなくなっております。
f0070542_047955.jpg

内側の見え掛かりも違います。こちらはAPW310
f0070542_047338.jpg

こちらはAPW330。どちらが好みでしょうか。
f0070542_0475949.jpg

バラエティー窓用の手動シャッターです。利用方法がいろいろと考えられそうです。
f0070542_0482438.jpg

上の操作部分の見せ方はまだ課題が残ります。
f0070542_0485038.jpg

廉価版の高所用電動窓。左下の箱がリモコン受信部と100vコンセントです。
f0070542_0491529.jpg

一般的な手動オペレーターは鎖が邪魔になったりしますね。
より住まいやすい家を提案できるように、日々勉強です。YKKのみなさん、お世話になりました。

by yamato-aoki | 2011-02-25 16:30 | 講習会 | Comments(0)


<< ミニセミナー「マイホーム借り上...      国産材を使いこなすための木造と... >>